いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

多忙な母に保育園の先生から救いの手が!はじめて園で晩御飯を食べた息子の様子は……?

私の仕事が忙しく、初めて保育園の利用時間を越えて、息子を夜も預かってもらったときの話です。

02

保育園の方針で、正式に延長保育を利用するには、事前に利用申請をしなくてはなりません。ですが、先生が私のスケジュールと体力の限界を心配してくれて急遽、夕食まで息子(2歳10ヶ月)のお世話をしてくれることになったのです。
子どもだけでなく親の様子にも目配りをして臨機応変に、惜しみなく協力してくださる。もちろん施設によりますが、私がお世話になっている家庭的保育事業(※)には、このような良さがありました。感謝……!

とはいえ息子が夕食まで私の手を離れたところで食べるのは初めてのことです。

(※)家庭的保育事業
乳児又は幼児を家庭的保育者の居宅、またはその他の場所において、家庭的保育者による保育を行う事業です。
参考:ママスタ保活


どうやら、息子の中でお迎えが遅い事よりも、先生と一緒に晩御飯を食べたという特別感が嬉しかったようで。帰宅してからもずっと先生が作ってくれたご飯の話をしていました。

私は、心細い思いをさせて申し訳ないなという気持ちでしたが、息子にとっては楽しい良い思い出になったみたいです。
改めて、今の保育園にお世話になっていて良かったと思うとともに、一人で晩御飯も食べてこられるようになった息子に成長を感じた出来事でした。

文、イラスト・Ponko

関連記事

小さな子どもは大人よりもずっと多くの音を聞いて疲れるのではと気づいた話
息子ちぃくん(2歳)から、最近「何の音?」と聞かれるようになりました。 例えば「ジュージュー」というフライパンで肉を焼く音だったり、「ジャー」という水の流れる音だったり。彼は音の発生源が何かを知...
長い休み明け。保育園に慣れている子どもの行き渋りはないと思っていたけれど……
息子ちぃくん(2歳)が長い休みを過ごし、久々に保育園へ登園したときの話です。お休みの間、ちぃくんは、家でのんびりする時間を過ごしていました。 家でゆっくりと過ごすことは良いリフレッシュになると思...
発見!親が行きたい場所にお出かけしても子どもは楽しい
2歳半の息子ちぃくんの趣味は砂遊びです。動物園や大きな公園などいろんな場所へ連れて行っていますが、ちぃくんはどこでも砂遊びをします。動物がいようが、楽しい遊具があろうがお構いなし! その場所でし...