いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<お金がナイ!>部活強豪の私立高に憧れ!「ずっと補欠でも大丈夫?」【第4話まんが:娘の気持ち】

前回からの続き。私は中学3年生のハルカ。自分の進路に悩んでいます。ソフトボール部が有名な私立S女学院に進学したいのですが、お父さんに反対されているのです。理由が「おばあちゃんの高級老人ホーム入居にお金がかかるから」だそうです。お父さんはおばあちゃんが大事で、私のことはどうでもいいのかな? と悲しくなってしまいます。
4-1

私立S女学院には特待生制度があると聞いていました。特待認定にはランクAからランクDまであり、入学試験で高い点を取るほど免除される費用は多くなっていました。最上位のランクA特待生は入学金や授業料などが全額免除、ランクD特待生だと毎月の施設整備費のみが免除になるのだそうです。
4-2
さらにお母さんは、「お金のこととは別に、気になることがあるの」と話を続けました。

母「S女学院のソフトボール部、部員が多かったよね。いろんな中学から選手が集まってくるんでしょ?」
ハルカ「うん、そうだよ。ソフトボールのために県外から受験して寮に入る子もいるって」

4-3
母「ハルカだってS女学院で活躍できるかもしれない。ただ大変なのは間違いないから、覚悟は聞いておきたいの。ソフトボール部が強い学校は他にもあるんじゃないの? 今から志望校を絞らずに、まだ他の学校も調べてみたら?」
ハルカ「うん……」

私は学校説明会の日のことを思い出しました。ソフトボール部を見学している中学生のなかには、よその学校のエース級の子たちが何人もいました。お母さんの話を聞いて、志望校は部活だけじゃなくもっといろいろな面から考えることが必要だなと思ったのでした。

【第5話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・千永美 作画・うーにゃ 編集・井伊テレ子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

うーにゃの記事一覧ページ

関連記事

<お金がナイ!>覚悟が出来ず進路に悩む。思いがけない選択肢。道は複数【第5話まんが:娘の気持ち】
前回からの続き。私は中学3年生のハルカ。「ソフトボール部で有名な私立S女学院を受験したい」と親に言ったところ、「勉強を頑張って特待を取れたら行ってもいい」と許してもらえました。けれどお母さんには「強豪...
<お金がナイ!>義母の介護施設費用と娘の希望校の学費、両立は無理!優先すべきは?【第1話まんが】
わが家は夫と私、中学3年生の娘・ハルカ、そして義母の4人家族です。義母はぶっきらぼうな性格で言い方がきついときもあり、思春期のハルカとの関係はあまりよくありません。 同居から3年が経ち、義母...
<怖い女の正体>義弟の婚約者が豹変……「デキ婚のくせに」「結婚式に来るな」【第1話まんが】
これは5年くらい前のお話です。当時、私は2人の子を育てる29歳の専業主婦でした。旦那の弟が結婚することになり、両家の親族での顔合わせがありました。義弟は25歳で、婚約者のサキさんは37歳とのことでした...