いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

息子の誕生日にパパに起きた悲劇……「ソーダ味のアイス」をめぐる7年前の思い出

息子がまだ3歳だった頃のこと。祖父母宅へ行ったときに、おやつにアイスを食べさせてもらいました。それが家ではふだん絶対に買わないような、とてもお値段の高いアイス! あまりにも美味しすぎて記憶に残ったらしく、息子はそれ以来アイスに目覚めました。

祖父母宅で食べたアイスの味がよほど忘れられなかったのでしょう。それ以来、思い出の高級アイスを「また食べたい」と言うようになった息子。しかし私にとっては、大人がたまの自分へのご褒美に買うようなお高いアイスなのです。正直子どもに食べさせるのはもったいない……。
そのため息子には「特別な日にしか買ってあげられないよ」と言い聞かせていました。

そしてまだ残暑厳しい9月のこと、もうすぐ4歳のお誕生日を迎える息子に私はこう聞きました。
息子の誕生日にパパに起きた悲劇……
「特別な日だもんね」と高級アイスを許可すると、息子は大喜びでした。
誕生日当日、幼稚園の帰りに最寄りのスーパーへアイスを買いに行きました。息子は迷わず「祖父母宅で頂いたお高いアイス」をセレクト。

息子:「ママは何にするの?」

私:「え〜と、ママはこれでいいかな」
息子:「え~! ママも一緒のにしようよ~」
私:「……わかったよ」

私も息子にすすめられ、同じアイスを選びました。ちょっと高いけどたまにはいいよね! 普段頑張ってるし……。
息子の誕生日にパパに起きた悲劇……
息子は「パパのために」と、ソーダ味のアイスを選んでカゴに入れました。
しかし私と息子はめったに食べないような高級アイス、パパだけお安い普通のアイス……。さすがにちょっと気がとがめます。ただ「パパはこのアイスが一番好き」と言っていたのを息子が聞いていたようです。2人の間でそんな会話が交わされていたのかもしれないな……そう思いながら息子の言うとおりにアイスを買って帰宅しました。

そして家族で息子の誕生日を祝いながらアイスを食べようとしたときのこと……。

パパ:「え!? なんで! なんで俺だけ違うアイスなの?
私:「え! だって……」
息子:「パパが好きなアイスを、僕がパパのために選んだんだよ! どうぞ召し上がれ!」
パパ:「あ……? ありが……(泣)」

息子にお礼を言いながらも、自分だけ高級アイスが食べられずガックリと落胆している様子のパパ。
あれ? ……やっぱり違った? 苦笑いをして誤魔化すしかできない状況でした……。

そして7年後……。
息子の誕生日にパパに起きた悲劇……

あれから7年が経ち、息子の小学校の給食にアイスが出ました。それがなんと、あのとき息子がパパのためにと選んだソーダ味のアイス!

息子は給食に出されたソーダ味のアイスがすっかり大好きになったようです。
しかしあのとき「パパはこれでいい」と選んだアイスだということを、息子は忘れてしまっているようです。給食のアイスが美味しかったと嬉しそうに報告する息子に、私だけが7年前のことを思い出しておかしくなり笑ってしまったのでした。

文、イラスト・なかやまねこ

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

【前編】赤ちゃんを起こされる……!構いたがる上の子にどうしたら理解してもらえる?
最近下の子が生まれました。上のお姉ちゃんとは6歳差。念願のきょうだいで2人とも宝物です。娘も妊娠中から赤ちゃんを楽しみにしていて、産まれてからも弟が可愛くて仕方のない様子です。しかしあまりに構いたがる...
母の愛情が詰まったランドセルを手離して後悔……数年後に起きた思いがけない出来事
子どもの頃、我が家はお世辞にも裕福とは言えない家庭環境でした。母子家庭で母は一所懸命働き、私は保育園に通っていました。毎日走って息を切らしながらお迎えに来てくれる母を心待ちにしていました。休みの日に母...
【前編】ある日突然旦那に浮気を疑われた!「私にいつ浮気する時間があるの?」
ある日の朝「お前! 浮気してるだろ!」といきなり旦那に浮気を疑われました。いつもは穏やかな旦那が顔を真っ赤にしています。 どう反論しても「この写真はお前だ!」と言い張る旦那。 旦那...