いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

妊婦はインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫?流行期に備えて知っておきたいワクチン接種について

pixta_35450741_M

妊娠期間中は飲める薬接種可能なワクチンが限られています。母体に影響があるだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにまで影響を及ぼす可能性があることから、投薬やワクチン接種は医師の正しい判断が必要となります。だからといって、全てのお薬やワクチン接種が母体や胎児に悪影響を及ぼすわけではありません。

妊娠初期のインフルエンザワクチン接種が不安という声

「妊娠初期にインフルエンザのワクチン接種を受けていいの?」と妊婦や妊娠を考えている女性から不安の声があがることも。なぜ「妊娠初期」という言葉が登場するのでしょう。そこには、例年以上に感染が拡大している「風しん」が関係しているようです。

風しんと妊娠初期の関係性

風しん感染者の急増により、2018年9月に風疹の抗体検査費用について厚生労働省が対策を打ち出しました。妊婦が妊娠初期に風しんに感染してしまうと、お腹の中の赤ちゃんにまで感染が及び、生まれたときにCRSと呼ばれる「先天性風疹症候群」という障害を引き起こす可能性があります。そのため、妊婦が妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種することにリスクがあるのでは? という疑問を持つ人もいるのかもしれませんね。

妊娠初期はお腹の赤ちゃんに薬やワクチンが影響を受けやすい時期

妊娠4週~7週末となる「妊娠初期」の時期は、お腹の赤ちゃんの脳や神経、心臓や胃腸、手足などの重要な器官が形成される時期で、もっともママが飲んだ薬などの影響を受けやすい時期だといわれています。このこともインフルエンザワクチンの接種に対し、不安材料になっているのかもしれません。

日本で使用されているインフルエンザワクチンは妊婦さんにも安心

日本で使用されているインフルエンザワクチンは妊娠初期だけでなく、長い妊娠期間中のどのタイミングでもインフルエンザワクチンを接種しても問題がないとされています。たとえ妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても、お腹の赤ちゃんに対して、奇形や障害などのリスクはないという研究結果もでています。

生ワクチンと不活化ワクチン

日本で使用されているインフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」です。不活化ワクチンであれば、妊娠や胎児に影響を与えることなくワクチン接種を行うことが可能です。生ワクチンには「風しん」「麻疹」「水痘」「ポリオ」などがあり、現段階ではこれらの「生ワクチン」の妊婦への接種は禁忌とされ、妊婦や胎児への安全性も確立されていません

インフルエンザの流行期に備えてワクチン接種を検討しよう

妊娠中のワクチン接種が母体や胎児へどのような影響を及ぼすか分からず、不安になることは誰しもあることだと思います。ですが、日本で使用されているインフルエンザワクチンは理論上、妊婦や胎児には影響がないとされていますので、安全にワクチン接種を受けることができます。もしインフルエンザワクチンの接種に不安や心配がある場合は、まずはかかりつけの医師に相談してから、インフルエンザワクチンの接種を受ける・受けないを検討してみてもいいのではないでしょうか?

文・櫻宮ヨウ 編集・木村亜希

関連記事

抗インフルエンザ薬「タミフル」10代に対する使用制限が2018年5月に解除へ。異常行動との因果関係や今後の安全対策について
インフルエンザの治療薬にはいくつかの種類が存在します。その中で、「タミフル」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、2007年に服用後の異常行動が相次いだことにより、10代に対する使...
手洗い・うがいだけでは不充分!?医師が教える効果的な「インフルエンザ対策」とは?
日頃から子どもにうがいや手洗いをさせているママも多いと思います。インフルエンザの流行シーズンには、いつもより徹底して行っているかもしれませんね。 インフルエンザの予防対策として大切な手洗いと...
これからの時期気になるインフルエンザ・ノロ対策。注意点は?【朝ごふんコラム】
インフルエンザやノロウイルスが流行する季節となってきましたね。予防接種を受ける時期や感染対策はどうするべきなのでしょうか? また、同時にウイルス除菌用品による事故もおきています。ウイルス対策などに...