いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【前編:渡る育児は鬼きたる!?】男子3人育児!「複雑な母心!意外に優秀次男」編 #最強ママ

前回は「何ごとにもマイペース! な長男」と、「エネルギッシュ! だけどやっぱり甘えん坊の三男」を紹介しました。最後は三兄弟の「真ん中」である次男についてお話しします。次男は三兄弟のなかで一番しっかりしています。(上と下のことで日々バタバタしているから、よりそう感じるのかもしれません)
鬼ママ次男編前編1
「あぁ……もうこんな時期か……」 来週はキョウイチの二分の一成人式です。
恐らく三兄弟のなかで一番「要領がいい」次男キョウイチ。長男といるときは「弟」になり、三男といるときは「兄」になる。その時々で変わる自分の立場とうまく付き合いながら、要領が良くなっていったんだろうな……と、思います。
鬼ママ次男編前編2
長男のときははじめての子育てということもあり、たくさんの想い出が蘇ってきて号泣してしまったけど、次男のときはどうだろうなー……。上と下に比べれば、そんなに手がかからなかったしな~……泣くことはないだろうな! そんな風に思っていました。
背筋をピンと伸ばしながら入場していくキョウイチを見て「大きくなったな……」と思わず声が漏れます。ひとりひとり発表していく将来の夢を聞きながら、次男の昔の想い出が蘇ります。

鬼ママ次男編前編3

鬼ママ次男編前編4
キョウイチは本当に「手がかからなかった」のかな? 「手をかけてあげられなかった」だけじゃなかったかな。「しっかりしている」んじゃなくて、「しっかりせざるを得なかった」だけなんじゃないかな……。
2歳差の「男児3人育児」は毎日が戦争で「もっとこうしてあげればよかった」とあとになって思うことがたくさんある。毎日がいっぱいいっぱいで、自分の力量のなさを突き付けられることだっていっぱいある。
(ダメな母親だなって思うことだって……)思わず暗い気持ちになってしまっていると、キョウイチの順番がまわってきました。
キョウイチがマイクを持ち、そしてスピーチが始まります――。

後編へ続く。
脚本・渡辺多絵 作画・カヲルーン

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

カヲルーンの記事一覧ページ

関連記事

まんが【後編:渡る育児は鬼きたる!?】男子3人育児!「複雑な母心!意外に優秀次男」編 #最強ママ
前回からの続き。次男の二分の一成人式に出席をしたとき、その想い出に浸りながら思わず自分の育児生活を思い返して、切ない気持ちになってしまいました。すると――。 子育てに正解なんてないし、完...
【渡る育児は鬼きたる!?3話】男子3人育児!「テストは28点!大丈夫か?長男」編 #最強ママ
前回のお話しにもあった通り、私には3人の悪ガキ……じゃなくて、3人の息子がいます。 小学6年生の長男サンタと小学4年生の次男キョウイチ、小学2年生の三男ダイです。 そう、成績が完全...
【渡る育児は鬼きたる!?1話】平和主義だった私が鬼になる瞬間。男の子3人のドタバタ育児 #最強ママ
私は35歳の兼業主婦です。家事を担いながらも3児の子育てと仕事に追われる日々です。 一般家庭の父と母のもとに生まれ、何不自由なく大切に育てられてきました。人生のモットーは「平和」。世の中は目をそむけ...