いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ママの不在期間>「入院が必要。娘を預かって」嫌味なお義母さんに懇願した返事は……【後編まんが】

前回からの続き。命に関わる病気が見つかり手術することになりました。しかし私には6歳の娘がいます。何としてでも生きなくては……。私のことを嫌っている義母に協力をお願いするため、私は意を決して義実家へ向かいました。
3-1 (1)
いつも嫌みを言う義母を前に、私は体が震えるのを感じました。でもそんなことで躊躇している時間はありません。私はその場に手をつき、頭を下げました。
私「病気が見つかって手術をすることになりました! 私が入院している間、どうか助けて頂けませんか!?」
義母「……どうかしてるよ、まったく!」
もちろん普段からの義母の態度を考えると、私のお願いなど簡単に承諾してもらえるはずもありません。しかし次の瞬間、義母の口から予想もしていなかった言葉が飛び出したのです。

3-2 (1)

3-3 (1)
義母「本当に困った嫁だよ! 息子も大変なんだから早く元気になるようにね!」
退院後もあいかわらず私には辛辣な義母。でも嫌っているはずの私に助け舟を出してくれたことには感謝しかありません。

今回のことで私は自分の命を見つめ直すことができました。私が何よりも守りたいのは家族の笑顔。そのために「なんとしてでも生きる」という覚悟を決めることができました。何でも抱え込み過ぎないで、勇気を出して誰かを頼ることもとても大切なことなのだと身に沁みて感じました。
この先また、入院や手術が再び必要になる可能性もないわけではありません。でもこれからも大切な家族と生きていくために闘っていくつもりです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・子持ち鮎 作画・うーにゃ 編集・井伊テレ子

【つぎ】の記事:【子どもへの性差別:第1話】男の子が生まれ「跡継ぎだ!」喜ぶ義両親にモヤモヤ(女の子ママの事情)

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<夫婦の会話ゼロ生活>育児も家事も積極的。でも無視され続ける毎日「私がおかしいの」【前編まんが】
家事も子育ても積極的にやってくれる夫。人あたりがよく、私の友人や実母からは「理想の旦那さんだよね」と言われ評判も上々です。しかし私にとっての夫は…… 友人の話を聞いて、たしかに私は恵まれ...
<ママの不在期間>入院が必要だけど、幼い娘が1人になる……頼れる人がいない私は【前編まんが】
先日から体の調子が悪いので病院で検査をしてもらった結果、病気が見つかりました。 検査結果は思いのほか深刻で、数年以内には命に関わってくるような病気が判明しました。助かるためには難しい手術と治療が...
<義母の嫌がらせ>「あなたは所詮他人だから」だんまりの旦那。なぜ?【前編:ダメパパ図鑑79人目】
「わが家のインターホンのなる音」と同時に、私は深いため息をつきます。 義母の買ってきた高級弁当に舌つづみをうつ3人。そしてそれを見つめるだけの私。そう、義母は毎回お弁当を買ってきてく...