いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

うちの子は負けず劣らない!お子さんの「ほっこりエピソード」聞かせてください!

037_子ども_あい.

幼児期のお子さんのかわいらしい行動や発言は、きっとどこのご家庭にとっても素敵な思い出として記憶されていることでしょう。ママスタコミュニティにもかわいらしいお子さんの言動についての投稿がありました。

『2歳2ヶ月の子どもがひょうきんで、毎日笑わせてくれます。最近は親に嘘をついたり、親を騙して驚かせて喜んだりしてます。2歳の誕生日に「2歳になったんだよ」と教えたので、何歳? と聞くと「2歳」と答えていたのに、最近はニヤニヤしながら「5歳」と答えます。家族以外の人に聞かれたときは「2歳」と答えるので、わざと嘘をついて親の反応を見て喜んでいるようです。
皆さんのお子さんのユニークなエピソードがあれば教えて下さい!』

コメント欄には、投稿者さんのお子さんに負けず劣らずの楽しいエピソードが続きました。

破壊力抜群の2歳児

もっとも多く寄せられたのが「2歳児」の言動です。この歳頃のお子さんの面白さ、その破壊力は抜群です。

『2歳の男の子。滑舌悪いのに「いらっしゃいませ」だけハッキリ言えて、いつもスーパーのレジで店員さんより先に「はい! いらっしゃいませー! はい! しゃせぇ~!!」って言う。可愛いけど恥ずかしいわ』

『3兄弟の2歳末っ子、上の兄2人が私に怒られてる側で「はい……はい………ごめんたーい」って、兄の代わりに返事して謝ってた(笑)。兄2人は必死に笑い堪えてる』

『何回も何回もお茶をこぼす2歳の息子。さすがに腹が立ってきつめに叱ったら、息子ずっと白目むいてる。怒りも吹き飛んで、思わず吹き出しちゃった』

『2歳半の娘。児童ホームから帰りたくなかったらしく、玄関で「せんせえ、たすけて! ゆーかいされるの!」と騒いだ。どこで覚えたんだろう……』

『懸賞で当たった蟹を冷凍庫に入れたはずなのに見当たらなくて、探し回ったら、娘が「ねんね、ねんね」と言いながら、一緒に布団で寝ようとしてた』

『ドタって音が聞こえて転んだなって思ったけど、泣き声がしないから放っておいた。でもその後も動く気配がないから大急ぎで見に行ったら、ズボンの片方に両足突っ込んでもがいてた』

兄の代わりに「ごめんたーい」と謝るお子さんに、お店の人に「しゃせぇ~」と威勢よく掛け声をかけるお子さん、先生に「ゆーかいされる」と訴えるお子さんと、思わず吹き出してしまうようなエピソードが続々と登場しました。
子どもを叱ったはずなのに、予想外の反応がかえってきて思わず笑ってしまうというのも、お子さんのいる家庭の「あるある」ではないでしょうか。我が家も「ここで笑ってはならない!」と必死に怒ったフリをすること、たびたびです。

自我の芽生えた3〜4歳は理論派に?

3歳を過ぎると、発言内容がぐっと理論的に。知恵がついてきたからこその面白エピソードが見られます。

『3-4歳の頃。自転車の後ろに乗せると、私の腰に両手で抱きついて「お母さんが自転車から落ちないように守ってる。私の席はベルトついてるけどお母さんのはないから」って真面目な顔で説明された』

『長女はトイトレ中、トイレでうんこするのを嫌がって、カーテンの中に隠れてしてた。終わったらご機嫌で自分でオムツとおしりふき持ってきて「でたよー」と報告。3歳のときに妹が生まれておむつ替えてると「おむつにウンチして気持ち悪くないの~? トイレ行きなよ~」って上から目線。おかげで妹のトイトレは助かった』

「ママを守ってあげる」「妹に教えてあげる」といった、お姉さんらしいエピソードが2つ続きました。わずか3歳でありながらも、頼もしささえ感じますね。

『息子が3歳頃。スーパーで陳列されている肉を見て「ママ、大変! 血がいっぱい出てる」と驚いて「早くバンドエイドでぺったんしてあげないと!」と言って焦ってた』

『末っ子3歳が食パンのかけらを鼻に入れて「ママもやって」とフガフガ言いながらジェスチャーで指示。私もやってみたが、言うまでもない。息できない』

お子さんの面白い言動に体を張って付き合うママ。ここまで親子で楽しめると、あっぱれ! と言いたくなりますね。

ママの真似もパパのお世話も任せて!

『おもちゃの電話で1人遊びしてるとき、完全に私の口真似で「はい、はい、えー、そうなんですよー。はい、すみませーん」と頭をペコペコ下げてた』

そんなにいつも、頭を下げているかしら、と言いたくなりそうです……。

『旦那と1歳半の息子が寝てて、旦那のいびきがすごすぎて起きてしまった息子が「ねんねよ。パパねんねして」って隣でトントンしてたけど最終的にシクシク泣き出したときは可愛すぎた』

かわいいですね! 最後には泣き出してしまう、というのが愛おしいほどにかわいいです。

『冬に部屋干ししてて、ちょうど私の下着を干したら「ママ、なんでパンツかざってんの?」って言われた』

飾っていると思われるほど素敵な下着なのかもしれません。

赤ちゃんは「存在だけ」でかわいさ抜群

最後は、存在するだけでかわいさ抜群の新生児です。

『しょっちゅうガッツポーズしてる0歳児。いいことあったのかな(笑)』

『エピソードじゃなくて悪いんだけど、今4カ月の赤ちゃんが髪の毛伸びてきて髪型で毎日癒される』

読んでいるだけで癒される!

今回のコメントは、読んでいるだけで気持ちが「ほっこり」する温かいエピソードが盛りだくさんでした。投稿者さんも感謝をこめて感想を述べています。

『皆様、エピソードを聞かせてくれてありがとうございます! おひとりおひとりのエピソードを想像してクスッとなり癒されました~!』

さらには、コメント欄にあふれたエピソードに癒されて、元気をもらったママもいます。

『何この癒されるコメント……。午後も頑張れそう』

子育て真っ最中のママたちは、毎日が緊張の連続で精一杯……という人も少なくないでしょう。そんなときでも、小さいお子さんからしか得られない「ほのぼの」としたエピソードは、きっとママにも家族にも笑顔をもたらしてくれることでしょう。
子どものかわいらしい仕草や言動、言い間違いなどは、そのときはとっても感動したはずなのに、時が経つと忘れてしまいがちですよね。スマホのメモ機能や日記帳などに記録して時々読み返してみると、子育てに行き詰まった自分を少しだけラクにさせてくれるかもしれません。さらには、将来、大きくなったお子さんと大いに笑いあえるかもしれませんね。

文・すずらん 編集・山内ウェンディ イラスト・あい

すずらんの記事一覧ページ

関連記事

妊娠・出産 に関する記事一覧
「そーしゃるみつたんす」って?ママがキュンとなる、かわいい子どもの言い間違い
赤ちゃん言葉から成長し、ちょっとずつおしゃべりが上手になってきたころの子どもに多いのが、言い間違い。勘違いして覚えていたり、口がうまく回らなかったりと、いろいろなパターンがあるようです。ママスタコミュ...
こんな言葉にママたちはメロメロ!思わずキュンとする子どもの言い間違い
子どもが話し始めて間もない頃。一生懸命に自分の想いを伝えようとするその様は、とても愛おしく感じられますよね。ある投稿者さんがママスタコミュニティに 『最近、会話になるくらい話せるようになって、歌もた...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
お子さんの乳幼児期の面白エピソード教えて下さい