いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

想像するだけでゾワワワワ~!「ゴキブリ恐怖体験」トラウマ級のエピソード

pixta_45318005_M
カサカサカサッという嫌な音……そう、こげ茶色のアイツです! ママスタコミュニティに「ゴキブリに関するトラウマある?」という、なんとも恐ろしい質問が登場しました。この質問に応えて集まってくる、くる、強烈な体験の数々。怖いもの見たさに記事を開いたであろうみなさん、覚悟して読んでくださいね。

忘れたくても忘れられない、あの感触……

『実家で電気つけずに暗闇を歩いてたらフシャって。いまだにあの潰した感触は忘れられない』

『歯磨き粉をつかんだと同時にゴキも手に握ってた。しばらく静止。我に返って鳥肌と悲鳴、散々だった。まさか歯磨き粉の裏に奴が潜んでいたなんて……』

『自分の頭を置くために腕枕して腕伸ばしたまま寝てたら、コソコソっとくすぐったい感じがして……ゴキが腕をはってた!』

『全く同じ経験した! 最初自分の髪が当たってるのかと思ったけど、いや、今短いし……??? 腕を見たら腕をはってて発狂した!』

『深夜ベッドにうつ伏せになってスマホをポチポチ。ふと左手を見るとゴキ様が鎮座。すごい勢いで振りほどいたけれど、その日は眠れなかった』

あの細い足がスササササッっとはっていく感触……。眠れるわけがありません。こちらが無防備なときに直接アタックしてくるのは心臓に悪いです。

なんでそこにいるの?「〇〇の中」

まさかそんなところから出てくるとは! なかにはゴキブリ自身が悲惨な姿に変わり果ててしまったエピソードもありました。

『久しぶりに着た服の中にいた。服の中でカサカサカサカサされて叫びまくった』

『洗い物しようとゴム手袋をはめたら、中から勢いよくゴキが出てきて私の手にササーッと登ってきた。ギャーってめちゃくちゃ叫んだ』

『靴の中に入ってた。出先で指先モゾモゾするなぁと思ったら、いたみたい。知らずにそれで歩いてたから、訪問先で潰れたゴキが出てきたよ。靴下の先で……。バラバラ事件』

『子どもの頃、夏休みのラジオ体操。なんか足がかゆいなーと思いつつラジオ体操終わらせて家で靴を脱いだら……(お察しくだせえ)。気付かずにラジオ体操でピョンピョン張りきってジャンプしてた俺……。裸足だったので、泣きながら皮膚がすりむけるほど足の裏を洗った』

ママスタコミュニティでは珍しい男性からのコメントですね! ……なんて言っている場合ではなさそうです。「夏休みの思い出→ラジオ体操→靴の中」こんな連想、切なすぎます(泣)。

嘘でしょ!?まさかの大量出現!

一匹でも恐怖なのに何十匹も出てきたら……もう悪夢でしかありません。

『ホームヘルパー時代。いたるところにゴキがいる汚宅を別の人が数日かけて掃除して、その後に私がヘルパーで入ったんだけど、こたつをめくったらゴキの大軍が一斉に四方八方へ逃げていった。あれはおぞましかった』

『山に囲まれてる祖父母宅にて。コーヒーに入れる粉末ミルクが入ってた瓶を、よく洗わずに蓋もせず外に置いてて、ふと中を見たらウジャウジャ入ってた……』

『義実家のテレビ台の扉を開けたら革のキーホルダーみたいなのがあって、「お? なんだこれ」って取りだしたら、その中からゴキの赤ちゃんが20匹くらいワサワサ出てきた』

『子どもの頃、出来心で台所の壁の小さな穴にスプレー式駆除剤のノズルを突っ込んでシューと一吹きしたら、ゴキたちが大きいの小さいの何十匹とウジャウジャ涌きでてきて、のたうちまわって死んだ』

一度に大量駆除できてよかったと思いたいですが、できれば見えないところで死んでほしかったですね。

食べ物とのコラボは勘弁して~!

