いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ママの手作りは必要?>幼稚園の劇発表会、子どもの衣装は手作りするべき?私の選択は【前編】まんが

年長の娘・ミクが、幼稚園の劇発表会で妖精役をすることになりました。毎年の慣例で衣装は親が用意することになっています。ただ必ずしも手作りである必要はなく、衣装を作ってくれる工房にオーダーする方法もありました。そして劇の準備が始まった保護者会の日……。
発表会の劇の衣装
娘のミクと同じ妖精役の子は5人いました。早速ママたち5人で集まって、衣装を手作りするかどうか検討しはじめたのですが……。

【前編2】発表会の劇の衣装
手作りは気が進まないというママが多数派で、その場では衣装を外注することで話がまとまりました。工房にオーダーする衣装のデザイン案を各自で考えておこうね、ということでその日は解散になったのです。しかしそのなかの1人、ハナちゃんのママだけはどうやら衣装を手作りしたかった様子でした。

【前編3】発表会の劇の衣装

中編へ続く。
脚本・千永美 作画・なかやまねこ 編集・井伊テレ子

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

<ママの手作りは必要?>幼稚園の劇発表会、子どもの衣装は手作りするべき?私の選択は【中編】
前回からの続き。年に一度の幼稚園の劇発表会。娘の衣装は、同じ妖精役の子のママたちと一緒に工房にオーダーすることになりました。裁縫が苦手な私は、手作りから逃れられてホッ。しかし同じ妖精役グループのハナち...
<金銭トラブル>「10万円貸して!」ママ友からお金の無心!断ると思いがけない報復が【前編】まんが
息子が通う園のママ友と、つい最近ひょんなことからトラブルに発展してしまいました。 フミカちゃんとは特別仲が良かったわけではありません。ところがある日、園で会ったときに挨拶をしたら突然呼びとめられ...
<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話】新連載まんが
私は5年ほど付き合った旦那と結婚をし、旦那の地元に新居を構えました。旦那はとても子煩悩で、家族のために懸命に仕事を頑張ってくれます。しかし私は旦那の地元で育児をすることに孤独を感じるようになってしまい...