いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――「本当に偶然だった?」【第9話まんが】

前回からの続き。数年前のお話です。旦那(ユウゴ)と昔交際していた事実を、ママ友であるメグちゃんに隠されていたことを知りました。私はメグちゃん親子とはじめて出会った公園で会って話をすることに……。
9-1

私はある懸念をぶつけます。
9-2

マサエ:「だって……どう考えても偶然過ぎると思うんだけど。全部そうだとしたら、すごい確率だよね?」
9-3
メグミ:「……本当よ! 本当に偶然だったの」
マサエ:「嘘。全部正直に言って!」
メグミ:「本当だよ。信じて貰えないかもしれないけれど……でも私がしてきたことは全部間違っていたよね。本当にごめんなさい」
メグミさんは深々と頭を下げました。
もう今後連絡をとることはないでしょう……。メグミさんがしたことは許せないけれど、私がこの街で孤独に押しつぶされそうだったとき、いつも側にいてくれたことはずっと忘れないと思います。

最終話【第10話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――さようならを決意【第10話まんが】
前回からの続き。数年前のお話です。私が大好きだったママ友のメグミさんは、旦那の元カノだったことを知りました。いままで起こったことは「すべて偶然」だとメグミさんは言うけれど、それが真実なのかは分からない...
<ママ友は旦那の元カノ>私だけ知らなかった、歪んだ関係――出会いと希望【第1話まんが】
10年くらい前のお話です。私は5年ほど付き合った旦那と結婚をし、旦那の地元に新居を構えました。旦那はとても子煩悩で、家族のために懸命に仕事を頑張ってくれています。しかし私は旦那の地元で育児をすることに...
<相続トラブル>ニートの兄に「すべての遺産を渡す」と言う母。私は権利を放棄すべき?【前編】まんが
私は40代後半で夫と子ども(大学生と高校生)4人で暮らしています。先日、実家で母と同居している兄から連絡がありました。 「かまわないけど、お兄ちゃんじゃダメなの?」 「俺は~……仕事もアレだし...