いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

友達の自転車をずっと乗っているわが子。ママ友は「一緒に使おう」と言ってくれるけれど、自転車を買うべき?

子どもが友達が持っているものを欲しがってしまうのは、決して珍しいことではないでしょう。おもちゃや絵本などを横取りしてしまうこともありますよね。ある子の場合には、それが友達の自転車なのだそうです。

『自転車が欲しい5歳の息子、自転車を買ったばかりの友達。友達が新品の自転車を貸してくれたのに、自分が欲しいものだからと返さずに大泣きをしてしまいました。自転車を買ってあげたいのですが、近所には幼い子供が自転車に乗れる場所ではなく、私は買うのを反対しています。それに下に赤ちゃんがいるから、旦那がいない平日は子どもを追いかけられない。ママ友に謝罪したら「一緒に使おうよ。欲しくなるのは仕方ない」と言ってくれて、優しくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。やはり自転車を買おうかなと悩み始めました』

友達の自転車をずっと乗っているわが子。ママ友は「一緒に使おう」と言ってくれるけれど、自転車を買うべき?1
わが子の自転車を別の子が借りて乗り回す姿を見ても、優しく言葉かけをしてくれるママ友。とても好意的なようですが、だからといって、このまま甘えていていいのでしょうか? トラブルの心配はないでしょうか?

このまま自転車を借り続けていると、どんなトラブルが起きる?

自転車を壊してしまう

『壊したりしたときにトラブルの元だよ』

『友達の自転車を壊してしまうのが嫌だな』

お友達の自転車を借りて乗っているときに、万が一転倒をするなどして自転車を壊してしまったら……。さすがに相手のママもムッとしてしまうのではないでしょうか。もちろん弁償したり、修理に出したりもできますが、「壊した」という事実は消えません。実は誕生日のプレゼントだったなど特別な自転車だったり、限定品だったりすると、思いのほか大ごとになることも……。そのようなリスクも考えていく必要があります。

乗り回している最中に怪我をしてしまったりしたら、ママ友が責任を感じてしまう

借りた側の子どもが怪我でもしたら、貸した側であるママ友は「私が自転車を貸したから」と思って、責任を感じてしまう可能性があります。それがきっかけでその後のママ友関係がギクシャクしてしまうなんて、避けたいですよね。

相手の子どもが嫌な思いをしてしまう

『新しい自転車を目の前でお友達がいつまでも乗っているのは、その子が可哀想。状況的に一緒に使おう、乗っていいよと言うしかないもんね』

友達の自転車をずっと乗っているわが子。ママ友は「一緒に使おう」と言ってくれるけれど、自転車を買うべき?2
自分の自転車だというのに、ほとんど乗れずじまいでは不満に思って当然です。まだ5歳前後の子どもにずっと我慢させるのは酷ですよね。

自転車を貸してくれているママ友の本心は?

『一緒に使おうは社交辞令に決まっている。そんな大泣きされたら、そう言うしかなくなるじゃん』

『友達の新品の自転車、しかも転んで傷つけやすいものを言葉通り借りて返さず大泣きって。子ども同士お友達だから、そのお母さんも優しくするしかないだけだよ』

『私も子どもの友達がそんな感じだったら、自分の子どもに「ちょっと貸してあげたら?」と言う。でもそれがいつもだったら自転車買いなさいよ、新しい自転車なのに無神経だな、そもそももっと強く叱ってよ、無理矢理でも返してと思ってしまう』

ママ友は笑顔で優しく「一緒に使おう」と言ってくれているのかもしれませんが、本心は違うかもしれません。新しい自転車ですし、自分の子どもがその自転車に乗れずにいる姿を見ていれば、多少なり腹立たしさも抱くのではないでしょうか。いい加減にして、すぐに返してくれないかな、図々しい親子……と感じている可能性もあります。でもママ友付き合いを考えて社交辞令を口にする、そうだったとしても、決して不思議はありません。

自転車は買ってあげた方がいい。その代わりルールをきちんと決めよう

『自転車を買ってあげなよ。広場で乗せてあげればいいじゃん。ママが無理そうなら、旦那さんがお休みの土日だけ乗れるように約束するとかさ』

このままお友達の自転車を借り続けていると、自転車を傷つけたり壊してしまう、ママ友の子どもが「もう貸したくない」と言い出して喧嘩になるなど、何かしらのトラブルが起きてしまうかもしれません。今は仏の顔をしているママ友も、あまりに自分の子どもが我慢を強いられるようなら「いい加減にして」と思ってしまいますよね。ここはやはり自分の自転車を用意してあげるのが、最善策と言えそうです。

下の子がいて上の子の自転車に付き合うことができない状況は、旦那さんの力を借りて打破しましょう。子どもには「自転車に乗るのはパパがいる日にね」と話して聞かせ、旦那さんに協力を仰ぎましょう。毎日自転車に乗れないのは子どもからすれば不服でしょうが、子どもの安全を考えれば妥協はできませんね。子どもにしっかり言い聞かせつつ、旦那さんと自転車を思い切り楽しむお子さんを見るのも悪くはないと思いますよ。

文・川崎さちえ 編集・blackcat イラスト・Ponko

関連記事

ママ友 に関する記事一覧
公園でおもちゃの貸し借りは許容できる?できない?ママたちの対応
公共の場である公園。子どもにとって魅力的な遊具が揃っているところもあれば、砂場や広場がメインで各自遊ぶ道具を持って自由に利用する公園もありますよね。もし、遊具のない公園でお家から持ってきたおもちゃ...
「大事なおもちゃだから貸せない」という子どもに対して、ママ友が「それは意地悪だ」と。どちらが正しい?
ママ友親子を家に招いたとき、子ども同士がおもちゃを貸し借りして遊ぶこともあるでしょう。子どもにも自分のルールがあって「これはお友達に貸せる」、「これは大事だから貸せない」と決めている場合もありますよね...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
ママ友が優しすぎて申し訳ない