いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもたちと一緒に寝るとき、ママが寝るスペースはどのくらい? #産後カルタ

IMG_0836

子どもたちと一緒に寝ているママたちにとって、布団やベッドでママ自身が寝るスペースを確保するのは、なかなか難しいようです。なぜなら子どもたちのアクロバティックな寝相のせいでママのスペースがないから! しかも寝るスペースをわけているにも関わらず、ときには子どもがママのぬくもりを求めて、ママの布団に潜り込んでくることも……。ママたちの嘆きの声を聞いてみましょう。

『子どもが布団に入ってきて狭くて寝られません。なにかよい方法ありませんでしょうか?』

「わかる!」「ギュッと集まってくる」子どもと寝るママたちの苦悩

『子どもって、隣から離れるとすぐ気づくんだよね』

『ほんとにね。うちはダブルとセミダブルをくっつけて寝ているのに結局ギュッと集まるからシングルに3人で寝ている気分よ』

『わかる。落ちるからもっとそっち行ってよ! っても迫ってきて、寝て起きても疲れている。アドバイスじゃなくてすみません』

『わかるよ、つらいよね。うちは可愛い布団カバー買ってあげたり、ベッド買ってあげたりしたけどダメ。子ども2人が両側から垂直に突き刺さってくるから、毎日とんでもない姿勢で寝ている』

『まだ小さいけど、毎晩、さて、寝るか。となると、みんなの位置を考えてテトリスみたいに自分がハマる場所を探して曲がって寝てます。3人いるから、毎晩違うスタイルで。まだ幼稚園だけど、小学校になってもみんなで! って言われたらたしかにきつい!』

『うちシングル、セミダブル、セミダブルで3つ並べているけど結局私の周りにめちゃ寄ってくる。しかも(ママの)所在確認をしているのかコンコンツンツン蹴ってくるのが地味に腹立つ。一度トイレに起きて戻ってくると、私よくこんな狭い所に寝てたなって思うわ』

子どもたちと一緒に寝ているママたちからは「子どもと一緒に寝るとこうなる」という”あるある”話が続々と寄せられました。「わかる!」と膝を打つコメント、「そうそう!」と強くうなずけるコメントがひとつはあるのではないでしょうか。

布団を増やすなど寝るスペースを広げればOK?「それでも無理!」

『わかるー! 中、小、幼で布団3枚敷いているけど幼は寝返りしただけで起きてきて私と対面で寝るし酷い時は小が私の隣にピッタリキープして寝返りうてない! 私もなんだかんだ癖で未だに添い乳体勢で寝てしまう(笑)。結論良い方法はない! 今を幸せと思おう』

『めちゃくちゃわかる。わかりすぎる。ダブルとシングルの布団並べて寝室に敷き詰めているのに、なぜか私が寝るシングル部分に全員集まってきてギッチギチ。ダブルがガラ空きで謎!』

ママの寝る場所がないのなら、布団を増やすなど子どもたちもママもゆっくり寝られるように工夫すればいいのでは? と考える人もいるかもしれません。しかしママたちからは「布団を増やしてもママにくっついてくるんです!」と悲鳴にも似たコメントが寄せられました。……子どもたちはママにくっついて眠りたいのですね。仕方ないですね。

ゆっくり寝られなくて身体が痛い!そのときママたちにできることとは

『今に狭くても寝られるようになるよ。5歳と2歳今でもそんな感じ』

『広い布団で寝てもどんどん寄ってくるし寝相悪くて蹴られるし諦めている。兄弟の関係でもう10年ぐらいこんな感じで、寝返りもせずまっすぐ寝ているよ』

日々ゆっくり寝られない、となるとママの身体に負担がかかってしまいそうです。何か対策があるのか、というと……。「肩こりがひどい」「腰が痛い」というコメントとともに「慣れる」「あきらめが肝心」と悟りきったコメントを寄せてくれたママたちがいました。子どもの寝相をコントロールできない以上、対策のしようがない、ということなのでしょうか。

『子ども(とママの身体)のあいだにクッションをおきました。身体が少し楽です』

一方で子どもとママの身体の間にクッションを置くと、身体が密着せずに楽、というコメントも。こちらの方法はすぐに試せそうですね。

今夜はどこで寝ますか?子どもたちの寝相に苦笑いするママたち

ママたちから寄せられた「私の寝る場所がない!」というコメントの数々をみていると、深刻な悩みであるとともにママたちが少し「楽しんでいる」様子が伝わってきたような気もします。もちろん身体を自由に伸ばして寝られない日々が続くことで、ママたちには負担になっているでしょう。しかし子どもと寝る場所をわけても、寝るスペースを広げても、いつの間にかママにくっついて寝る子どもたちに「仕方ない」と苦笑いしながら受け入れているようです。

子どもたちがママの体温を求めて、寝ながらも集まってくるのはいったい何歳までなのでしょうか? いつの日かママはきっと身体をゆっくり伸ばして、夜通しぐっすり寝られるでしょう。その日まではママ自身の寝る場所を確保しつつ、子どもたちの寝顔や寝相を楽しんでくださいね。

文・しのむ 編集・木村泉 イラスト(産後カルタ)・しっぽ

ママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していく人気のSNS企画「#産後カルタ」。書籍も好評発売中です! インスタで話題の「産後カルタ」って?

関連記事

寝相がスゴイ子どもと寝ているママは命がけ!?慣れると熟睡できる?ママたちの産後の”睡眠事情” #産後カルタ
ママが大好きな子どもたちは、寝ているときでもママに少しでも近づきたいと感じているのでしょうか。並んで寝ていたはずなのになぜかママの身体の上に乗ってきたり、時にはママにキックしたり頭突きしたりする子...
こんな体勢でよく眠れるものだ!子どもの寝相の悪さは心配無用
子どもの寝相が気になるママはいませんか。筆者はふと寝ている子どもを見ると、「どうしてこの体勢で!」とツッコミたくなることがたびたびあります。ママスタコミュニティでも、「1歳の子どもが、正座したまま前に...
夜の闇に隠れてママたちを襲う蹴りや頭突き……。正体は子どもたちの寝相だった! #産後カルタ
子どもと添い寝しているママは少なくないでしょう。特に、あたたかい季節になると布団が軽くなるからか、子どものダイナミックな寝相が披露される夜が続きますね。ときには子どもの手足や頭がママの身体に”...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
子供と寝ると狭い