いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<産後の嫁姑問題>里帰り出産が叶わず。義実家でお世話になることに!【第3話まんが:嫁の気持ち】

前回からの続き。今から1年半ほど前のことです。私ははじめての妊娠で不安ななかにいました。
私(カナコ):「うん……。そうなの。こっちで産むことにした。いろいろ心配かけてごめんね。また落ち着いたら会いに行くね」
そう言って私は電話を切りました。相手は遠方に住む実母です。今回、ギリギリまで里帰り出産をするかどうか迷っていましたが、実家には高齢の祖母が同居しているため、感染症を恐れ、なくなく断念しました。
【完成版】437イマドキのお嫁さんってこんななの?息子が可哀相で仕方ありません③01

【完成版】437イマドキのお嫁さんってこんななの?息子が可哀相で仕方ありません③02
お義母さんとの仲は良好です。適度な距離を保ってくれるし、つかず離れずの関係でいままでやってくれていました。一カ月も義実家にいるのか……。いろいろ気を使いそうだけれど、産後ほとんど夫がいない状況でひとりでいるよりは、義実家にいた方が精神的にも楽かもしれない。そう思った私はセイジの申し出を承諾しました。お義母さんも「産後の肥立ちって言うものね。こちらは大丈夫よ」と優しくほほ笑んでくれました。

まんが-1
義母:「自分の家だと思ってくつろいでね。私はいまどきの育児についてはあまり知識がないのよ。昔の経験からあれこれ口を出してしまってもカナコさんもいい気はしないと思うから、身の回りのことは私に任せて、カナコさんは育児にだけ専念してね。でもなにかあれば遠慮なく言ってね」
カナコ:「ありがとうございます」
義母の言葉はありがたかったです。
義父:「お~ちっちゃくて可愛いな~。セイジの赤ちゃんのころにそっくりだ」
義母:「ね。寝顔なんかそっくり。でも全体的に整った顔立ちはカナコさんに似ているわね」
セイジ:「あ~カワイイな~。カナコ、頑張ってくれてありがとうな」
義実家では息子が誕生したことで、みんなとても喜んでいます。嬉しそうな義両親の顔を見ていると、私も幸せな気持ちになり、これからの一カ月の生活も頑張ろう! と思えたのでした。

【第4話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Ponkoの記事一覧

関連記事

<産後の嫁姑問題>思い通りにいかない育児。疲れはて、追いつめられ……【第4話まんが:嫁の気持ち】
前回からの続き。今から1年ほど前のことです。出産と育児が控えていた私。ギリギリまで里帰り出産をするかどうか迷っていましたが、実家の事情も踏まえ、なくなく断念しました。代わりに産後は近所の義実家でお世話...
<産後の嫁姑問題>同居でサポートしてるのに!夜泣き対応で息子寝不足【第1話まんが:義母の気持ち】
今から1年ほど前のことです。私は60代の主婦。いまは定年退職をした夫と2人で年金暮らしです。長男のセイジは3年前に結婚をし、近所に新居を建てて暮らしています。お嫁さんのカナコさんはとても気さくで優しい...
<はじめての育児>疲れた妻に休んでもらう「いい夫」のはずが……!追い詰められたパパは恥を捨てた
子どもが生まれてから、ちょっとしたことで妻と衝突するようになった。親となって2か月あまり。あの穏やかで優しい妻が怒りっぽくなっているとは、よほどのことだ。やはり慣れない育児に疲れてしまったのだろうか。...