いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第1話】夫「食費は2週間で8,000円に収めろ!」と無茶ぶり。もう我慢ができません

私は2歳の女の子のママです。夫はひと回り年上で、仕事も遊びもバリバリ。引っ込み思案な私をぐいぐい引っ張っていってくれるようなタイプです。その強気なところが男らしく見え、尊敬して結婚しました。しかし結婚後はその性格が、次第に裏目に出るように……。
1 (1)15日に夫から渡されたのは8,000円。それで月末までの家計を賄えというのです。

コミック_002 (11)
わが家は3人家族だし、お米やパン、肉や魚、野菜、それから乳製品など、一品一品の値段を見れば、8,000円で1週間持たせたら、かなり頑張った方だと思います。でも夫の怒りは収まりません。貯金を切り崩せばいいじゃないか、というご意見があるかもしれませんが、わが家の家計は全て夫が握っていて、貯金がいくらあるのかもわかりません。私が自由にできるのは、夫からそのつど渡される食費だけ。
実家も頼れない状況です。(頼ることができないのには事情があり……)

コミック_003 (11)
義実家も頼ることができません。「俺に恥をかかせるな」と夫にまた怒られることが目に見えているからです。 私が日雇いの仕事でもすればいいのかもしれませんが、実は私は独身時代にブラック企業できついパワハラを受け、うつ病になってしまった過去があります。それ以来、外で働くことがどうしても怖いのです。働くとなると娘の預け先も考えなければならないし、この家計の状態では無理……。 どこかにお金がないものかと家の中を手あたり次第探していたら、夫名義の通帳が引き出しの中に。
開いてみると……。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・よしはな 編集・Natsu

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

【第2話】夫「食費は2週間で8,000円に収めろ!」と無茶ぶり。夫の通帳に謎の引き落としが……
偶然、夫の通帳を見つけてしまった私。そこには給料の倍額もの、謎の引き落としの記載がありました。 夫は不機嫌そうな足音を立てながら、家を出ていってしまいました。(夫は私が1週間で8,000円を使い...
<経済的な束縛>娘の夫がとんでもないケチだった……もしかしてモラハラ?【第1話:生活費2万円】
娘から妊娠したと報告がありました。地元に帰って産むのか尋ねてみたら、なぜだか煮え切らぬ返事。そのうちに出産予定日が近づいてきたので、あらためて里帰りしなくて大丈夫なのか聞くと「お母さんがこっちに来て欲...
<お金にルーズな義妹>「2万円貸して」「お財布忘れた」わが家をアテにしないで!【前編】まんが
夫には3人の妹がいます。うち2人とは関係もよく仲良くお付き合いをしているのですが、3番目の妹Aがお金にルーズな性格で困っているんです。 家族と外食に行くと、必ずと言っていいほど「お財布を忘れた」...