いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第3話】3.11の東京都心で帰宅困難を体験「自宅まで10km以上。ただ歩く」 #あれから私は

地震のため交通網がマヒしてしまい、私はクリニックから家までの10km以上の道のりを歩いて帰ろうと決意しました。頭をよぎったのは旦那の「とにかく生き延びなさい」という言葉でした。
【第3話】

【第3話】

そんな会話を思い出しながら歩いていましたが、相変わらず旦那とは連絡が取れません。歩いていく途中には、外壁が剥がれかかったマンションがあって遠回り。自転車屋では自転車が飛ぶように売れていきます。なかには赤ちゃんや子どもを連れて歩く人もちらほら。コンビニもありましたが、損傷が激しいため閉店していました。
やっと営業しているコンビニを見つけましたが、店内にはほぼ何もありませんでした。残っているのはお酒やおつまみ、パン。そして2リットルのお水くらい。家に帰れても水や電気、ガスが使えるかわからないと思い、念のため残っていたパンと水2本を買いました。
【第3話】
ドアを開けた瞬間、大きな木の板が目の前に。足元には古雑誌、旦那作の銅像が転がっています。……いつも置いてあるはずの場所から移動してきた?! 隙間からは部屋の惨状がチラリと見えました。
バタン……。私は一旦ドアを閉めて、軽く現実逃避。(これ……全部片付けなきゃいけないのか……)一気に疲労が襲ってきました。

一方その頃、職場で地震にあった旦那さんはどうしていたのかというと……?

第4話へ続く。
文、イラスト・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

※全7話構成でお送りします。

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

新連載【第1話】3.11の東京都心で帰宅困難を体験「突然襲ってきた強い揺れ」 #あれから私は
東日本大震災が起きた3月11日、東京都心も強い揺れに襲われました。電車もバスも動かず情報が混乱し、多くの帰宅困難者が出ることに。今後の備えに活かすために、都内での震災体験談をお届けします。 ...
【前編】自然災害に対しての備えを怠らない夫。その理由を聞いてみると……
我が家の夫は、自然災害に対する警戒心が人一倍強く、いつも防災備蓄のことばかり考えています。 新婚当初は驚いたものです……。 とにかく、ありとあらゆる「防災への備え」をしています。そ...
震災 に関する記事一覧