いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

年少の子どもが「ママの手作りは食べたくない!」子どもの食事ってみんなどうしているの?

pixta_35375613_M
子どもの好き嫌いに頭を悩ませているママは多いのではないでしょうか。ママスタコミュニティへの投稿で、子どもに「ママの作ったごはんを食べたくない」と言われてしまったママから、子どもの食生活についての質問がありました。

『餃子を手作りしたんだけれど、年少が一口も食べず、「お店では餃子食べるでしょ」と言ったら「ママが作ったのは食べたくない」と言われた。腹が立って、もう食べなくていい! と無視している。何でもそう、偏食で、ひと口目からまったく食べないことが多々ある。この場合は、ごはん食べないなら本当にデザートやお菓子もナシ? どんなにお腹すいてもナシ? それとも、長い目で見て、食べられるものだけ食べればいいや、とあまり怒らないし気にしないで、食べられるものだけあげる?』

うちも同じだからめげないで!

 手作りの餃子を子どもに「食べたくない」と言われてしまったママ。毎日の栄養バランスなどに気をつけて作っている食事をそんなふうに言われてしまったら、心が折れてしまいそうですね。ママスタコミュニティにコメントを寄せてくれたママたちも、投稿者さんと同じような経験があるようです。

『私もよく言われていた(笑)。お母さんの作ったのじゃなくてお店のがいいって。私も感情的になり取り上げていたわ、そして泣きながら奪い返され食べていたな。うちの子』

『うちの5歳もそうだよ。お店屋さんのうどん、チャーハンとかはものすごい食べるんだけれど、私の作ったものは食べない。私も甘えて一緒に楽しく外食、テイクアウトしているよ。朝はしっかり準備する』

全国の2~8歳の子どもがいるママを対象に実施された「子どもの食事」に関する調査によると、「子どもがしっかり食べないことがストレスになっている」というママは、7割近くいました。
毎食のことでイライラしてしまうというときは、“ママの息抜き”と割り切って、子どもといっしょに外食やテイクアウトを楽しんでもいいかもしれません。とはいえ、毎日、外食やテイクアウトというわけにはいきませんよね。ママスタコミュニティにコメントをくれたママたちはどのように対処しているのでしょうか?

「食べたくない」と言われても負けない!ママたちの対処法!

『私は「お願い! 一口だけ食べて! 一口食べて嫌ならいいから!」てよく一口食べさせる! そうすると嫌な味じゃないってわかって食べたりするよ。一口で食べないこともあるけれど』

『食わず嫌いは許さないことにしているので「嫌でも一口は食べなさい、それで美味しくないと思ったら後は食べなくていい」ということにしている。一口だけでも頑張って食べたら、ごはんのおかわりもデザートもOK』

子どもに一口だけ食べてみるように伝えて、おいしくなかったら食べなくてもいいという子どもにとって無理のない方法かもしれませんね。なかには、こんな対処法も……。

『「ママが作ったのに似ているだけでお店のだ」と言う』

『そのまま流し台へ捨てていたわ。で、何も食べさせない夫もそれでいいという考え。現在は出されたものは食べているし美味しいと言って食べる。餃子は一緒に作った記憶がある。比較的、盛り付けさせたり、一緒に作ると食べていた気がする』

確かに「お店のだから……」と思ったら、食べてくれるきっかけになりそうですね。食べたくないなら食べなくていいという強い姿勢を見せるというママは、子どもを料理に参加させたら効果があったと教えてくれました。では、投稿者さんの質問にあった「食べない・残してしまった」ときのデザートやおやつはどうしているのでしょうか?

食事を食べないならもちろんお菓子・デザートはナシ

『もちろん、デザートやお菓子はナシにしているよ。お腹空いているなら目の前のもの食べろって感じ。うちはおやつもあげてない。おやつ少しでも口にするとごはん食べる量が極端に減るから』

『餃子を食べないならデザートもお菓子もナシ。ごはんのおかわりは認めるけれど』

『うちも食わず嫌いだし少食だしでごはんあまり食べない子だったけれど、ごはん食べなきゃデザートもお菓子もナシにしていたよ。ごはん置いておいて、お腹すいたらごはん食べさせていた』

投稿者さんが気になっている通り、食事を食べないのならデザートやおやつもナシという意見が多いようでした。食事を食べられなくなるので、そもそもおやつは与えていないというママもいました。食事を食べないなら、おやつは食べないというメリハリのあるルールを設けておくといいかもしれませんね。

長い目で見て 食べられるものを食べさせる

自身の経験から偏食について、あまり気にしないようにしているという声もありました。

『私は極力食べられるものを食べさせていたよ。自分も偏食で、給食とかすごく苦痛だったから。でもデザートとかはあまり与えないようにするかな。自分は大人になって食べられるものは増えたよ。娘は発達障害のせいもあってか味覚が繊細で、食べられないものは無理して食べさせてないよ』

ママ自身が偏食で給食などを食べるのが苦痛だったということで、子どもに無理に食べさせてはいないのだそうです。食事を食べないならデザートはナシなのは他のママたちと同じ意見のようですが、あくまで子どもが無理なく食べられるものを食べさせているようですね。
多くのママが悩んでいる子どもの偏食。「ママの作ったのは食べない」と言われたら落ち込んだり、感情的になってしまうこともありますよね。子どもも悪気があって言っているのではないはずと信じて「食事は楽しいもの」と思ってもらえるように、ママたちの対処法を実践してみてはいかがでしょうか。

文・すずしろゆうみ 編集・木村亜希

関連記事

少食&偏食歴およそ1年6ヶ月、ついに子どもが楽しく食事をしてくれる方法が見つかる
息子は離乳食の頃から、食事に対する反応が薄く、食べることを楽しいと思ってくれる様子が滅多に見られない子でした。 食材や形、味付けを変えてもダメ。見た目をかわいくしてみても声かけをしてもダ...
トッピングは子どもにおまかせ。苦手な食べ物を手に取ってもらう楽しい食事方法とは?
皆さん、毎日の食事作りお疲れ様です! 毎日3回、食事作りもさることながら、献立を考えるのも一苦労ではありませんか? お子さんが幼稚園や学校に行き始めるとなるべく給食とかぶらないようにしたり、成...
偏食な子ども、食事を楽しめない旦那。誰も食べないから料理へのモチベーションが上がらない
「美味しい~~!」と、作った料理を美味しそうに食べてくれる家族の顔こそが、ママたちが料理を作るモチベーションにつながります。 逆に一生懸命、手間ひまかけて作った料理を家族が食べてくれなかった...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
ママの作ったのは食べたくない。と言われた