いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

夫に「一緒にヴァージンロードを歩いて」と頼んできた従妹。「嫌です」と言っていい?【後編まんが】

前回からの続き。従妹のジュリさんが夫に「結婚式で父親役としてヴァージンロードを歩いてほしい」と言ってきたそうです。私たち夫婦は事情があってまだ結婚式を挙げていません。それなのに妻や娘と一緒に歩くよりも先に、親戚の女性とヴァージンロードを歩かれるなんて嫌です。私は素直な気持ちを打ち明けることにしました。
夫とヴァージンロードを歩きたいという従妹_004

夫とヴァージンロードを歩きたいという従妹_005

夫とヴァージンロードを歩きたいという従妹_006
その後ジュリさんが新郎と話し合い「それなら最初からふたりでヴァージンロードを歩いて入場しよう」と提案され、結局その方法で決まったそうです。
私も結婚式のプランを考えていると、幸せで気持ちがハイになってしまうことがあります。でも計画によっては予想外のところで誰かをモヤモヤさせる可能性があるんだなと痛感しました。今後、私たちが結婚式を挙げるときも多方面に気を配って、みなさんに気持ちよく参加してもらえるように進めていこうと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・きたがわなつみ 編集・井伊テレ子

【つぎ】の記事:<今日もイライラ>夫の仕事帰りを待つ……「何時に帰るよ」の連絡が欲しいだけなのに!【前編まんが】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<自立できない40代>独身の姉が「将来は私の面倒を見て!」義実家の信じられない提案【前編】まんが
旦那の実家には義両親と、40歳になる旦那の姉が住んでいます。ある日電話で急に「話がある」と連絡をもらい、週末に義実家へ帰省することになりました。 突然の提案に、私も旦那も頭がなか...
夫に「一緒にヴァージンロードを歩いて」と頼んできた従妹。モヤモヤする私は心が狭い?【前編まんが】
私は1歳半の娘をもつママです。結婚前に義父が亡くなるなどの事情があり、私たち夫婦はまだ結婚式を挙げることができていません。いずれ娘も一緒にささやかな式をするのが私の夢です。 そんなある日、夫の従...
<義母の嫌がらせ>「あなたは所詮他人だから」だんまりの旦那。なぜ?【前編:ダメパパ図鑑79人目】
「わが家のインターホンのなる音」と同時に、私は深いため息をつきます。 義母の買ってきた高級弁当に舌つづみをうつ3人。そしてそれを見つめるだけの私。そう、義母は毎回お弁当を買ってきてく...