いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

「性格の不一致で限界」と旦那さんから言われた……。離婚するしかない?ママたちの答えとは

pixta_12341302_M

夫婦とはもともと他人同士が家族となるものですよね。互いに育ってきた環境は全くと言っていいほど違うことがほとんどでしょう。それでも夫婦となったからにはその違いをすり合わせながら生活をしていくことになるのではないでしょうか。しかし相手の習慣や癖をどうしても受け入れられないというケースもあるのかもしれません。旦那さんから「限界」と言われてしまったママからママスタBBSにこんな投稿がありました。

『結婚して約7年です。夫から「性格の不一致が限界」「過去のあんなこと、こんなことも実は許せなかった」と言われました。確かに考え方も性格も違うし……。今さら何言っているんだろう? 私が「育ってきた環境がちがうんだから仕方ないんじゃない?」と言うと、更に怒らせてしまいました。なんだか可哀そうになってしまい、離婚するしかないのかな……と思うこともあります。「性格の不一致」を乗り越えた方いらっしゃいますか?』

「性格の不一致」を受け入れるか受け入れないかという不一致

『私もよく言われるし、よく言っている(笑)。離婚してもおかしくないし、しないかもしれないし、よく分からない。だけど笑ったり仲良しだったり、合うこともたくさんある。性格が真逆でぶつかるか補っているかなんだよね。熟年離婚の可能性はある』

『その不一致な考え方が許せなくなるんだよね。昔はそれでも愛があったけど長い年月一緒に居ると嫌なとこばっかり目につくし、嫌な思いまでしてこの先何十年と一緒にいなきゃいけないのは耐えられなくなったんだ』

『限界、我慢できない。まで言われたらもう修復は無理だと思うよ。私も旦那さん側だから旦那さんの気持ちわかるし、今さら相手も変わらないだろうし、今さら変わったところで気持ちは戻らないし、何やってももう手遅れなんだよね』

「この人はこういう考え方の人なのね」と受け入れられるか、「こっちは相手に合わせようと努力しているのに、相手は全然変わらない」と感じるかで、夫婦の将来はまったく違う方向に向かうことになりそうです。

まさにいまが分岐点。相手への愛情は残っている?

結婚生活が長くなると、相手を受け入れようと努力を続けるのに疲れてしまうこともあるでしょう。この疲れを感じたタイミングが、離婚を選択するかしないかの大きな分岐点となるのかもしれません。

『うちはまさに、同居しながら離婚協議中。旦那の離婚理由が、性格の不一致、価値観の違い。私の離婚理由は旦那とは違う。性格の不一致や価値観の違いは、お互いの理解しようとする努力や相手を思いやる気持ちで、少しだけでも改善できる可能性はあるのではないかな? とは思う』

まさにいま離婚協議中というママからはお互いの努力や思いやりで「性格の不一致」を乗り越えられることもあるのでは、とのコメントが届きました。ママスタBBSに投稿してくれたママさんは「夫婦の考え方が違うのは当たり前」だと考えています。でも旦那さんはママさんとは考え方が異なるようです。ママさんから歩み寄って、旦那さんが本当に求めているのはどんなことなのか、もう少し耳を傾けることが解決の糸口になりはしないでしょうか。

話し合う気がない旦那さんなら?

『うちのは話し合いが出来ないタイプです。話し合う必要なんてない。俺の意見が正しい、だそうです』

『話し合いができるご主人であれば、とことん話し合ってみてください。私の夫は話し合いができない人なので』

「性格の不一致」があると夫婦がお互い認めているのなら、論点が明白なので、どうすれば性格の不一致を乗り越えられるのか、すれ違う部分を減らしていけるのかをむしろ話し合えそうです。でも夫婦で話し合おうとしても一方が応じないケースなら……。これでは寄り添いようがありませんね。歩み寄る気のない相手と夫婦でい続けるために、こちらだけが生き方や性格をすべて相手に合わせていくというのは、健全な夫婦のあり方とはいえないでしょう。

健全な夫婦のカタチを探ってみると……

旦那さんは不満を感じた時点で話し合ったほうがよかった

夫婦がどちらかに不満を持った場合は「こうしてほしい」と相手に望むことを具体的に話す必要があるでしょう。言葉にしなければ伝わらないことがあるからです。ママさんの旦那さんは夫婦として関係を続けていきたいのなら「限界」と伝えるぎりぎりまで我慢するのではなく、ママさんに対して不満を持った時点で話し合いを持ったほうがよかったのではないでしょうか。

ママさんは旦那さんの不満を受け流してはいなかったか

一方でママさんも旦那さんが抱えていそうな不満をこれまで「性格が違うのは当たり前」と受け流してはいなかったでしょうか。ママさんがまともに取り合わなかったために、旦那さんが話し合う気力を失ってしまった可能性もありそうです。

話し合う機会を持とう。今後のことは話し合いの後で

ママさんご夫婦はお互いが腹を割って話し合う機会を作ってみてはいかがでしょうか。歩み寄れるところやお互いが譲歩できそうなところを見つけられるかもしれません。ただもし腹蔵なく話し合う機会すらもてないのなら、これから先夫婦であり続けるのは厳しい、と考えたほうがよさそうです。旦那さんかママさん、どちらかだけが我慢する関係は、夫婦として健全とはいえないでしょうから。

文・しのむ 編集・blackcat

関連記事

けんかも「夫婦円満の秘訣」?いつも仲良くするための「夫婦げんか」のルールとは?
みなさんは、どれくらいの頻度で「夫婦げんか」をしていますか? 友人との会話の中でも、夫婦げんかの実態や詳しい内容までは、なかなか聞けないものですよね。ママスタでは、「夫婦げんか」についてのアンケー...
夫婦といえど所詮「他人」。だからこそ抱えるストレス「解消法」をママたちで探る
愛し愛され結婚したとはいえ、あくまでも他人であることはかえられない「夫婦」という関係。共に生活をしていく時間が長くなるといろいろな不満もでてくることでしょう。例えば、靴下を脱ぎっぱなしにすると...
旦那 に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタジアム
性格の不一致