いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】どんなことも否定する「毒親」に育てられました。でもついついその毒親を頼ってしまう……

IMG_1370
なんでも否定してくる実母に育てられたせいで、自分に自信が持てないママさんがいます。今回も子どもが入園する幼稚園について実母に相談してしまい、案の定、否定的なことを言われてしまいました。このままではずっと実母の意見を聞き続けることになりますから、実母との関係を断ち切りたいそうです。実母に相談するのを止めるためにどうすればいいのか、ママたちがアドバイスをくれました。

もう実母に依存しないための3つのアイデア

物理的な距離をとる

『自分に自信がないのと、親に依存しているんじゃないかな? 本当は距離的にも離れるべきと思うけれど、難しいなら相談するの踏みとどまってみよう』

『自立するために離れた方がいいような? 転勤があるような職場なら希望を出すとか?』

実母が住んでいる場所から遠い場所に住むなど、物理的な距離をとるのはどうでしょうか。何かを相談するときには直接会うことも多いでしょうけれど、遠くに住んでいるとなれば会う回数も減りますよね。そうすれば実母への相談が減ってくる可能性もあります。

最初に旦那さんに相談する

『親に相談せず、ご主人と相談することも大事。うちは親には子どもの相談はせず、旦那と相談。敷地内別居だから親は近くにいるけれど、旦那の愚痴しか言わない』

『旦那さんに協力してもらえば? 今ま母親の意見に左右されているママさんを見てきて、旦那さんは何も言っていないのかな。自分が変わるために小さな不安や疑問も旦那さんと話し合って、意見交換して答えを出して。その答えは夫婦で決めたことだから大丈夫だよ、信じよう。それでまた問題が起きたら、その都度意見交換していこう。これを旦那さんにやってもらう。ママさんも自分の意見を旦那さんに言って、旦那さんの意見もしっかり聞いて』

相談事があったら1番最初は旦那さんに話をすれば、実母に相談しなくても済むのではないでしょうか。ママさんが相談をすれば、旦那さんも真剣に考えてくれますよね。問題を解決できるように話し合っていくことで、夫婦の絆が深まるという相乗効果もあるかもしれません。

全て事後報告にする

『不快になるだけなのに母親に話してしまう。同じです。何か期待しているんでしょうね。どうせ何を言っても裏切られるのに。ママさんと旦那さんで決めてから事後報告でいいかと。なんでも事後報告でいい』

『お子さんのことを相談する相手は旦那さんだよ。実母へは相談ではなくて事後報告』

子どものことや家庭のこと、その他のことでもまずは旦那さんに相談をして、結論が出たら実母に報告するのもいいでしょう。事後報告をしても、その決断に否定的なことを言われるかもしれません。でも旦那さんと2人で決めたことですから、自信を持つことも必要ですね。
ママたちからはこのようなアドバイスがあったのですが、ママさんには不安に思うことがあるようです。

初めは不安でも大丈夫、きっと人生が変わるよ

『母親に何も言われなくなったことを想像したら、逆に大丈夫なのかなと思ってしまいました。連絡を取らないことでも、ものすごく強い意志がないとできないですもんね』

ずっと実母に相談をし続けてきたので、いざ相談をしなくなったら不安になってしまうかもしれない、そういう気持ちがママさんにはあるようです。相談しないというのは簡単そうで、実はとても勇気がいることなのかもしれません。

『私の母も毒親です。私も否定され続けて育ったので、自分に自信が持てませんでした。2年前に父が他界したのをきっかけに、母とは一切連絡を取っていません。最初は罪悪感のようなものがありましたが、母親の顔色を伺う人生から解放され伸び伸び過ごせて幸せです』

母親と離れた後は伸び伸び生活ができているという前向きなコメントがありました。母親から離れると、まるで母親を裏切るような感覚になるためか、罪悪感を持ってしまうケースもあるようですね。でもそれを乗り切ることで、母親の顔色を伺わない自由な人生が送れているそうです。

『ママさんがいいと思う子育てをしていたらいいと思うよ。幼児教室でもお子さんが褒められたんだよね。素直に受け止める方がいいよ』

幼児教室の先生はママさんのこと、娘さんのことをきちんと認めてくれています。耳を傾けるべきは否定的な意見ではありません。優しい声を素直に受け入れて、自信に繋げていけるといいですね。

実母から離れる努力をしていきたい

『行きたかった高校、大学、なりたかった職業、全部否定されて母の言う通り。いつの間にか母の言った通りのことでないと、不安に思うようになってしまいました。みなさんのように自分から離れる努力もできていないのですが、同じような方がいて頑張っているのを聞けただけで、私が甘すぎるのがわかりました。ありがとうございます』

どんなことでも否定をしてくる実母に育てられてきたママさん。心の中では、実母から離れて自分で物事を決めていきたいと思っているのですが、一方で実母の意見を聞かないと不安になってしまうのでは? と心配もしています。なんでも実母に相談をしていた自分を振り返って、ママさんは「自分は甘かった」と気づいたようです。この先、子どものことや家庭のことで悩みも出てくることでしょう。これまでは実母に頼っていましたが、これからは最初に旦那さんに相談をして、一緒に解決していけるといいですね。

文・川崎さちえ 編集・blackcat イラスト・わたなべこ

関連記事

【前編】どんなことも否定する「毒親」に育てられました。でもついついその毒親を頼ってしまう……
子どもの幼児教室の面談で、先生からある指摘をされたママさん。先生にママさん自身の生い立ちや子どもの頃の家庭環境を話す中、ある事実が見えてきたそうです。 『2歳の娘がいます。幼児教室に通っていて、...
「いい大人が親を嫌うのは、精神的に未熟だから!」と言われたら……大人になっても毒親を許せないのは甘えなの?
ひと口に親子と言っても、その関係性は文字通り十人十色。まるで親友のように仲がいいという方もいれば、お互いにまったく連絡を取り合わない方や、相手のことを考えたくもないほど仲が悪い方もいるのではないでしょ...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
毒親に育てられたという自覚がある方