いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

新1年生の宿題に付き合うのが苦痛。字を丁寧に書けない娘にどう対応すれば……?

新型コロナウイルスの影響で、例年と違う始まりだった新一年生。
我が家の娘の小学校も入学してすぐ休校になったため、6月から本格的な小学校生活がスタートしました。子どもはすぐ新しい暮らしに慣れ元気に学校へ通っていますが、親にとって慣れない習慣が始まりました。それは「子どもの宿題」です。
新1年生の宿題に付き合うのが苦痛。ページ1
毎日必ず持ち帰る宿題のプリントは2枚以上!(しかも両面)子どもがやったものに丸つけをして、間違っているところは丁寧にやり直させ、全部「丸」になってから初めて宿題が完成します。プリントが終わるまで2時間近くかかるうえ、娘の態度にどうしてもイライラしてしまうのです。

新1年生の宿題に付き合うのが苦痛。ページ2

新1年生の宿題に付き合うのが苦痛。ページ3
娘が字をうまく書けないのは怠けてるからではなく、力の入れ具合がわからなかったり思うように手が動かないからだとわかりました。うまく書けない娘にイライラしていた自分に猛省。それ以来、うまく書けなくても「まだまだ練習中」と落ち着いて見守れるようになりました。

文、イラスト・リコロコ

リコロコの記事一覧ページ

関連記事

子どもだけではありません!ママたちも悩む「夏休みの宿題」とは #産後カルタ
筆者が小学生だった30年ほど前は、夏休みの宿題を親がチェックし、丸つけするというルールはなかったように記憶しています。地域や自治体、学校によっても方針が違うのかもしれません。最近の小学生ママ、...
ママたちが望むのは「自由研究」より「お手伝い」。夏休みの宿題調査
小学生の子どもたちにとって1年間で最大のお楽しみのひとつといえそうなのが、夏休みではないでしょうか。たっぷりとある時間を使って思い切り遊んだり、ゴロゴロしてみたり。毎日を自由気ままに過ごせるのが魅...
夏休みの宿題、進んでいますか? 小学生ママたちが立ち向かう「ドリルの丸つけ」や「自由研究」との戦いとは
夏休みの小学生に宿題はつきものです。ママたちのコメントによると最近は、昔よりも親が面倒をみてあげなくてはいけない課題がたくさんあるのだそう。「子どものための宿題なのに、まるで親に出された宿題み...