いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

recipe

【前編】義母からもらったお米が8年前に精米されたものだった!どうする!?

163_義父母(父母)_マメ美

あるママからママスタコミュニティに投稿がありました。かなり困っていて、かつ怒っています。何があったのでしょうか。

『さっき義母から電話があり「お米いる? 10kgあげる。取りにきて」っていうから、ラッキーと思って片道6km以上自転車でもらいにいきました(メインの車は主人が通勤に使用、軽は長男が使用)。スーパーで売っている袋に入った10kg(5kg×2袋)渡されたから、何で食べないんだろう? って不思議に思いながらもお礼を言って持って帰ってきたら……スーパーの外袋から出して米袋を見てみたら、書いてあったのは平成25年産の文字! めっちゃ古米じゃん』

投稿があったのは2021年2月。なんと義母がくれたのは、8年も前の平成25年(2013年)に精米した精白米だったのです!

あまりの古さに怒り心頭!

『チャーハンにしたら、おいしく食べられるのかな? 白米のままだとおいしくないよね? 捨てるのは気が引けるし。こんなに古いお米初めて。頭真っ白』

投稿者さんは初めての事態に混乱気味です。

『ダイエット中だし、往復12kmいい運動になったけど。なんかムカついてイヤミのひとつでも義母に言ってやりたい』

確かに! 自転車で往復12kmも漕いでもらってきたのが、おいしく食べられるかどうかわからないお米10kgとは……。困惑と怒りで頭がいっぱいになるでしょう。

投稿者さんに起こった事態に、ママスタコミュニティのママたちからコメントが寄せられました。

古すぎる!それは食べられないのでは?

『そんな古いお米まずくて食べられないよ』

『怖い怖い。絶対いらない。タダでもいらない。何年前だよ? いくら米の消費が激しくても、そんなん食べさせられないよね』

『うちも以前、古米をもらったことがあったけど、まずすぎて毎回ご飯の時間に悲しい気持ちになった』

『お腹こわしそう』

『私も古いお米もらって、開けたらびっしり緑カビが発生していたことある。気をつけて!』

8年前のお米について、ママたちからは一様に「まずい」「食べられない」とのコメントが寄せられました。8年も前のお米ではないかもしれませんが、古米を食べたことがあるママからは「ご飯がまずくて悲しい気持ちになった」とまで……。少なくとも8年も前のお米で楽しい食卓を囲むのは難しそうです。

8年前のお米は、食べられるのか

「おいしく食べること」は可能?

まずは「8年前のお米はおいしく食べられるのか」を調べました。農林水産省によると、もみの状態でしっかり低温保管すれば10年間はもつといわれているそうです。しかし精米したお米をおいしく食べられる期限は、精米後1ヶ月程度とのこと。投稿者さんが義母からもらったお米は、すでに8年が経過しています。「おいしく食べられる」期限をとうに過ぎていますね。少なくとも「おいしくいただける米ではない」と言えるのではないでしょうか。

備蓄米制度を参考に「食べられるか」を検討すると……

さらに気になるのは「8年前のお米はそもそも食べられるのか」という問題です。

日本には「備蓄米制度」というものがあります。備蓄米制度ができたきっかけは、平成5年に天候不良などの原因によって米の収穫量が激減したことでした。あらゆるお店の店頭から国産米が消え、「平成の米騒動」などと騒がれたのを記憶している人もいるでしょう。政府はこの凶作をきっかけに平成7年に備蓄米制度を作り、原則として1年間に20万トンを備蓄に回しています。基本的には毎年20万トンずつ備蓄を重ねていき、5年が経過した備蓄米は家畜の飼料などに回される仕組みです。

備蓄米の保管条件は、温度が15℃以下、湿度が60%から65%。米のおいしさを保つと同時に、害虫やカビの繁殖を防ぐための条件です。この環境で保管されてこそ「食べられる」お米として国民に配布できるのでしょう。

義母のお米は8年前に精米されたものですから、政府の備蓄米の条件よりも古いものです。しかも義母が8年間ずっと温度や湿度を細かく管理して保管していてくれた、とは思えませんよね。

……残念ながら、投稿者さんが義母からいただいたお米は「食べられる」とは言い難いでしょう。

そんな状態のお米をくれた義母に連絡をするとき、どんな伝え方をすればいいのか、という問題もあります。今後また食べられないようなものをいただかないためにも、クギは刺しておきたいところ。ママたちのアドバイスを見てみましょう。

後編へ続く。

文・しのむ 編集・千永美 イラスト・マメ美

しのむの記事一覧ページ

関連記事

【後編】義母からもらったお米が8年前に精米されたものだった!どうする!?
投稿者さんが義母からもらったのは、なんと8年も前のお米10kg! 悲しいことですが8年前に精米されたお米は食べられる状態ではなさそうです。義母には今後も同じことがないよう「食べられなかった」と...
いつも米ばかりくれる義母。消費しきれなくて困るママの本心は……
食べ盛りの子どもがいる家庭なら、いくらあっても困らないであろう「米」。ところが多すぎる米を持て余しているママもいるようです。 『米ばっかりくれる義母。もうすでに10kgが2袋あって、今日もくれる...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
義母から古米