いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<私は愛されていた?>両親が共働きで寂しかっただけの幼少期?忘れていた記憶が育児で蘇った



脳裏にあの頃の私と母の姿が蘇ります。私の小さいころの記憶は、寂しかった思い出だけではない。私も母も、笑って過ごしていた日があった。私は……。

それにしても、母と同じことを私がやっているとは思いませんでした。しかも、その同じことで息子が喜んでくれているのですから、やっぱり親子なんだなと感じます。母は決して毒親ではありませんが、それでも幼少期に感じていた寂しさは根強いものでした。しかし親子関係のちょっとしたほころびは、こんなちょっとした出来事で修復されていくものなのかもしれません。

脚本・ふうり(ママスタセレクトの応募より)  作画・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

新連載【妻の飯がマズくて離婚したい】私は料理が苦手です<第1話> #4コマ母道場
結婚とは、生まれも育ちも異なる他人同士が「家族」になることです。価値観の相違をすり合わせながら、お互いにとって心地のいい関係を築いていくことが、結婚生活の一番の課題なのかもしれません。今回は三大欲求の...
<小5の家出>友だちに傘を貸した息子がずぶ濡れ帰宅。その姿を見て怒った夫。なぜ?【前編まんが】
「ただいま~。やっぱり今日、降ってきたね~」 夕方。私がパートから帰宅すると、すでに帰ってきているはずの長男(ダイキ・小5)がいません。部屋にはびしょ濡れになった衣服が脱ぎ捨てられています。 ...
<子どもはなかなかスゴイ>娘の悩みを一瞬で吹き飛ばしてくれた、5歳の男の子のあたたかい言葉
幼稚園年長の娘の、ある日のことでした。 歯が生え変わるのが周囲に比べて遅く、いざ歯が抜けたら間抜けな顔……。そんな娘の繊細な悩みを知ってか知らずか、お友達の男...