いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

小さな子どもは大人よりもずっと多くの音を聞いて疲れるのではと気づいた話

息子ちぃくん(2歳)から、最近「何の音?」と聞かれるようになりました。

例えば「ジュージュー」というフライパンで肉を焼く音だったり、「ジャー」という水の流れる音だったり。彼は音の発生源が何かを知りたいようで、何か音が聞こえるとすかさず私に好奇心をぶつけてきます。

01

しかし、たびたび食い違いが起きています。

02

03

ようやく疑問が解決し、ちぃくんは満足してくれたようでした。

04

たくさんの大きな音があふれる中、ちぃくんが気にしなければ、大人の私なら絶対気にしない音でした。子どもはこんなわずかな音まで、他の音と同等に大事な情報として気にしているのだと知り、驚きました。

この件を保育園の先生と話題にしたところ「子どもは敏感で、大人よりもずっとたくさんの音を拾ってしまうので。ずっと音を聞き続けて疲れてしまわないように、静かなところで休ませてあげることも必要なんですよ~」と教えてくれました。たしかにわずかに聞こえる小さな音にまであれほど意識しているなら、音の多い環境にずっと居続けるのは大変だろうなと感じました。

ただ……。

05

母の呼びかけにだけは、上手に聞こえないふりをすることがあるんですけど。
それこそすぐに反応してほしいんだけどね? ちぃくん!(苦笑)

文、イラスト・Ponko

関連記事

「イヤイヤ期だけど思い通りにお世話したい」がママのストレスと気づいた話
2歳4ヶ月の息子・ちぃくん、イヤイヤ期真っ盛りです。 食事、お着換え、お出かけ前の準備……お世話のひとつひとつで拒否をするちぃくんに、私はあの手この手で繰り返し対応します。ちぃくんがすんなり受け...
育児疲れMAXのママに届いた、思わぬ人からの手紙
第一子の娘を出産した時の話です。 娘は、自分にとって初めての子ども。生まれた直後は、新鮮な驚きと感動に満ち溢れていました。可愛くて可愛くて仕方がなくて、頻回授乳や深夜のグズりで寝不足になっても全...
【ダメパパ図鑑】イヤイヤ期の子どもに我慢を教えたいのに積極的にカプセルトイにハマるパパ
欲しいものの前で泣いて暴れて大変だった時期が続き、このままでは我慢できないワガママな子に育ってしまうのではないかと不安でした。しかし今ではカプセルトイを見ても素通りできるまでに...