いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

2人目不妊で悩んでいた私の気持ちを軽くした「のんびり屋の赤ちゃん」


周りのママ友は2人目ラッシュ!気のせいかもしれませんが、2人目を妊娠しているママがとても多いように感じ、焦る気持ちが隠せません。
ママ友からの何気ない「Aちゃんのところは、2人目まだー?」の一言に「あ~……ウチはまだこの子で手一杯だから~」なんて返していますが、心の中では2人目が欲しくて欲しくてしょうがありません……。最近は羨ましい気持が「嫉妬」に変わってきてしまい、公園に行くのも2人目妊娠中のママに会う気がして憂鬱になってしまいます。
「子供が1人いるんだから、そんなに悩まなくても」とも言われますが、2人目不妊は1人目とはまた違った意味で辛く、不妊治療をするにしても子供がいることで色々行動に制限が出てきてしまうので、うまく動けず、それがまたイライラの原因にもなっていました。

そんなとき、昔からの友人(3人のベテランママ)と会う機会があり、何気なく2人目ができないことを話すと―――


お空にいる私の2人目の赤ちゃん……。のんびり屋さんなのか……と想像すると、なんだか気持ちがほっこりしました。まだ見ぬ赤ちゃん……ママは待っているからねーー! できるならなるべく早めにお願いします。

脚本・渡辺多絵 イラスト・いちと

関連記事

下の子どもが生まれても「赤ちゃん返り」なし?と思ったら1年後にやってきた長女の話
妹が泣けば慌ててママに知らせてくれ、おっぱい後のゲップや、沐浴、おむつ替えも積極的に参加。うつ伏せができるようになれば、自分も同じ目線になって一緒に遊び、お座りができるようになれば後ろから抱えて抱...
ママが下の子を出産で入院。「私がしっかりしなくちゃ……」流せなかった涙を手紙の中に託した長女
長女が7歳、次女が4歳のときに三人目を出産することになった私。妊娠~出産までの道のりは長く、それぞれの週数で大変なことがたくさんありましたが、きょうだいがいるときの「出産」で一番心配なのは、「ママの入...
ずっと覚えておきたい子育ての記憶。始めてよかった“育児絵日記”のすすめ
文、イラスト・いちと...