いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<毒親日記>兄ばかりを贔屓して私はないがしろにされる。「でも……母に愛されたい」【第1話まんが】

私(さゆり)には3つ年上の兄がいます。幼い頃から兄はなんでも他の人より「できる」人でした。そして母はそんな兄のことを誇りに思っていたのです。母の、兄と私に対する態度の差は、それはそれは酷いものでした……。
【完成版】465兄ばっかり贔屓していた母が憎いのに、離れられない……①01
【完成版】465兄ばっかり贔屓していた母が憎いのに、離れられない……①02
兄が「唐揚げが食べたい」と言えば食卓に唐揚げが大量に並びます。
私が「ハンバーグが食べたい」と言えば、母は「肉が食べたいなんて生意気言ってないで、さっさと洗濯物でも畳みなさい」と言われます。
兄が「友達と遊んでくる」と言えば、おやつをたんまり持たせて見送ります。私が「友達と遊びに行ってくるね」と言うと「遊んでいる暇があったら、家の手伝いでもしたらどうなの?」と言われてしまいます。
母にとって兄が全て。私はいつもないがしろにされてきました。そんな理不尽な子ども時代を経て、私は早々に自立をしました。結婚をし、現在は実家から車で15分ほどの場所に住んでいます。とはいっても、実家に帰るのはお盆とお正月くらいです。
【完成版】465兄ばっかり贔屓していた母が憎いのに、離れられない……①03
そして母の寵愛を一身に受けて育った自慢の兄は、25歳から現在まで、実家にひきこもっています。いい年をしてもなお、母からお小遣いを貰い、実家で悠々自適な生活を送る兄。母は兄を養うためにパートに行っているのです。父はそんな母と兄を心配しながら、3年前に他界しました。
(母と兄のことは知ったことではない。私には関係ない。だって母はずっと兄を贔屓し続けていたんだから……)私は自分自身にそう言い聞かせるのでした。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Ponkoの記事一覧

関連記事

<毒親日記>私は都合のいい存在。利用されるだけなのに「まだ愛されたい」続く悩み【第2話まんが】
前回からの続き。 私(さゆり)は結婚しており子どもがいます。私の母は……いわゆる毒親で常に兄を贔屓し、私をぞんざいに扱ってきました。そして母の寵愛を一身に受けて育った自慢の兄は、現在仕事をしておらず...
<育児を丸投げママ>義姉が家にくる週末がツラい「いい母親になれるよ」モヤモヤする【第1話まんが】
私は大久保サナエ、24歳です。夫とは2年前に結婚をし、義実家で同居をしています。日中は仕事をして、夕方に帰宅。義母と一緒に料理をしたり、夫や義両親と食事をとったり……、義両親との関係は良好でした。そう...
「子に会いに来ないで」産後サポートをしていた義母ショック。嫁の本心は【前編:義母の気持ち】まんが
近距離に住んでいる息子のお嫁さんが、先日赤ちゃんを出産しました。赤ちゃんはとっても可愛くて可愛くて本当に目に入れても痛くないほど。だけど今……。 「しばらく子どもに会いに来ないでほしい」 お嫁...