いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

赤ちゃんが生まれても変わってくれない旦那。ママが心掛けたいことは?


妊娠中にお腹で赤ちゃんを育ててきたママとは異なり、赤ちゃんが生まれてもなかなかパパとしての自覚がない旦那さんにイライラを募らせるママもいるかもしれません。赤ちゃんのお世話に積極的でないパパを前に、ママはどうしたらいいのでしょうか? これまで1000人以上のママの悩みに寄り添ってきた助産師の太田愛さんにお話を伺いました。

prof_otaai

パパとしての自覚が芽生えるのは、ママより半年ぐらい遅れてから

妊娠してお腹が大きくなったり、胎動を感じたりと体の変化を感じるママに比べて、パパは、親として意識し始めるのは妊娠中期以降であると言われています。また、赤ちゃんが笑うなどの反応が出る生後2〜3カ月頃や、もっと遅い人は赤ちゃんが「遊び」ができる6カ月頃から自覚が出てくるとも言われます。
女性に比べて男性は、普段の会話の中で妊娠や出産について話す機会が少ないのでパパとしての自覚が芽生えにくく、ママが赤ちゃんの存在を実感してママらしくなっていくことに、戸惑いや無力感、孤立を感じるパパも中にはいらっしゃいます。

妊娠中からパパとママになる準備を

産後パパとしての自覚がなかなか芽生えないのは、妊娠中の準備不足が原因かもしれません。妊娠中から夫婦でどんな家族を作っていきたいかを話し合ったり、ママのお腹に触れて胎動を感じたり、お腹の赤ちゃんに話しかけたり、妊婦健診のエコーで赤ちゃんの様子を見たりすることによって、少しずつパパとしてのイメージが湧いてきます。妊娠期間中に夫婦で一緒に準備していくことで、お互いパパとして、ママとしての自覚が芽生え、夫婦としての気持ちの繋がりも深まっていくと思います。

ママからパパへ言葉にして伝えることがカギ

そうは言っても、旦那さんの仕事が忙しくて妊婦健診にいつも1人で行っていた、両親学級に一緒に参加できなかった、自分も忙しくて産休まで仕事詰めだった、旦那さんがお腹を触って赤ちゃんが動くのを実感する時間が持てなかったなど、妊娠中にパパとママになる準備ができなかったという方もいらっしゃると思います。そして産後から怒涛の育児が始まり、ママは大忙し。育児や家事に関わりたいと思っているパパも、家に帰ったときに寝不足で疲れているママに声をかけづらく、あまり関わらない方がいいんじゃないかと思って、あえて何もしないことがあるかもしれません。

では、解決のために具体的にどうすればいいのかというと、「私がこんなに大変なのになんで気づかないの」とイライラする前に、ママからパパにしてほしいことを言葉にしてみてください。ママからすると「え、私から言わないといけないの?」と思われるかもしれませんが、パパは家庭の状況を見て、ママがしてほしいことを察して、自分から行動するということはなかなか難しいです。ママから発信することで最終的にはいいサイクルになるので、最初の一歩だけはママから踏み出して、パパに伝えてみましょう。

もし言いづらいときには赤ちゃんを巻き込んで伝えるのも手です。「パパがオムツを変えてくれると嬉しいね」とか、「パパに遊んでもらうと楽しいね」など赤ちゃんの気持ちを代弁して言うのもいいと思います。

パパへの伝え方にも一工夫を


よく例えとして出す話なのですが、ママが夕食後赤ちゃんに授乳して、お風呂に入れて、お風呂上りにお世話をしているとします。赤ちゃんのお世話に時間がかかり家事は追いつかず、食べ終わった食器もそのまま。そのときパパが帰ってきました。「食器洗ってくれる?」と言うと、パパが洗ってくれました。でも洗ったあとの床がびしょびしょ……それを見たとき、あなたなら何と言いますか?

実際には心の中で「床が濡れてるよ、こんなんじゃ床を拭く手間が増えた」と思うかもしれませんね。でもまずは「洗ってくれて本当に助かった」と感謝の気持ちを伝えてみてください。その上で「床が濡れていたら拭いて欲しい」「食器を洗った後は床が濡れていないか確認して欲しい」と伝えることがポイントです。

周りを頼ることや話を聞いてもらうことは悪いことではない

産後のママは24時間365日、赤ちゃんが寝ているときも息をしているかなと心配して、月齢が進んだら危なくないかなと気を張っていますよね。気が抜けない緊張感やしっかり育児しなきゃという無言の重圧に押しつぶされそうになりながら頑張っているママもいると思います。産後は授乳や赤ちゃんの泣きで寝不足な上に、悩んだり、不安になったり、ときにはイライラすることもあるでしょう。

でも、子育ては一人では決してできないので、パパや周囲の人やママ友を頼ったり、話を聞いてもらったりすることは悪いことではないですよ。悩んだり不安になったりするのは、子どものことを真剣に考え、大切に思うからこそ。笑ったり、悩んだり、色んな気持ちを経験しながら、子どもと一緒に成長していけるといいですね。

私が関わっている「産婦人科オンライン」では、このような妊娠中から産後の旦那さんとの関係についての相談も含めて、妊娠中から産後に関することをスマホで気軽に医師や助産師へ無料で相談いただけます。現役産婦人科医や助産師が丁寧にお答えるこのサービスは、どんなに些細ないことでもご相談いただけます。不安なことがもしあれば、ぜひ利用してみてください。

産婦人科オンラインの利用方法はこちらから。

取材、文・山内ウェンディ 編集・井伊テレ子 イラスト・みとうさゆ

関連記事

妊娠中の服薬や産後の気分の落ち込みまで。ママの不安な気持ちを医師に相談できる「産婦人科オンライン」とは?
妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことや自分の体のことなど、ちょっとしたことも不安になりますよね。誰かに気軽に相談したいけれど、妊娠中は信頼できる人に相談したいもの。そんな妊娠中を含めた産前産後のさま...
育児に関することは何でも私がやらなければいけないの?旦那さんへのママの不満が爆発!
子どもが生まれた瞬間から、ママは赤ちゃんのお世話で自分のために使う時間などほぼない生活がスタートしますね。それに加えて掃除・炊事・洗濯まで、とにかくママたちの日々は大忙しになるでしょう。赤ちゃ...
旦那の失言「胎動が気持ち悪い」。マタニティ中の”夫婦の温度差”を先輩ママが考察!
妊娠5~6ケ月頃から感じる「胎動」は、ママにとって赤ちゃんの存在を実感できる幸福なもの。しかしママスタBBSでは、そんなママの幸福感を台無しにする一言を放った旦那さんについて、投稿が寄せられました...