いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

あれほど「女の子」がほしかったのに!「男の子」出産後、ママたちの心境の変化は!?

”女の子”がほしかったけれど!「息子」出産後のママたちの心境は?

お腹に宿った赤ちゃんの存在は愛しいもの。一方で、わが子が「女の子」であればママと話が合うハズといった理由で「娘」を望み、しかしそれが叶わず不安を抱えるママもいらっしゃるかもしれません。ママスタBBSには、以下のような悩みが寄せられました。

『私は今第1子を妊娠中で、赤ちゃんの性別は男の子だと言われています。正直女の子がほしかったので、出産準備で女の子のものに目がいったり、出産の報告をする友人の赤ちゃんが女の子だと嫉妬したりしてしまいます。性別で差別して最低な母親ですよね。でもうまく受け入れられず、モヤモヤする毎日です。可愛いと思えるか不安なんです』

同じ不安を経験済みのママも少なくない

今回のトピックを受けて、投稿者さんと同様、思い悩む気持ちを打ち明けるママがいました。

『現在妊娠中で、女の子希望だったけど男の子だと言われた。落ち込んで1ケ月間うまく眠れなかった』

『私も男の子と言われたときはショックで涙が出た』

『私も男の子だったらどうしよう……』

お腹の子に申し訳なさを感じながらも、ママが「女の子」を切望する現実も多くありそうですね。こうした現実を、先輩ママたちはどのように感じるのでしょうか? 投稿者さんの気が引き締まるようなメッセージを贈ったり、共感を示しながら男の子出産後の思いを強く語ったり、BBSのママたちからは数多くのコメントが届きました。

先輩ママが説く「命の重さ」

まずは、投稿者ママが改めてハッとさせられるような、先輩ママからのメッセージをご紹介します。

『気持ちは分からなくはないけど、子どもは親の所有物じゃないよ。元気に生まれてくればどちらでもいいじゃない』

『子づくりして授かっておきながら、女の子じゃなきゃ受け入れられないって、性別で命の重さをはかっているような気がする。それに、出産は最後の最後まで何があるか分かりません。母子ともが無事であることは当たり前のことじゃないんです』

『生きてりゃいい。うちは3人息子だけどみんな愛しい。性別なんかどうでもいい。健康がいちばんだ』

辛辣な意見もありつつ……命にまつわる重要事を真剣に説くママたちの口ぶりからは強い母性が感じられますね。

男の子を生み、息子に”心奪われた”ママたち

女の子を望んでいたけれど男の子を生んだ――出産を終え、男の子育児が始まったママたちは、実際にはどんな思いを抱くのでしょうか?
「女の子がほしい!」、その願望はどこへやら? 出産後、息子の可愛さから目が離せなくなったというコメント続々、です(笑)。

『最低なんかじゃない、自分を責めるな。わが子を目にしたら、可愛くてどうでもよくなるよ。私もそうだった』

『生まれた息子が可愛すぎて、性別とかどうでも良くなっちゃった』

『私もだよ。性別が男の子だと分かった日、帰り道で泣いた。でも生まれてきたら可愛くて。「男の子ってこうなんだ!」という発見がありすぎて楽しい。2人目も男子がいいと思ったくらい。あんなに「女の子を産むぞ!」と思っていたのにね(笑)』

『女の子を産んで、子ども部屋を可愛くしたり、一緒にお菓子をつくったりするのを夢見ていたのに、男の子と分かりショックで……。でも生まれたら男の子も可愛くて溺愛したけど、女の子育児を諦めきれず2人目は産み分け。でも、また男の子でヘコんだけど、生まれればこれまた可愛すぎて! 将来母娘でランチができないのは寂しいけれど、3人目も男の子がいいくらいだよ』

『たしかにファッションは女の子の方が豊富だと思う。でもさ、息子が「ママかわいい、ママとけっこんする」とか言ってくれるの、たまらないよ?
男の子には、女の子にない可愛さがあるし、女の子には、男の子にない可愛さがあって、比べられない程どちらも可愛いよ』

ママにとって「唯一無二」の存在になるわが子

そして、これこそが真理かもしれません! 自分で産み、出会ったわが子は、ママにとって替えのきかない存在に。性別の希望があったことなどケロリと忘れるくらい、ママは「”この子”しか考えられない」と自信満々に主張するのではないでしょうか? 最後は「唯一無二」の存在であるわが子への、ママたちの愛情あふれる投稿の数々をご覧ください。

『最低な母親じゃないです。生まれたら「この子で良かった」と思うから。それが男の子でも女の子でもね。可愛いわが子に早く会いたいですね』

『男の子だと知ったときには私も涙が出ました。かなり正直に言って、現在まで「男の子で良かった」と思うことは一度もなかったです。が、「この子で良かった」とは常に感じています。性別云々ではなく、わが子の成長がすごく楽しいからです。何と言うか……育児をしているうちに、わが子の存在は親の先入観や価値観を越えていきますよ』

『女の子がいいと思っていたけど、生まれてきたのは男の子。これが戸惑うほどの可愛さで、女の子には見向きもしなくなった(笑)。もしも神様に、息子を女の子と取り替えてやると言われても即座に断る』

『私は女の子ママだけど、私だって神様から娘と男の子を取り替えてやると言われても「嫌だ」って即答する。そりゃそうだわ、結局自分の子ならどちらでも可愛いに決まってる』

初めての育児に挑むのですから、妊娠中に色々と思い悩む気持ち、痛いほどよく分かりますが……投稿者さん、今回寄せられた圧倒的多数の「わが子は可愛い」証言を思い切って信じてみるのはいかがでしょうか?

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

「次こそは女の子が欲しい……!」男子三兄弟ママが切実に願った理由
男の子ばかり育てていると、女の子が欲しくなる。女の子ばかり育てていると、男の子も欲しくなる。同性の兄弟姉妹、もしくは一人っ子を育てているママさんなら、そんな憧れを抱いたこともあるのではないでしょうか?...
3人目も希望した性別ではなかった……。誰にも相談できない気持ちを吐き出したママ
お腹の中にいる赤ちゃんが、希望通りの性別ではなかった……。そんな経験をしたことはありますか? そのときあなたはどんなことを感じましたか? ママスタBBSに、3人目の赤ちゃんを妊娠中のママさん...
希望していた性別と違う赤ちゃん。ママたちが感じたこと
1人目は絶対女の子が欲しい! パパが欲しがるから次は男の子がいい! そんな願望はどんなママにもありますよね。五体満足で生まれてくれたらそれでいい……でもやっぱり! と、捨てきれない思いの中で産み分けを...
参考トピ (by ママスタジアム
正直、女の子がよかった…。
女の子を産みたかったママ