いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ママがインフルエンザにかかってしまった!子どものお世話はどうしたらいい?

pixta_29406806_M

インフルエンザの足音が聞こえだすと、ママたちもピリピリし始めるのではないでしょうか。子どもたちがインフルエンザにかからないように手洗いやうがいを徹底させたり、予防接種をうけさせたり。パパにも持ち込まないように手洗いうがいなど口を酸っぱくしてお願いして……ふと気づくと、ママ自身のインフルエンザ対策が後回しに! これでは家族を支えるママがインフルエンザにかかってしまってもおかしくありません。もしママがインフルエンザになったら子どもたちのお世話はどどうしますか? 今回ママスタBBSに投稿されたのは、まさにそのことについてママたちに問いかけるものでした。

インフルエンザでもママたちは休めない

『もしあなたがインフルになったらどうやって育児する?』

投稿者さんの問いかけに、筆者の子どもがインフルエンザにかかったときのことを思い出しました。これは大変だと寝込んでいる子どもに栄養をと食べ物や飲み物などを買い出しに行ったり、様子を見ながら看病していると何やら違和感が……。気づいたときにはもう遅く、39度を超える発熱に全身の倦怠感。看病しているうちに筆者もインフルエンザにかかってしまっていたのです。当時のことを思い出すと「あのときは本当にきつかった」のひとことに尽きます。子どもは寝込んでいていいけれど、筆者はそうはいきません。子どもが熱で汗をかいたら着替えさせ、ご飯を食べさせ薬を飲ませ熱を測り、合間に洗濯や食器の片づけなどやることだらけです。ママという職業は休むことも倒れることもままならない大変な仕事なんだと実感しました。

何があってもママは通常営業

『リビングでマスク付けてビニール手袋しながらご飯作って別の部屋で食べさせてた』

『ひたすら次亜塩素酸を使って次亜塩素酸スプレー持ち歩いてマスクつけて、定期的にスプレーする』

子どもたちにインフルエンザを移したくないママたち。本来なら隔離してもらえるのが理想ですが、家事育児にお休みはありません。マスクや手袋を装着し、可能な限り子どもたちとの接触を避けながら、いつもどおりにお世話をしているという声がありました。

対策してもインフルエンザの家族ドミノ倒しは避けられない

『マスクして1人で3人連れて病院行ったりご飯作ったりお風呂入れたりしたけど、結局旦那にも下2人にもうつりました』

『家庭崩壊した。家族3人、インフル同時発症』

マスクをしても手袋をしても、かかるときはかかってしまう。そうなったら本当に大変ですよね。フラフラになりながら頑張ったママの努力を思うと涙なくしては語れません。

実家や旦那に頼めればいいけど……

『東京に住んでる義妹はインフルエンザで育児できないって大阪に住んでいる母を呼んでたよ』

『旦那が仕事なら仕方ないけど、休みなら部屋で隔離してもらう』

『インフルじゃないけどひどい風邪のとき上の子2人は近所の実家で生活したよ』

乳児がいる場合は預けることも難しいかもしれませんが、子どもがある程度の年齢になっていれば旦那さんに協力してもらったり、実家に預かってもらうなどして、ママの早期回復を図るという声もありました。誰かに助けを求められる状況であれば、そのほうがママにとってもいいですよね。しかし実際は旦那さんや実家に頼るのは難しいというのがママたちの現状のようです。

『旦那がインフルエンザになったら近くの実家に帰ってもらえば良いけど、私の実家は遠方だし保育園も入れてない。接触どうこうも考えなきゃだけど、まず子どもの世話なんてできるのかなっていう不安』

『親に来てもらうにしても親にもうつる可能性あるよね。しかも働いてるからずっと来れる訳じゃないし、夕方には帰らないとだから結局子どもの風呂と寝かしつけは私だわ。子ども小さいうちって本当に母親は入院しない限り休めないよね』

いざというときの備えを万全にしておこう

インフルエンザや風邪、体調不良などママが倒れてしまうケースは珍しいことではありません。それでも子どもたちのお世話をしなくてはならいないので休むこともできず大変です。そう考えると日々の予防の大切さがよく分かります。インフルエンザの予防接種に加えて、お子さんと一緒に手洗いうがい、バランスのとれた食事や適度な運動、そして睡眠。できる限りの予防対策をしておきましょう。万が一ママが倒れてしまったときのことを考えて、普段から食料や消耗品などの買い置きをしておくこともおすすめします。無理せずできる範囲で、いざというときに備えておきましょう。行政や民間のサービスが利用できないかも事前に調べておくといいですね。

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

妊婦はインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫?流行期に備えて知っておきたいワクチン接種について
妊娠期間中は飲める薬や接種可能なワクチンが限られています。母体に影響があるだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにまで影響を及ぼす可能性があることから、投薬やワクチン接種は医師の正しい判断が必要となり...
9月に都内で「インフルエンザ」による学級閉鎖……流行期に向けて今すぐ始めたい対策のポイント
朝晩の気温も低くなり始めた9月に驚きのニュースが入ってきました。それはインフルエンザによる学級閉鎖が発生したというものです。インフルエンザの流行期はまだまだ先だったような……まだ秋が始まったば...
10月初旬からインフルエンザワクチンが不足……ワクチン不足に陥るのはなぜ?
毎年10月が近づいてくると、ママたちの間でもインフルエンザワクチン接種についての話題があがりはじめます。いつ受けるか、どこで受けるか、金額はいくらぐらいか……などの具体的な話と同時に話題にあが...
参考トピ (by ママスタジアム
幼児いる人、もしあなたが