いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

謙遜の美徳?それとも教育上NG?わが子を”下げまくる”親を見て、ママたちが思うこと

わが子を”下げまくる”親
ママ友同士で話すとき、「うちの子、これがダメで」といった悩みやちょっとした謙遜の会話は、ある意味”お約束”という傾向がありますよね? ……が、それとは程度が異なり、まるで人格を否定するかのように、わが子を”下げまくる”ママにお目にかかることって、ありませんか?
先日ママスタコミュニティでは、以下のようなギモンが投げかけられました。

『わが子を下げまくるお母さん……子どもを「○○はひどい、ダメな子!」とか、けなすように言うのは、どうしてなんだろう? 子育ての悩みを話すのはいいけど、けなすのは子どもの心に良くないよね?』

この投稿によりママたちの話題は、わが子を”下げまくる”問題から、はたまた「わが子が褒められたときのママの反応」問題まで展開! のぞいていきます。

わが子を”下げまくる”、そのワケは?

まずはママたちが想像する、わが子を”下げまくる”ママの心理を見ていきます。

『育児で悩み中なのかもね』

『本当にわが子をダメだと思っているから。うちは、本当に出来が悪くて嫌になる……将来が心配』

『日本人特有の”謙遜”でしょ』

『人前で変にわが子を下げる人は「そんなことない」って言葉待ちだと思う』

『自分の親に同じように育てられたのかな』

育児に悩みがある・謙遜・自分の親と同じようにわが子に接している……わが子を”下げまくる”理由として、いろいろな推測がなされました。

投稿者のママに同意。「わが子の”下げまくり”、反対!」

さまざまな理由が考えられるけれど、質問者のママと同様、わが子の”下げまくり”に多くのママが反対! ママたちの声をご覧ください。

『下げまくる親、いるよね。褒めるお母さんの方が子どもも嬉しいよね』

『日本人特有の謙遜、白々しいよね。子どもの心の発達への影響も良くなさそう』

『「ひどい」・「ダメな子」とかは言ってはいけないよね。「けなす」のと「謙遜」は違う。私は子どもが褒められ場合「そんなことないよ~、〇〇が苦手だったりするよ」とかは言うけど、子どもの人格は否定しないよ』

『もし謙遜なら、「子どもがそれを分かっているか」だよね。親の真意が分かる子もいれば、素直すぎて裏を読めない子もいる。だから、親は子どもの様子を見て、言い方を考えなきゃダメだと思う。悲しそうな顔してるんだったら、いくら謙遜のつもりでも、言わない方がいいよね』

『下げ方が不快な人がいる。本人を目の前にして「デブ」とか「ブス」とか……子どもが可哀想で気分が悪い』

『下げ方にも愛情があれば、嫌な気分にならないんだけどね』

”下げまくる”親の言葉で、傷ついた私たち

大人になると、子どもの気持ちを正確に想像することって、困難になりますよね。今回のトピックでは、幼いころに親から”下げまくられた”経験をもつママからの投稿もありました。

『下げまくる親、それ実母だわ。すごく嫌だった』

『私もそんな風に母親に言われ続けて育った。つねに人前で私を下げる言い方をされていた。おかげで自分に自信がもてない。そういうことを言う親はダメだよね』

『私も昔傷ついたから、子どもを否定しないようにしてるけど、自分が否定されて育ったから、ついつい出ちゃう』

『昔、親が先生に「〇〇ちゃんは、しっかり整理整頓できますね」と言われたとき、「そんなことありませんよ」と言った。私、整理整頓は得意な方で、普通にやっていたのに「家では散らかし放題です」と母が言って、ショックだったし傷ついた。キレイ好きな母からしたら、散らかし放題だったのかな……』

筆者としては、リアルな子ども心に、親として考えさせられました。そして、筆者は普段わが子を”下げまくっている”感覚はありませんが、褒められたとき、謙遜にせよ、事実そう思っているにせよ、深く考えもせずわが子を”下げる”言葉が口をついて出る、というのが習慣化していることにも気づきます。言葉えらびは丁寧に行いたいものです(汗)。

いっさい謙遜しないのもムリ?”上げすぎず・下げすぎず”絶妙な返しの一例

子どもの気持ちを慮りたいと思うものの、謙遜を美徳とする日本人としては、以下のように、褒め言葉を素直に受けとめたり、わが子のことを肯定的に話したりするのはだいぶ気が引ける、と声をあげるママも大勢いて……?

『「○○ちゃん、すごいよね」って褒められたとき「そうなの~すごいの!」なんて返せないよ。子どもには家で「ママは謙遜して言うけど、本当はすごいと思ってるから」と話しているけど……』

『自慢っぽく聞こえない肯定って難しいから、下げる方が早いし、ラクって思っちゃうんだろうね』

ママにとって、ママ友関係を円満に保つことも重要事項。相手に悪い印象をあたえず、同時にわが子を傷つけない言葉をえらぶって、難易度高いです……。そこで今回、”上げすぎず・下げすぎず”、思わず「うまい!」と唸ってしまいそうな、返し方の一例をBBSで見つけたので、ご紹介させていただきます。ご参考までに。

『褒められたとき、「ありがとう! これは得意だけど、◯◯は全然できないから頑張ってるんだ」みたいな言い方はするかな。あからさまに謙遜もしないし、当たり前のように認めることもしないかな』

『謙遜が美徳だろうと、わが子を下げるのは嫌いだからしない。褒められたら、子どもじゃなく自分を下げる。「ありがとう! 私に似なくてよかった(笑)」みたいな。こちらから下げ話題も、上げ話題もしない』

『「ほんと? ありがとう、褒められることなんかめったにないから素直に嬉しい」って言ってたママさんがいて、上げてもいないし、下げてもいない感じがいいなと思った』

たいへん勉強になりました! が、くれぐれも一例。筆者としては、今回のトピックを通し、わが子について”下げる”言葉を使うとき、子どもが傷ついたり、良い印象を抱かない人がいたりする、ということを考える良い機会となり、自分らしい方法を模索していけたらと思いました。言葉えらびって、人間関係って、ムツカシイですね……(汗)。

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

ほめることが苦手な人は子どもの「部分をほめる」方法を。実践するときの3つポイント
子どもが頑張ったときや何かに挑戦してやりきったときなどに、子どもをほめたり認めてあげたりすることは大事なことだと分かっていても、なかなかできないという方はいませんか? ママスタには、子どもをほ...
【コラム:尾木ママの目からウロコの教育論】第2回 子どもに使ってはいけない言葉/使った方が良い言葉
今回は子育て中のママにとって必見のテーマです。子どもに向けて当たり前のように使っている言葉が、実は使ってはいけない言葉だったりします。子育てをしているママには、ぜひ読んで欲しい内容です。 子...
何してもかわいい!親ならではの機能「我が子専用親バカフィルター」その性能はいかに? #産後カルタ
ひとたび親になったら、我が子はかわいい! 我が子こそ世界一! と一度くらいは考えてしまうのではないでしょうか。毎日子どもと一緒にいると、ママは子どもを叱らなければいけないシーンも出てきますが、...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
我が子を下げまくるお母さん
子供のこと否定する親なんなの?