いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

レジ袋をゴミ袋として再利用していた人、レジ袋が有料になっても買ってゴミ袋にしているの?

2020年7月から、全国でプラスチック製買い物袋の有料化が始まりました。スーパーやコンビニで配布されていたレジ袋は有料に。そこで、これまでレジ袋をゴミ袋として再利用していたママたちはどうしているのでしょうか……。ママスタコミュニティにも同様の質問が寄せられています。

『今までスーパーのレジ袋をゴミ箱に被せて使ってきたから、有料になってからもレジ袋を購入しています。マイバッグを持っている人が多いけど、皆さんゴミ袋はどうしていますか?』

レジ袋をゴミ袋として再利用していた人、レジ袋が有料になっても買ってゴミ袋にしているの?1

これまで自宅に溜めていたレジ袋を使用

『今はまだレジ袋のストックあるけど、なくなったら買うかもしれない』

『まだ今までの分が残っている』

『お土産物の袋とかを、ちまちま使っている』

当面は自宅に残っていたレジ袋でしのいでいるというママたちもいるようです。しかしマイバッグでの買い物が続けば自宅のストックがなくなるのも時間の問題です。少しずつ大事に使っているママたちの気持ちも分かりますよね。

市区町村指定のゴミ袋にそのまま入れる!

レジ袋などでゴミ袋を作ることはせず、自治体指定のゴミ袋に直接ゴミを入れているママたちもいます。

『指定ゴミ袋に直捨て』

『私の地域では、レジ袋は不燃ゴミのプラスチックに分別され別回収になるので、レジ袋は邪魔なだけ。生ゴミは水気を切ってから新聞紙に包んで指定ゴミ袋に入れています』

『生ゴミは濡れているから腐るって読んで、野菜の皮とか切れ端は燃えるゴミ用指定袋に直接捨てている』

指定ゴミ袋に直接ゴミを捨てるのは、手間が省けてラクですね。その反面「中身が透けて見えてしまう」といった心配や「先の尖ったものを入れると破れる」というデメリットもあります。割り箸や竹串など、ゴミ袋を突き破ってしまうものを捨てるときには、新聞紙に包んでから捨てるなど、収集する人が怪我をしないためにも配慮したいですね。

ホームセンターで「レジ袋」を購入する

量販店でレジ袋を購入し、それをマイバッグとして持参するママたちもいます。

『ホームセンターで100枚入のレジ袋を買って、それを買い物で使ったあとにゴミ袋として使っている!』

『マイバッグを使っていたけれど、やっぱりゴミ箱とかで使うレジ袋は必要なので、100枚入りの袋を買った。買い物で使った後、家でゴミ袋として使う予定』

レジ袋がもらえないから……という理由で「プラスチック製のゴミ袋」を買ってしまっては「レジ袋削減」本来の意味からは離れてしまいます。しかし必要なものであれば、購入せざるを得ないですよね。「レジ袋」を購入し、ゴミ袋として再利用するというママたちの工夫がありました。レジ袋を購入するのであれば「環境に配慮されたバイオマス素材のものを選ぶ」「厚手の袋を購入して何度も利用する」などの工夫をしてみるのも良いかもしれませんね。

他でゴミ専用袋を購入するより有料レジ袋の方が使う場面が多い

レジ袋が有料になっても購入している、というコメントも寄せられています。

『ゴミのためだけにゴミ袋を買うなら、レジで買って買い物に使ってゴミ用に回した方がラクだし衛生的だし良いなと実感している』

『ゴミ袋をゴミ袋用として新品を買うより、レジ袋を再利用する方が経済的だよね』

『100円ショップ、ホームセンターでもレジ袋サイズは品切れ。私は買い物のたびにレジ袋を買っている』

『肉や魚はトレーのまま入れたくないから、それ用に買ったレジ袋をゴミ袋に回す』

『有料でも買うし、今まで通りだから何も変わらない』

有料になってもレジ袋を購入するママたちは「忘れたから仕方なく」ではなく「あえて」購入していることがうかがえます。レジ袋を購入し、ゴミ袋として再利用するのは「衛生的」と考えているママもいるようです。

レジ袋以外をゴミ袋とするアイデアも

レジ袋をゴミ袋として再利用していた人、レジ袋が有料になっても買ってゴミ袋にしているの?2
レジ袋以外でゴミ袋を作るアイデアもありました。

『クリーニングの袋が使えて便利』

『宅配を利用していて、いつも食材を入れてくれる袋を捨てずに保存している』

『食パンが入っていた袋って使える!』

『トイレットペーパーが6ロール入っているビニール袋を使う。結構丈夫で大きいから使い勝手がいい』

『新聞紙でゴミ入れを作って使っている』

食パンの入っていた袋やトイレットペーパーの入っていた袋など、適当なサイズで厚さもある袋はゴミ袋としても活躍しそうですね。また肉や魚を買ったときに、持ち手のない透明のビニール袋に入れてからマイバッグに入れる、というママもいるでしょう。レジ袋に比べてサイズは小さいですが、生ゴミ入れとしては十分に活用できるのではないでしょうか。

ゴミ袋は買わずとも工夫次第で解決できる!

地球環境のことを考えると、プラスチックフリーの生活はこれからますます推奨されていくことでしょう。
ママスタコミュニティには、ゴミ袋を改めて買うのではなく「食パンの入っていた袋」や「トイレットペーパーの入っていた袋」などで代用するアイデアも寄せられています。マイバッグを使いつつも、必要なときにはレジ袋を購入するなど、臨機応変に賢く生活していきたいものですね。

文・すずらん 編集・しらたまよ イラスト・んぎまむ

すずらんの記事一覧ページ

関連記事

暮らしの知恵 に関する記事一覧
2020年7月1日から小売店で持ち手つきのプラスチック製買い物袋(レジ袋)が有料に。ママたちの反応は
2020年7月1日からすべての小売店でレジ袋(プラスチック製買い物袋)が有料となることが省令で決まっています。経営者の判断に任されていたレジ袋の有料化が、省令によって一律でスタートすることについて...
お店で出てくる紙のストロー、子どもが使うと誤飲が心配。環境の為にもなる代替案とは?
プラスチックごみが大量に海に流れ出すと、生態系への影響があると懸念されている”海洋プラスチック問題”。この環境問題を踏まえ、今世界的に”プラスチック製品を減らしていこう”という動きがあります。...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
レジ袋有料になってから、みんなゴミ袋はどうしてる?