いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

実家に頼れるママがうらやましい……孤軍奮闘するママの内なる叫び! #産後カルタ

正直

子育てにおいて心強い味方となるのが、子どもにとってのおばあちゃんやおじいちゃんではないでしょうか。実家や義実家が近くにあるママはどうしても人手が必要になったとき、おばあちゃんにお手伝いをお願いすることができるでしょう。しかし、実家も義実家も遠方でなかなか気軽にお手伝いを頼むことができないママもいますよね。例えば、筆者は関東住まいで、実家は九州、義実家は東海なので、お手伝いが欲しくなった当日に電話ひとつでお願いすることはできません。日々、育児を”ワンオペ”で担うママにとっては、気軽にお手伝いを頼むことができるママがうらやましくなることもあるようです。

『大体、週1で実家に帰る。家事育児疲れたなーと思ったら、実家へ。ご飯作りなくないなーと思ったら、実家へ。子どもの世話したくないなーと思ったら、実家へ。周りはそんなのばっかだわ』

「正直、うらやましい……」頼れる実家・義実家をもつママたちへの羨望の声

『実家が近い人うらやましい』

『私の周りにもそういう人ばっかり。楽できて羨ましい』

ストレートに実家に頼れることをうらやましいと感じるママの声がありました。筆者のママ友さんの中には、同じマンションの別の部屋にママの実家がある、というマンション敷地内同居、というママがおられます。まさに”味噌汁が冷めない距離”ですよね。この話を聞いたとき、ママさんご本人を前に思わず「うらやましい!」と声に出てしまいました。楽ができるならどんどんやっちゃいましょう!

『無駄なストレスはない方がいいから甘えられる時は存分に甘えていいと思う。羨ましい』

育児において、ママがストレスを溜めてしまうと子どもに良い影響は出てこないでしょう。ママが心に余裕を持つためには、頼れる存在にはどんどん頼っていいのではないでしょうか。

頼れる実家がある=”優雅に子育てできる”ではない?

『旦那飲み会で夕飯作るの面倒くさいときは実家行っちゃうな。流行りの服も着ないしママ友とランチもしないし、おしゃれ料理なんて私には縁がない』

頼れる実家があるママさんからは、実家に頼ることができるからといって、決して優雅ではない、というコメントがありました。ママにとって実家に行くことは、ちょっとお茶をする息抜きのような感覚かもしれません。

『私は週1で実家に行ってるけど、行かないと催促か家に両親が来るから行くだけだし。確かに夜ごはんは作らなくていいのは週1だけどありがたいね!』

ママが実家へ行く理由の一つに、「催促されるから」という切実な事情があるようです。実家に行かなければ、自宅にご両親がいらっしゃるのだとか。これは避けたい(汗)! 自宅への来襲(?)を避けるには行くしかないですね。

頼れる場所・頼れる人がいたら子育てはもっと楽になる!切なるママの声

『みんながそんなふうにできたら虐待なんてなくなるのかな』

育児の真っ最中であるママさんすべてに頼れる場所や頼れる人がいれば、子どもが被害者になってしまう悲しい事件はなくなるかもしれない、という声がありました。ママがひとりで育児の悩みや負担を抱え込んでしまわないように、頼れる存在にはどんどん頼っていきたいですね。

『それが理想だったけど、去年とうとう実家がなくなったからわたしはどこにも行く所がないわ。だけど、旦那が子どもの世話もしてくれるからのんびりする時間も持てている。でも、実家でのんびりしてたあのころは幸せだったなー』

悲しいことですが、頼れる実家があったのに、なくなってしまった、というママがいました。同じようにもう頼る実家がない、というママもいるでしょう。頼れる実家がなくなっても育児の負担を旦那さんと分けあうことで、ママが心の余裕を持てるようです。育児の理想的な形のひとつですね。

頼れる存在がいるならどんどん頼って!一時保育や公的サービスを利用する方法もあり

筆者は近くに頼れる実家や義実家はありません。その代わり幼稚園で知り合ったママ友さんたちが日々の育児を支えてくれています。幼稚園から帰ってきた後は公園でお友達と日が暮れるまで遊びます。そのとき、公園に集うお友達それぞれを、ママさんたちみんなが目をかけたり一緒に遊んだり。時には我が子よりもお友達のお世話をすることがあるほどです。ママたちは一様に「我が子と1対1はきつい。たまにはよその子と遊びたい」と言います。いい育児の循環ができているのかな、と感じています。

筆者はかなり恵まれた環境にいるのでしょう。ママ友さんに頼ることができなくても、保育園の一時保育を利用したり、自治体の社会福祉協議会などが展開しているファミリーサポートを利用すれば、ママがワンオペ育児から解放される機会は得られるのではないでしょうか。育児のストレスでママがママ自身を追い詰めないために、頼れる存在を見つけてくださいね。

文・しのむ 編集・しらたまよ イラスト(産後カルタ)・はなめがね

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

「実家に帰ることが楽しみじゃない……」そのワケとは?
長期休みを利用して、実家に帰省する人も多いですよね。久しぶりに両親や兄弟と顔を合わせ、ホッと安心できる時間を過ごすことを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。けれど「実家への帰省」を誰もが楽し...
実家に頼るママ友が気になる心理 良いこと?頼りすぎ?正直羨ましい?
あなたのまわりには、実家をよく頼っているママ友はいますか? ママ友がママ友自身の実家を頼っていることなのであくまで「よその家庭の事情」のはず。それなのに、なぜか気になってしまう……そんなママが...
「汚義実家」「汚実家」への帰省に頭を悩ませる嫁たち
生まれ育った実家と勝手が違う義実家。嫁いでみたら、家の中がとんでもなく散らかっていた! 義母が掃除が苦手な人だった! 片付けられない女だった!……なんて話は、ママ友との会話でもよく出てきます。 ...
参考トピ (by ママスタジアム
今ドキの子育ては、実家に頼って優雅にが基本