一生トラウマになりそうな「食べ物とアイツ」。油断も隙もありません。

『ホットケーキ焼いて食べてたら、中に焼け死んだゴキがいた。子どもの頃の話』

『暗闇のなか残っていたラーメンを食べた。そしたら……後はご想像にお任せします』

『義実家の長ネギの中にいた。長ネギを切るのが怖くなった』

『30kgの米の中からひょっこり出てきた。1日考えて全部廃棄したわ……』

『天ぷらを揚げてたら油に落下してきた。それも2匹同時に……(汗)』

つまり素揚げということでしょうか。その後、箸でつまみ上げたのでしょうか。……いろいろな意味でご愁傷様です。

あっちもパニック、こっちもパニック!衝撃のドタバタ劇

ご本人たちは大変だったと思うのですが、ママたちが思わず笑ってしまったエピソードもご紹介しましょう。

『去年の夏、トイレのドア閉め切らずにおしっこしてたら、どこからかやってきたゴキが入ってきて、おしっこ垂れ流しながら逃げた。ゴキもびっくりしてた。私もびっくり』

『ゴキがブーンって飛んで天井に張りついた。おりゃーってビー玉投げたら命中してゴキが落ちてきた。天井にも穴が開いた。2つの意味で悲鳴をあげた』

『母がゴキブリ退治してて「見失ったわ~」とか言って振り向いたら……母の胸についてた。私が叫んで逃げたら母も絶叫で追いかけてきて、死ぬかと思った』

ごめんなさい、筆者も笑ってしまいました。でももしその場にいたら、間違いなく悲鳴をあげて逃げると思います。

できるだけ落ち着いて対応する、が理想だけれど

コメントをくれたママたちのなかには、冷静な反応を示した人もいました。

『玄関を開けたらそこにいた。お互い驚いて、一瞬時が止まった。ゴキにも気持ちがあるのかなぁと感じた』

『昔、毎日出るようなところに住んでたから、むしろ慣れててトラウマもない』

『ゴキが家にいたらすごく嫌だけれど、家の外に熊や猿がいる方がもっと怖い』

たしかにゴキブリに襲われてケガをすることはないですが……。「ゴキブリに噛まれて痛かった」というママたちもいたので要注意です。ほかにも注意することがあるようで……。

『エアコンをつけたらゴキが落ちてきた。急いでスプレー式駆除剤をかけたら、ガス警報機が鳴り出してパニック』

ゴキブリが出てきたら、「とにかく退治しなきゃ!」という気持ちでいっぱいいっぱいになってしまいますよね。でも場所を考えながら駆除剤をかけないと、ますます修羅場になってしまうようです。

太古から続いてきたであろう人類とゴキブリの戦いに、負けるわけにはいきません。まずは家の中への侵入や繁殖を防げるよう対策をしっかりして、憎きアイツを落ち着いて迎え撃ちましょう!

文・千永美 編集・しらたまよ

関連記事

【ママと愉快な子どもたち】虫への愛がふくらむ夏 #4コマ母道場
子どもたちの言動にクスッとなったり、それぞれの成長にジーンとしたり。まるで我が子を見ているかのよう!? 3人の子どもがいると毎日があっという間にすぎていきそうですが、そんな日々の中にたくさんの宝物が見...
まさかここから出てくるとは!ママたちの背筋が凍ったG体験談
リラックスしていたときに突然、ゴキブリが頭に降ってきたら……! 家の中に響き渡るほどの悲鳴をあげてしまいます。 (※以下ゴキブリをGと記載いたします) 窓から入ってくるとしても、窓を開けた...
背筋がゾワゾワ……!身の毛もよだつエピソード集
日常生活の中でも時に身の毛のよだつような経験をすることがあるかもしれません。例えば虫です。ほんの数匹だけなら身の毛がよだつこともないかもしれませんが、数えきれないほど大量に虫が集まっているとこ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
ゴキブリに関するトラウマある?