いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

誰もいないはずの2階から足音がする……不思議な音の原因は?ママたちによる推理

pixta_59418125_M

あなたは家にいるとき不思議な思いをしたことはありますか? あるママは誰もいないはずの部屋から物音がしたような気がすると語っています。一緒に住む高校生の息子さんも確かに2階で足音が聞こえたと証言しているそうで、ママスタコミュニティに相談が寄せられていました。

『誰もいないはずの2階から足音がする。子どもが言いはじめたけど、今日の朝2階に行ったときに変な音がしたような。昨日は換気をするために上がって、朝雨だからまた締めに行ったらなんか音がして「?」と思いつつ気にしなかったけど、さっき足音がすると言われた。
おじいちゃんが建てた古い木造の一戸建てだからなにかいるのかな? わが家は旦那もいないし、高校生の息子しかいない。怖い』

誰もいないはずの2階の部屋から物音がすることに、ママはだんだん恐怖を感じてきたようですね。家のなかで聞こえる原因不明の音に対し、BBSにはどのようなコメントが寄せられたのでしょうか。

物音の原因は「動物」!?

誰もいない部屋からの物音と聞いて、ママたちが真っ先に思い浮かべたのは「動物」がいるということ。なにか動物が外から入ってきて潜んでいるのでは、という可能性を考えたようですね。コメントには家に入り込むイメージのある動物の名前が挙げられました。

『ネズミ?』

『ネズミじゃない?』

『うちの実家の足音の犯人はネズミだった』

『1階と2階の間にネズミとか、イタチとか住み着いてるのかもよ』

『ハクビシンが屋根裏を出入りしてる。ネズミが繁殖している』

『アライグマだな』

『アライグマが住み着いてる』

『アライグマだったら悲惨』

『カラスが屋根の上走ってることあるよね。けっこうな音でビックリする』

『鳥が巣を作ったのだと思う』

ネズミやイタチのような小さな動物は、古い家の壁や天井の隙間から入ってくることがあるそう。またハクビシンやアライグマ、さらにはカラスといった名前も出されていました。カラスのような大きな鳥は意外と足音が大きく、屋根の上にいても驚くほどの音がするようです。

木が鳴っている、隣家の音が聞こえている場合も

また不思議な音は家そのものが出しているのではという意見もありました。柱や壁や天井など、住宅の建材の音が鳴る「家鳴り」という現象はよくあることだそうです。特に古い木造住宅と聞いて、自分の家でも木がきしむような「ミシッ」という音がすると話してくれた人も。

『木造住宅なら家鳴り』

『家鳴りじゃないかな』

『わかる。庭があるから隣の物音なんて聞こえないはずなのに、2階に誰もいないのにミシッて聞こえる。木が鳴った音だと思って昼間見に行く』

さらには隣家の音が聞こえているのでは? との推測もありました。あるママが言うには、子どもの頃に怖くてたまらなかった謎の物音は、今思い返せばすぐ隣の家の足音だったのだそうです。

『隣近所が密集した住宅地だと、ご近所の足音が共鳴して聞こえたりするよ』

『建て替える前の家が、子どもの頃の留守番中、誰もいないはずの2階からミシッと音がすると怖くて家にいられなかった。親が帰ってくるまで外で待ってたなぁ……でも隣の家から足音が響いていたんじゃないの?』

不審者だったら大変!経験者からアドバイスも

ママたちからのコメントには、もしかしたら幽霊やご先祖様など、この世のものではない何かがいるのではと盛り上がる場面もありました。しかし「幽霊ならばまだマシ」だと、もっと怖い存在がひそんでいる可能性を挙げるママもいます。

『逃走犯が隠れてるのかな?』

『誰かいるね。変態か変質者か幽霊か』

もし自分の家に見知らぬ誰かがしのびこんでいるとしたら、もし2階に上がったときに出くわしてしまったら……。想像しただけも恐ろしいですね。実際に人間が隠れていることを想定し、アドバイスをしてくれるママもいました。

『長男さん、次男さんがいるときに知り合いの男性に立ち会ってもらって(すぐ通報できるようにして)2階をチェックしてみる。誰かが入った形跡があったり、誰かがいたら即通報。押入れの中のチェックも忘れずに。あと2階を誰かに歩いてもらいどのくらい音がするかも確認。何もなかったら隠しカメラセットしてしばらく様子をみる。動物かもしれないから』

『うちの祖父の家は農家で、母屋の他に農機具が置いてある物置小屋みたいなのがあって、20年くらい前に無職の家がない人が物置小屋の2階に住み着いてることがわかり警察呼んだよ。
閉めたはずのドアが開いてたり、不自然に物置小屋の荷物がずらされていて、何年も祖父は不思議がってたんだけど、みんな本気にしてなかったら気づいたときには5年ぐらい住み着いてたらしい。被害届をだして、地方にいるその人の親兄弟が謝罪にきたよ』

なんと家の敷地内に他人が住み着いていて警察を呼んだという経験談も。単なる不思議では済まされない事態もあるものですね。

不思議な物音を怖がるママ……その後

さて2階の物音が気になっていたママは、その日はもう暗くなったので確認するのはやめておいたそう。あまりに怖いので寝室のふすまを開け放って部屋をつなげ、高校生の息子さんと同じ空間で眠りについたようです。そして翌朝。

『そのまま寝て、朝見たけど何もなかった』

2階に上ったけれど原因と思えるようなものは「何もなかった」と報告してくれました。ママからはこれを最後にコメントが書き込まれていないため、もしかしたら不思議な物音が気になることはもうなくなったのかもしれません。原因はネズミだったのかカラスだったのか、単なる家鳴りだったのか、それとも……。一晩を恐怖にふるえて過ごしたママが、二度と謎の音に悩まされないことを願っています。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

暮らしの知恵 に関する記事一覧
高齢で一戸建て住まいは苦労する?階段や生活が辛くなったときの対処法
家を購入するとき一戸建てかマンションかをまず考えることになるでしょう。どちらもメリットデメリットがありますが、一戸建てを考えている方は平屋でない場合、階段の上り下りがネックになっている方もいる...
真夏の昼の悪夢?玄関の前に居座るにっくき「アイツ」を誰かなんとかしてください!
誰しも一つや二つ、どうにもならないほど怖いと思うものがあるものです。ママスタコミュニティにも同じような悩みを抱えるママの投稿がありました。 『玄関にセミ、怖くて出られない』 セミ……家の前...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
誰もいないはずの2階から足音がする