いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

よくこぼす子どもにママの怒りがMAX!母から教わった「失敗を責めない」対処法とは?

しかし、こう何度も何度も繰り返されるといい加減頭にきてしまい、液体モノをこぼされた瞬間に最高潮まであがる私の怒りの沸点。


お小言を言いながらブツブツ雑巾と台拭きでお茶を片づける私。そんな私の姿を見て、たまたま遊びに来ていた実母が言いました。

実母:「全部、本人にやらせなきゃ。もう4歳なんだから、自分で拭けるでしょ?」
……なるほど。頭ごなしに叱るだけじゃなくて、自分のミスは自分でカバーすることを教えなくちゃいけないのか……。


それからというもの、息子はこぼしてしまったものを一生懸命掃除するようになりました。だからって、こぼす回数が減ったかって? 実はそちらはいまいちです……(涙)。普段から本当にそそっかしくて、本音を言えばもう少しこぼさないように気をつけてもらいたいところなのですが……。

しかし「やってしまった」ことを責めるのではなく「その後」をどう行動していくかを教えることの大切さを、母に気づかせてもらった気がします。今ではすっかり、雑巾も上手に絞れるようになりました! 結果オーライで良しとしましょう。

でも、やっぱり「こぼさない」のが一番なんだから……ね? 息子。

脚本・渡辺多絵 イラスト・Ponko

関連記事

「片付けないなら捨てるよ」が効果なしの子どもにパパが立てたお片付け作戦「おもちゃが家出?」
小1と年中の男児を育てる我が家の子どもたちに、もう何度言ったか……。 「片づけないなら捨てるよ!!!」 もはや私の口癖のようになっているこのコトバ、実際には子どもたちには全く響かず、言っている私本...
怒れる義母が旦那に喝!子育てに悩む私が知った「本当の完璧」とは?
我が家の息子は、こだわりが強くワガママなところがあります。もちろん私の育て方が甘かった部分もあるのかもしれませんが……息子との波長が合わないとき、私自身ももうどうすれば良いのか分かりません。 朝、保...
妊娠・育児中、社会と繋がれないことに焦燥感……幼い子どもとアリを探し続けた日々のこと
結婚後、都合でやむなく仕事を辞めた私は、長女が1歳を過ぎた頃、少し落ち着いたので求職活動をしょうと準備をしていました。そうこうしているうちに二人目を妊娠、求職活動は先延ばしすることに。 つわりが...