いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

食洗機が欲しい私vs渋る旦那の仁義なき戦い!結末は予想外の展開に

皆さんは「嫌いな家事」と言ったら何を思い浮かべますか? 私はありとあらゆる家事が嫌いですが、その中でも「食器洗い」が上位にランクインします。

もともと実家に食洗機があったせいか、食器洗いを「面倒くさい」と感じてしまう私。結婚直後から食洗機が欲しいとずっと言っていました。誕生日やクリスマス等、ことあるごとに食洗機をおねだりしてきましたが、食洗機がある生活に馴染みのない旦那は、「手で洗えばいいんじゃ……?」と渋る一方。

そんな中、子どもが産まれて以降、私の水仕事や手を洗う回数が多くなりました。秋や冬には手荒れガサガサ、アカギレでヒリヒリという状態に。再度食洗機を熱望してみても、当の旦那は「ゴム手袋をすればいいんじゃ……?」なんて言って議論は平行線を辿る一方でした。

相手の不満や「こうしたい!」と考えていることは、できる限り相手の立場に立ったり、寄り添ったりすることが大切。そんなすごく当たり前のことを、わが家はこんな出来事で再認識することができました(笑)!

文、作画・むらみ

むらみの記事一覧ページ

関連記事

新連載【妻の飯がマズくて離婚したい】私は料理が苦手です<第1話> #4コマ母道場
結婚とは、生まれも育ちも異なる他人同士が「家族」になることです。価値観の相違をすり合わせながら、お互いにとって心地のいい関係を築いていくことが、結婚生活の一番の課題なのかもしれません。今回は三大欲求の...
<火傷の危険>外食で赤ちゃん前にハンバーグ置く!?「店員の配慮不足」と伝えると……【前編】まんが
先日、とあるショッピングモール内のファミリー向けのレストランで食事をしました。 私たち夫婦、子どもは3歳と赤ちゃん(10ヶ月)、義両親の6人でした。10ヶ月の子どもを通路側のいわゆるお誕生日席ポジシ...
2回目の妊娠で空に帰ってしまった赤ちゃんの忘れ物
私が結婚したのは24歳のとき。結婚後すぐ妊活を始めたものの、自然妊娠は難しい体質で長男を妊娠出産したのは26歳のときでした。 長男が2歳になる年、「1人恵まれただけでも十分だよね」と夫婦で考えて...