いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

結婚した後で「旦那選びを間違ったかな」と思うママ。その深い理由とこれからママができることとは

pixta_50099220_M
旦那さん選びについて、あるママから投稿がありました。

『旦那選びは、どこで間違うんだろう……。付き合っていたときは最低でも、結婚してもいいかなと思ったし、旦那のこと好きだった訳でしょ!? そしていろいろ気がつく頃には遅いのよね。子どもはいるわ、正社員の仕事を辞めている人も多いし』

投稿してくれたママは、旦那さんに不満があるのかもしれません。旦那さん選びを間違えてしまったと後悔している様子です。ママスタコミュニティのママたちは、旦那さん選びについてどう考えているのでしょうか。

自分が原因!?と思うような理由

付き合っているときに相手のいい面ばかり見ていたから

『付き合ってるときは、良い面しか見ようとしないからねぇ』

付き合っているときには、気持ちが舞い上がってしまうこともあるでしょう。そのため相手の悪い面が見えなくなり、良い面ばかりを見てしまうのかもしれません。良い面しか見ていなかった・見えていなかったことも、結婚後に旦那さんへの不満が生まれる原因の1つかもしれませんね。

「付き合うこと」と「結婚」は違うと考えなかったから

『結婚とお付き合いは違うものだから、付き合うには良い相手でも、結婚となるとまた別の問題なんだと思うよ。そこを考えないで結婚しちゃうと、失敗するんじゃないかな』

『結婚相談所みたいに結婚を視野に入れて付き合っていないもの。結婚と交際は違うわけよ。仕方ない』

お付き合いをすることと、結婚は全く違うとの意見も出ています。結婚をするとお互いに責任が出てきますよね。例えば家族を養うこともそうでしょうし、親戚付き合いなどもしなければなりません。恋愛と結婚にギャップを感じてしまうことが、結婚が失敗と感じる原因になる可能性もありそうです。

感情だけで結婚をしてしまったから

『結婚したい気持ちが強くて相手に好きになってもらいたくて、いろいろ妥協したり我慢しちゃっているのよ』

『好き嫌いは後から付いてくる。感情にまかせて結婚したら失敗しがち』

「この人と結婚したい!」という気持ちや勢いだけで結婚すると、後悔することも少なくないのかもしれません。結婚したいばかりに妥協点が多くなってしまい、後になって「こんなはずではなかった」と感じることもあるのでしょう。

新しい恋愛をするのが面倒だった

『私の場合は情と、新しく恋愛することを面倒くさがったせいかなと。高校時代から付き合っていてすごく楽な関係になっていたから、このままでいいかなと思っちゃっていた』

『私は20歳くらいから付き合って、ダラダラ6年くらいかな。そのまま結婚してしまった』

コメントをくれたママの場合、高校時代や20歳のときなど、若いときから付き合っていた人と結婚をしたようです。長く付き合っていると気兼ねをしなくなったりと、楽な関係になってくるのでそのまま結婚をするケースもあるようです。

結婚した後でやるべきことをしなかった

『元々いい旦那さんもいるだろうけれど、「いい旦那にするには育てる」とか言うよね。好きだけじゃ生活はしていけない』

『選ぶだけで育てないからでしょ』

自分が理想とする旦那さんにするには旦那さんを「育てる」ことが必要、との意見が寄せられました。例えば旦那さんも家事ができるようにしたり、子育てに協力するように仕向けたりするなど、ママたち自身による普段から働きかけも必要なのでしょう。

そもそもはここ!?自分の周りいる男性が自分と似たような人ばかりだった

『間違うも何も、自分と同レベルの人間しか周りにいないわけだから、その中から選ぶのは自然なことだよ。類は友を呼ぶ。間違うも何もない。素敵な男性の目に留まるような環境にいなかったというだけの話だ』

『周りにそのような人たちしかいなかっただけでしょ。似た者しか集まらないのは世の常』

『お互いのスペックもそうだけれど、結局は性根が同じ人同士が結婚するよね』

自分の周りにいる人が自分と同じような考えだったり、職業であったりすることは珍しいことではないようです。旦那さんを選ぶときに自分がいる日常の中から選ぶと、選択肢の幅は広がらないのでは、というコメントがありました。

理想の旦那さんに変えていく努力も必要かも?

付き合っているときには見えない相手の欠点が、結婚すると見えてくることもあります。それによって「相手を間違えたかな」と感じることもあるのかもしれません。一方では「旦那さんを育てていく」必要があるという意見もありました。

結婚した後で旦那さんに不満があるのは、自分が理想としている旦那さんとの間にギャップがあるからでしょう。でもこのギャップは埋めていくこともできますよね。例えば家事を手伝って欲しいならば、家事のやり方や楽しさを教えていくのもいいでしょう。何もしないままならば旦那さんも変わらないので、ママが積極的に働きかけて理想の旦那さんに変えていくのもひとつの方法ではないでしょうか。

文・川崎さちえ 編集・しのむ

関連記事

「理想の家族」って何だろう。子どもの頃の虐待、ネグレクト、家庭崩壊などを経験したママたちが思う理想の家族像とは
皆さんが育った家庭はどんな雰囲気でしたか? もしかしたら、家族と不仲であまりいい思い出がない人もいるかもしれませんね。大人になって家族を持つようになった今でも、子どもの頃の家庭環境が原因で悩みを抱...
気が向いたときにしか育児をしてくれない旦那に悩む新米ママ。旦那ってこんなもの?
産後初めての育児で慣れないことが連発する中、赤ちゃんのために日々育児スキルを上げていくママ。一方「できない」「わからない」と尻込みしてママ任せにしようとする旦那さん。この姿にイライラした経験は、産後の...
旦那さんとの喧嘩の頻度が低くなったきっかけは?環境の変化、子どもの成長……”諦めた”人も!?
どんなに仲がいい人同士でも、ふとした瞬間に喧嘩になってしまうことはあり得るもの。その相手が毎日顔を突き合わせる旦那さんならば、喧嘩の回数が多くなっても不思議ではありません。しかしママたちのなかには...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那選びってどこで間違うんだろう…