いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

アラサーでもギャル風メイクがやめられない!このままでもいい?やめどきは?

pixta_34894002_M

みなさん、メイクはいつごろから変わっていませんか? こだわりがあってずっと変わっていない方もいれば、流行を取り入れて少しずつ変えている方もいることでしょう。自分自身で納得したメイクであれば問題ありませんが、ある投稿者はメイクが若いころから変えられないことについて悩んでいます。

『若いころから、人気だった歌姫のようにギャル系の化粧をしていて、35歳を過ぎた今でもメイク方法は変わっていません。もう良い年なのでカラコンしないでマスカラのみ塗って薄化粧をしたことがあるのですが、旦那や子ども、周りの人に「違和感ある! 前のメイクがよかったのに~! カラコンとつけまつげして欲しい!」と言われたので結局やめられずにいます。カラコンとつけまつげをするだけでも美人風に見えるらしく周りの人の態度がかなり変わります。しかし、年齢的にもおばさんなのでやめたいのですが、元の顔が地味でパッとしない顔立ちなのでやめられずにいます。どう思いますか?』

年を重ねるごとに落ち着いたメイクをしたいと思っていても、周りから「いつもの濃いメイクがいい」と言われると気持ちが葛藤してしまいますよね。この投稿に、ママスタBBSではたくさんのコメントが寄せられたのでご紹介します。

濃い化粧から薄化粧に変えた経験談

『私も独身のころはつけまつげ必須で、ないと無理だし「いつまで自分はつけまつげを付けるんだろう」と思っていた(笑)。マツエクにしてつけまつげやめて、マツエクもとったりつけたりで付けないときの爽快感で今も付けず、もうずっとどちらもしていないけど、慣れだよ』

『私もそんな感じだったけど中学と同じ感じの化粧しているのがすごい恥ずかしくなっていった。カラコンはするけど縁なしのやつ。マツエクもバサバサじゃなく50本くらいにした。自分に合っていてもやっぱり流行りのメイクとかあるし、変えてないと恥ずかしいよ』

年齢を重ねるとともに、年相応のメイクで落ち着いたというコメントがありました。「似合っていたとしても、時代に合わせてメイクを変えていかないと恥ずかしいと感じた」という声も。

自分が気になるのならナチュラルなメイクを目指そう

『似合っているならいいんじゃない? 自由だよ。年齢とか気にしない』

『メイクした目を見たい。汚い感じならやめた方がいいし』

『カラコンは本当に浮くのでやめた方がいいよ。つけまつげも、マツエクにした方が自然。アイライン一つでも年取ると違和感あるから、ナチュラルに移行した方がいいよ!』

『マツエクにしたら?ナチュラルの』

自分の顔に今しているメイクが似合っていればいいのではないかというコメントもありましたが、反対に年齢を考えてナチュラルメイクにした方がいいというコメントもありました。つけまつげをまつげエクステに変えると、化粧の雰囲気を変えないままナチュラルになるというアドバイスもありましたよ。

化粧をした方がいいのは当たり前?見慣れればそれも良さに変わるかも

『そりゃカラコンとつけまつげすりゃ、顔が違うの当たり前』

『メイクの有無の差が大きいだけで、メイク変えて数日もすれば周りも見慣れてくると思うよ。美容院行って「あれ? 髪切った?」と最初は言われるけど、数日たてば何も言われなくてなるでしょ』

『周りからの意見をすごく気にするタイプみたいですね! でもね、数日経てばそんなに周りから言われることもなくなるはず。もしまた「厚化粧の方があなたらしい」「前の方が良かった」なんて言っている人がいたら、あなたのことを小馬鹿にしているのかなと思う。子どもたちには、適当に返せばいい。ただ厚化粧が見慣れているだけだよ』

『まずはカラコンを徐々に幅が小さいものや、柄が入っていないシンプルな物に変えていく。どうしてもカラコンしたければ最終的にはディファイン! つけまつげも同様、徐々にナチュラルなものに変えていく。こうすれば、周りは違和感を覚えずに慣れてくるよ!』

化粧をすれば顔が変わるのは当たり前。旦那さんや子ども、周りの人たちは見慣れているメイクに違和感を覚えないだけで、新しいメイクにして時間がたてばそちらが自然になってくるというコメントもありました。自分の中で急に薄化粧にすることに葛藤があるのなら、少しずつメイクを変えていくといいのではないかというアドバイスも。年齢とともにメイクでカバーが必要な箇所は変わっていきます。今の自分自身に合ったメイクを目指せると素敵ですね。

文・物江窓香 編集・木村亜希

関連記事

メイクに気合が入る場面は「家族で出掛けるとき」!?ママが見た「衝撃的なメイク目撃談」とは
産後しばらくは外出することなく、家で赤ちゃんのお世話中心の生活になることでしょう。久しぶりの外出、化粧道具を手にしたときに「あれ、化粧の仕方を忘れてしまった!」ということもあるかもしれません。眉毛...
分娩時の化粧はあり?なし?ママたちのメイク事情とは
芸能人の出産報告を見るたびに、「出産後すぐなのに、なんでこんなにきれいなんだろう」と思いませんか? 分娩時は顔色などをみるため、過度な化粧はNGと言われる病院が多いようですが、実際に出産...
「アムラー世代」ママはアイメイク命!産後に落ちた「美容への関心」はすぐ高くなる傾向に
「女性は自分が若いときに流行った、メイクのクセを引きずりがち」と、いう説があります。たしかにひと昔前なら顔をパッと見ただけで、「ああ、この人の時代はこんなメイクが流行ったんだな」とわかるような...
参考トピ (by ママスタジアム
カラコンとつけま無しでは外に出れない36歳です。