いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「なんであんなに夢中になっていたんだろう……」昔は夢中、今は全く興味がないものはなに?

pixta_65402033_M

人生のその時々で、時間や出費を忘れるほどハマってしまうもの、ありますよね。マイブームともいえるこの「夢中になること」の寿命は後から考えると短いもの。熱い気持ちが冷めたあとには、「なぜ、あんなに夢中になっていたんだろう……」と、自分のことなのに疑問を持ってしまうことも少なくないのではないでしょうか。世の中にはマイブームになりそうな魅力的なコンテンツや物があふれています。そこで今回は、ママスタコミュニティに寄せられていた、ママたちがハマったものについてまとめてみました。

冷静になった今、夢中になって使ったお金は怖くて計算できない

夢中になったものに掛けたお金……熱が冷めたあとに考えると、「恐ろしくて計算したくない」と感じるかもしれません。ハマっているときには不思議と財布の紐が緩むんですよね。

『課金ゲーム。課金って後から思うと本当に無意味だったと感じる……』

『フラワーアレンジメント。場所を取るし、お金も時間もかかる。今思うと私には無駄だった』

『某育成ゲーム。なぜあんなに種まき、水やり、収穫に追われてたんだろうか』

『ゲーム全般。今は全くやらない。なんであんなにハマってたんだろう』

『手芸はほんとお金かかる。いくらでもあの空間に居られる』

ストレス発散に一部?食べ物にハマったママたち

なぜか、同じものばかりを欲してしまう、続けて食べてしまうということってありますよね。ある一定の期間食べたら、突然冷めるのも不思議です。

『お酒。やめる前は日本酒毎日4合飲んでた。やめたら快適』

『浅漬け作り。簡単でバリエーション豊富だからハマってたけど、気づいたらやめてた』

『ズッキーニ。見つけると数本買ってたけど、いきなりブームが鎮火した』

『アボガド。アホみたいに食べていたのに一切欲しくなくなった』

『パン作り。はじめは手でこねてた。毎日のように焼いてた。自家製天然酵母にもはまった。でも最近、皮膚炎とか手の怪我とかで気持ちが萎えた』

断捨離時に反省する収集系の趣味……!

冷めた後に猛反省し、現実から目をそむけたくなるのが収集系のハマりもの。部屋の片隅を埋めつくすグッズを見て、過去の自分に問いかけたくなりますよね。

『ご当地ストラップ集め』

『キャラクターもの。買いすぎてしまった……今は、全部いらないと思う』

『100円ショップのグッズで雑貨づくり。家中に飾っていたインテリアブロガーさんも、久々に見たら今はミニマリストになっていてビックリだ』

『マスキングテープ。集めるだけ集めて、満足してしまいほとんど未使用。500本くらいある』

『好きなアイドルのグッズ集め。なんだか突然馬鹿らしくなった』

夢中になっているときには価値を感じるものも、冷めてしまえば無駄なものに感じてしまう経験は、誰でも1度くらいはあるのではないでしょうか。「この分のお金を貯金しておけば……」。そんな気持ちにもなりますが、夢中になっていたときには、喜びや幸せを感じられていたのなら、そう考えるのはなしにしましょ!

文・鈴木じゅん子 編集・しらたまよ

関連記事

あなたは物を捨てられる人?捨てられない人?ママたちの”断捨離”のリアルと整頓テク
家の中の整理整頓は、ママにとって重要ごと。必要な物を見極め、不要な物を手放すという「断捨離」の言葉が、整理整頓のキーワードになって久しくもありますね。断捨離により、シンプルに暮らすのが理想というマ...
洋服の“断捨離”。ママたちの捨てる基準と処分方法は?
洋服は買い足していくとどんどんと保管場所が狭くなってしまいますよね。しかし断捨離しようと思っても「また着るかもしれない」と迷ってしまい、なかなか捨てられないこともあるでしょう。ある投稿者も洋服...
物を捨てすぎて後悔する人も……。気持ちよく「断捨離」するために重要なこととは
みなさんは断捨離したことはありますか? 断捨離は「入ってくるいらない物を(断)つ」「家にずっとあるいらない物を(捨)てる」「物への執着から(離)れる」という考え方のことで、本やテレビ、インターネットな...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
あんなにハマってたのに今はまったく、なもの