いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

キラキラなママ友と自分を比べて落ち込んでしまう……悩める投稿者さんに贈られた温かいエールとは

pixta_30440739_M
自分と誰かを比べて落ち込んだ……という経験は、人間だれしも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。特に相手と自分の共通点が多ければ多いほど、どうしても比べてしまいがちなものかもしれません。今回は、同じ歳の子どもを持つママ友さんが羨ましく感じてしまうというママさんの投稿をご紹介しましょう。

『知り合ったママさん、年子3人のママ(1歳、2歳、3歳)。仕事バリバリの可愛いママ。エリート勤務の旦那さん。セレブなマンション住み。ご実家近隣で毎日夕飯。生後6ヶ月から保育園』

『私、双子のママ。専業主婦。一般企業の旦那。賃貸マンション。実家は遠方』

『小児科の検診で出会って仲良しに。ママ友さんの育児は夜と土日のみ。昨日は検診で、1日休みで育児をして疲れたからマッサージとネイルに行くとのこと。ご実家に預けての全身アロママッサージらしい。誘われたけど、私には考えられない大金! 行けるはずもなくお断りしました。「息抜きしなきゃダメよ」と声をかけてくれても、私は子どもを置いてまでエステやマッサージとかに行く気にはなれない性分です。双子の育児は本当に大変ですが可愛いです』

『だけど最近なんだかすごく虚しくなってきて……お金も時間も自由気ままに、キラキラしているママ友さんの毎日のラインの写真が羨まし過ぎて泣けてきます。どうしたらいいのだろう。どんどん落ち込んで泣いてばかりいます。人を羨む卑しい気持ちの自分が嫌いです』

子どもの検診で知り合ったママさんのことが、どうしてもキラキラして見えてしまうと語ってくれた投稿者さん。仕事でのキャリア、配偶者の年収、休日の過ごし方……さまざまな点で劣等感を抱くとともに、そのママ友に対して妬むかのような気持ちを持ってしまう自分が嫌だと、素直な胸の内を吐き出してくれました。

わかる!自分も同じ気持ちになってしまうことがある

『その気持ちわかるなぁ。自分にないものを持ってる人のこと、羨ましいって思う気持ち。そして自分の現実には満足できなくて比べて勝手に落ち込むんだよねー。まさに今の私もそんな感じだよ。人と比べても仕方ないってわかっているのにね。投稿者さんのことを羨ましいって思っている人もいると思うよ。そして、その人も同じような悩みを持っているかも。そのママ友だって、幸せそうに見えても実際はわからないよ』

『私は、みんなが遊び放題なときに結婚をして子どもを産んだから、友達がどこどこ行った~とか、誰と遊んだ~ってのを見るのが辛かった。我が子はめっちゃ可愛いから、産んだことや結婚したことはもちろん後悔はしてないけど……。今は子どもたちも手が離れて、自分の自由な時間が取れているから、1人でのんびりしたり旦那と出かけたりして日々過ごしているよ』

『わかる。昔は定期的に私もそんな気持ちになっていたけど、最近はないかもしれない。何でだろうって考えてみたんだけど、私の場合は下の子がある程度大きくなったから(3歳)、外に出かけることも増えてきたんだよね。それまでは家にばかりいたかな。上の子は小学生だから日中はいないし、その間に外に出るって言っても公園で遊ぶとか近くをお散歩したりする程度。おやつを買って、遊んで食べて帰る。それだけでも自分の気分転換になるし、お金もかからないって些細なことなんだけどね』

悩める投稿者さんに対して、まるで励ますかのようにママたちからは「わかる!」という共感の声が聞こえてきました。自分にないものを持っている人を見て、自分の現状と比べて落ち込んでしまう……というのは、誰にでもある感情なのかもしれません。

人は人、自分は自分!自分だけの幸せを見つけよう

『子どもが健康で、家族が幸せならいいじゃない。幸せは比べるものじゃないよ』

『人と自分を比べないほうがいいよ。この先、お子さんの学力や、運動神経、ビジュアル……いろいろ比べていくつもり? その度に、一喜一憂するの? そんなの自分が苦しくなるだけ。あなたにも、あなたのお子さんにも、そのママ友にはない良さや楽しみ方や幸せがあるはずよ。どうしても羨んで辛いなら、そのママ友から、そっと距離を置くといいよ。比べてばかりだと、あなたの目が霞んでしまって、あなたのお子さんが持っている本当の良さに気付かなくなってしまうよ』

『私も普段はボーっと生きているけど、人は人。私は私。ってことは常に胸に刻んで生きているよ』

「人は人、自分は自分!」と、投稿者さんの背中をどーんと押してくれるかのような温かいアドバイスも続々と集まりました。「幸せは比べるものではない」と愛のある言葉がズラリ。力強く励まされそうですね。

どんな境遇にいても、自分の心持ちひとつで感じ方は変えられますよね。毎日小さな幸せを数えながら過ごすことが、幸せにいるコツなのかもしれません。

文・motte  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

独身の友達がうらやましい……若くして育児している私は負け組なの?
育児や家事に日々追われていると、今の生活に疲れて現実逃避したくなることってありますよね。ママスタには、若くして結婚し子どもがいるママの叫びが寄せられていました。 『現在25歳。毎日の育児が大変で...
実家に頼れるママがうらやましい……孤軍奮闘するママの内なる叫び! #産後カルタ
子育てにおいて心強い味方となるのが、子どもにとってのおばあちゃんやおじいちゃんではないでしょうか。実家や義実家が近くにあるママはどうしても人手が必要になったとき、おばあちゃんにお手伝いをお願い...
行事がある度に “良い”洋服を購入するママ友。「お金ない~」のじゃないの?
子どもの園や学校では入学式をはじめ、保護者会やPTAの式典、卒業式などさまざまな行事がありますよね。ママもその都度どんな服装で行けばいいかと悩むのではないでしょうか。ある投稿者はママ友が行事の...
参考トピ (by ママスタジアム
【自由なママ友】羨ましい限りで泣けてくる