いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

中学生の子どもが不登校で昼夜逆転の生活に。どうしたらいい?

女性
子どもが不登校になると家にいる時間が長くなり、昼と夜の生活が逆転してしまうこともあるでしょう。親として注意をしたり、どうにか改善しようとしても、なかなか元に戻らないこともあるかもしれませんね。あるママも中学生のお子さんのことでとても悩んでいます。

『子どもが中学生です。不登校になって、昼夜逆転の生活をしています。スマホもゲームも取り上げたら、することなくて寝ています。昼間寝るので夜眠れない。学校も嫌いだし、どうしたらいいのか本人が一番悩んでいるのだと思います。しばらくは本人の気持ちを尊重していましたが、もう我慢の限界です。旦那は諦めモードで何も言わなくなりました。どうすればいいかわかりません』

不登校になったお子さんが昼夜逆転の生活をしているというママ。しばらくは本人のやりたいようにさせていたのですが、生活が乱れてしまいママの我慢も限界に達してしまったようです。もう手の打ちようがないのではないかと途方に暮れてしまいますよね。昼夜逆転の生活になったきっかけはゲームを取り上げたこと。それによって子どもは日中することがなくなり、その代わりに昼間寝てしまうことが増えたのではとママは考えているようですが……。

昼夜逆転になる理由はほかにも……

昼夜逆転の生活になる原因は、もしかしたらそれだけではないのかもしれません。

『みんなが学校に行ってる昼間に起きているのが辛いんじゃないのかな? 罪悪感とか疎外感とかから逃避したくて昼間寝ているのもあるのでは?』

本来ならば昼間は学校に行っている時間なので、他の子たちは学校で勉強をしています。でも自分は学校に行かずに家にいる……。思い悩んだり、自分が嫌になってしまうなど辛さがあるのではないでしょうか。その辛さを感じたくないから、日中に寝てしまうということも考えられそうですね。また学校に行けない自分にイライラしているのかもしれません。勉強が遅れてしまったり、友達との関係が悪くなっていないかなど、子どもなりに不安になることはたくさんあるでしょう。思い悩んで夜は眠れなくなり、日中に眠くなってしまうのかもしれません。

昼夜逆転の生活を修正する方法は?

なんとかしてお子さんの昼夜逆転の生活を改めたいと考えるママに、さまざまなアドバイスが寄せられました。

適応指導教室やフリースクールなどに通う

『うちも昼夜逆転の状態から、適応指導教室に通っていました。それこそ始めの方は最後の1時間だけでした。でもそこから少しずつ時間を伸ばしていって、最終的には2時間目から行けるようになりました。通う場所がない、やることがないから昼夜逆転しちゃうんだよね』

『社会との関わりがなくなるのは怖いから、青空教室みたいなところに行ってみたら? 児童相談所に聞いたら一覧表をくれたよ』

昼間に寝てしまうのは、ゲームを取り上げてやることがなくなったからではないかと考えているママ。もしそうであれば、その代わりに何かやることを見つけてあげたらいいのではというコメントです。例えば自治体の適応指導教室フリースクールなどもあるでしょう。まずは役所などに問い合わせてみて、どんな教室があるのかを聞いてみてはいかがでしょうか。

子どもの友達に頼ってみる

『うちの息子と友達は、不登校の子の家に行って無理やり起こして一緒に遊んでいたよ。外に出られるようになってからは、本人が嫌がらなければ外に連れ出したりもしていた。周りの人の力を借りることはできないかな?』

もしお子さんが心を許せるお友だちがいる場合は、友達に学校帰りに家によってもらったり、学校が休みの日の日中に遊びにきてもらうなどもいいかもしれません。そうすれば子どもがどうしても起きなければならない状況になる可能性もあります。

子どもにとっての「安全基地」になって

子どもの昼夜逆転の生活は、親にとっては頭を悩ませる問題ですよね。なんとかして昼夜逆転の生活を改めたいと思うところですが、子どもへのアプローチ方法に関しては、場合によっては専門家にアドバイスを仰ぐことも必要となってくるかもしれません。ほんとうに昼夜逆転の生活を見直すときなのか、それともさまざまな理由から昼夜逆転の生活を今は受け入れるときなのか。まずは情報を集めることから始めてもよさそうです。

また、どんな対処法を選ぶとしても、親がいつでも子どもにとって安心できる相手であれたらいいですね。専門家のなかには、学校に行きたくないという子どもの気持ちを否定せず、子どもが安心できる環境で学習の支援などを進めたほうがいいと考えるケースもあります。子どもが不登校になると、親としては不安で心配で仕方なくなるもの。すぐに解決したいと思ってしまいますが、子どもと二人三脚で自分たちに必要な方法を見つけていくという姿勢が何よりも大切なのかもしれません。

文・川崎さちえ 編集・一ノ瀬奈津

参考トピ (by ママスタコミュニティ
不登校から昼夜逆転