いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

街行く女性のガニ股歩きにガッカリ!?ふとした瞬間に見られている「ガッカリポイント」とは

pixta_40770308_M
服やメイクをおしゃれにキメた日は、いつもよりも美しく見られたい! というのが女ゴコロ。しかしどんなに表面だけを美しく固めても、ふとした瞬間に「ガッカリポイント」が生まれてしまうことも……。人によってガッカリポイントはさまざまかもしれませんが、今回ママスタコミュニティにて話題に上ったのは歩いているときの「あの行動」でした。

『ハイヒールを履いて、服装も決めて歩いている人はたくさんいますが、スタイルがよくてもガニ股歩きをする人はちょっと……。ママなのか独身の方かわかりませんが。歩き方って意外と注意していないよね』

投稿者さんが注目したのは、歩くときにガニ股になってしまっている女性について。ひょっとしたら、これを読んで「まさか、自分のこと?」とドキッとした方も少なくないのではないでしょうか。自分が歩いている姿を見る機会は意外と少ないものなので、誰しも自分のガニ股には気づきにくいものなのかもしれませんね。この投稿に対して、ママたちからはさまざまなコメントが寄せられました。

ガニ股の女性は意外に多い!?ママたちの目撃談

『たまにいるよね、本人は全く気付いていない』

『いるいる。電車内でも油断して、足を開いて寝ている人がいるよね』

『今はどうかわからないけど、数年前の日本人女性は、「メイクやファッション、持ち物は気にかけるのに歩き方が汚い」と言われていたそうだよ。つま先の向きだけで変わるから、気を付けている。あと、それを聞いてから外国人女性の歩き方に目が行くようになったけど、どんな人であっても、膝やつま先が外に向いた歩き方は不細工。日本人は、腰が張っているからか、極端に内股が多い気がする』

『洋装でも目立つけど、和装だともっと目立つのよね。バレエを習っていた友だちは、歩くときにつま先が外側に向いていたな……でもガニ股ではない』

まずご紹介したのは、「自分も、街でガニ股の女性を見たことがある」というママたちの目撃談。どんなにメイクやファッションを小ぎれいにまとめても、歩き方ですべてが台無し……なんてことにもなりかねません。また和装のときにはガニ股はさらに目立つという意見を出してくれたママさんもいました。せっかく美しい和装に身を包んだならば、それに見合うような歩き方をしたいものです。
ひざやつま先の角度に気を付けるだけでもだいぶ印象が変わるようなので、自分がガニ股かもしれない……と気になる人は、意識しながら歩いてみてはいかがでしょうか。

ガニ股も気になるけれど……足元といえばアレも気になる!

『ガニ股、わかる。あと、カツカツカツ! みたいなやたら足音がうるさいやつ。「育ちが悪いでーす!」って言いながら歩いてるようなものだよね』

『ヒールじゃなく、サンダルやパンプスでも、サイズが合っていないのか何なのか、ぺったぺったぺったぺった……と歩く人がいるけど、だらしないなぁと思ってしまう』

『ヒールでも、ピンの部分が細いものと太いものでは、カツカツの音が違うのかも。細いほど、カンカンとかん高い感じがするような気がします』

『アパートの階段でカンカンとよく響くよね。その音が気になって、引っ越ししたママ友がいたよ』

ガニ股談議が白熱する中、ママたちが注目したもうひとつのガッカリポイント。それは「靴の音」でした! 上品なコツン、コツンという音ではなく、まるで相手を威嚇するかのようなカツカツ! という音や、サンダルやパンプスのぺたぺたという音がどうしても気になる……と告白してくれたママたちが多数見受けられました。中には、ママ友がその音のせいで引っ越しをしたというママさんまで。
ガニ股は、気になっても見なければそれで済むもの。しかし靴の音の問題というものは、一度気になったら止まらない上になかなか根深いものなのかもしれません。特に気になる方は、街で見かけたらガニ股と同じように思わず目で追ってしまうのではないでしょうか。

せっかくキレイなのにもったいない!細かな仕草、意識的に目を向けたい

『何故でしょうね。もったいない』

『せっかく可愛いのに、歩き方で台無しだよね。もったいないなーと思う』

『ガニ股の女の人は下品に見える』

ガニ股も靴のカツカツ音も、せっかくの美人が台無しに見えてしまう! という意見もたくさん見受けられました。どちらも悪い意味で注目を集めてしまう「ガッカリポイント」になりかねません。「ひょっとして、自分も……?」と思い当たる節がある方は、少しずつ意識してみるとさらにキレイに見えるかもしれませんね。
「常に美しくありたい」という気持ちを持つ女性は多いもの。しかし、どんなにメイクやファッションを研究しても、ふとした瞬間にその美しさが少し損なわれてしまうこともあります。立ち姿やしぐさ、振る舞いなど、普段は無意識のところへ意識的に目を向けることで、さらに美しい女性になりたいものですね。

文・motte 編集・しらたまよ

motteの記事一覧ページ

関連記事

斜めがけカバンで気をつけたい「パイスラッシュ」とは?
肩にかけられて両手が空き、背中に背負うリュックとは違っていつでも荷物に手が届く斜めがけバック。胸の谷間にヒモが通っている状態で使う方も少なくないでしょう。ただし、胸の谷間にヒモが通るために胸の膨らみが...
長すぎるスピーチから泥酔騒ぎまで……わたしが見た最悪な結婚式!
結婚式にお呼ばれする機会も多いかと思いますが、特に記憶に残っている式はありますか? もちろん良い式もありますが、印象が悪い結婚式も記憶に残っちゃいますよね。そこで、今回は「わたしが見た最悪な結婚式...
アラサーで膝上キュロット&生足はNG?女目線のファッション査定
年齢を重ねていくと、どうしても若い頃に着ていたような服装を躊躇してしまうこともあるのでは? 年齢的に、どこまでがOKでどこからがNGなのかと悩むこともきっとあるはず……。あるアラサーの女性も、...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
style良くてもがに股歩きは