いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】夫の連れ子をずっと可愛がってきたけれど、実の母親に取られそう……

私は21歳で今の夫と結婚しました。
当時夫は32歳バツイチ。10歳のひとり娘をシングルファザーとして育てていました。
前の奥さんは私と再婚する5年前に家を出て行ったきり、それ以来ずっと音信不通。

21歳で10歳の女の子のママになるというのは、とてもハードルが高かったです。
「私にできるのかな……」と不安しかありませんでした。
でもそれと同時に、実の母親と半ば捨てられるようにして別れたこの子がとても不憫で、できる限りの愛情を注ごうと、私なりに頑張りました。
夫の連れ子をずっと可愛がってきたけれど、実の母親に取られそう……01
ある日突然、夫のスマホに前の奥さんから電話がかかってきました。10年以上音信不通だったのに、突然の連絡でした。
「最近彼氏と別れて寂しいから、娘に会いたい」と言います。
何をいまさら……しかも、寂しさの埋め合わせに娘を使うなんて……。
しかし、娘にも知る権利があります。
一応伝えなければ、と思い話してみると……

夫の連れ子をずっと可愛がってきたけれど、実の母親に取られそう……02
娘の希望通り、実の母親に会うことを了承しました……。

数週間後。
娘は実の母親に会ってきました。
すごく楽しかったようで、それ以降も何度もお茶をしたりご飯を食べたりするようになりました。会うたびに実の母親が好きになっていくようで、最近では、毎日メッセージのやりとりもしているようです。

でも私には可愛がりたい気分のときだけ可愛がっている、勝手すぎる行動に見えました……。今まで私は世話をして、いけないことをしたらちゃんと叱って、娘の将来のために少しずつ貯金もして……地味な役割だけど頑張ってきたのは私と夫なのに……ともやもやが消えません。
夫の連れ子をずっと可愛がってきたけれど、実の母親に取られそう……03
そして、今度の夏休み、娘は「実の母親の家に泊まりに行きたい」と言いました。
私は行かせたくありません。
もしかしたら、母親との生活が楽しすぎて、そのまま一緒に暮らす……ということになるかもしれないと思ったからです。

娘を取られたくなんてありません。
でもどんなに愛情を注いでも、やっぱり生みの親にはかなわないのでしょうか――
このまま、実の母親が「娘を引き取りたい」と言って、そして娘も「そうしたい」と言ったら、私は身を引くしかないのでしょうか……?

後編に続く。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・Ponko

Ponkoさんの記事一覧

関連記事

【後編】夫の連れ子をずっと可愛がってきたけれど、実の母親に取られそう……
夫の連れ子の娘をずっと可愛がってきた私。 10年以上音信不通だった実の母親が、最近娘に急接近しているのです。 娘はこの夏休み、実の母親の家に泊まりに行きたいと言っています。 本当は行かせたくない...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
【前編】使用済みの生理用品は放置、汚れた下着もそのまま洗濯機へ……旦那の連れ子である娘の衛生観念が低すぎる!
誰しも多かれ少なかれ、相手の生活習慣にびっくりしてしまった経験はあるのではないでしょうか。同居や結婚などで生活を共にすると、相手の行動に衝撃を覚えてしまうこともあるかもしれませんね。 『旦那の連...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
やっぱり本当のお母さんの方がいいのかなぁ。長文です