いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

大地震が襲ってきた!自分や家族や財産を守るためにできるリアルな対策とは

pixta_32748495_M

2018年は日本各地で大きな地震が起こったり台風による大きな被害が出たりしています。

台風は進路の予想がなされるため、備えができることもあります。しかし地震は台風ほど頻繁に起こるものではないので、専門家の知識をもってしても予知することが難しいといわれています。いつ襲ってくるかわからない地震に対しては、災害に対する知識を得て、備えることが重要になるのかもしれません。そこで今回は、ママスタBBSに寄せられた、地震への備え方をお伝えします。

地震への備え―大切な財産を守るためにできること

『車内で避難生活をおくる方。座ったまま同じ体勢ばかりで過ごしていると血栓というものが血管につまる恐れあり。必ず体を動かして』

長時間同じ体制で足の血流の流れが悪くなると、血の塊=血栓ができ、血流にのって肺の動脈を塞いでしまい、呼吸困難などの症状を起こすことがあります。これをエコノミー症候群といいます。水分補給と足を上下に動かすなど適度な運動で予防できます。

『避難の際ブレーカーは絶対落として! ブレーカーを落とすだけで起きなくていい火災を何百件も防げる!』

阪神大震災を経験した神戸市のホームページには“通電火災”についての解説が掲載されていました。

『通電火災とは、大規模な地震などに伴う停電が復旧し、通電が再開される際に発生する火災のことをいいます。電気ストーブや観賞魚用ヒーター、オーブントースター等の電熱器具を使用中に地震が起こると、揺れの影響で可燃物がヒーター部分に接触した状況になることがあり、停電から復旧した際に、それらの器具が再度通電することによって、可燃物が過熱されて出火に至るのです(神戸市「通電火災ってご存知?」より引用)』

避難の前にブレーカーを落とすことは自分の家という財産を守るために必要なことなのですね。

『地震保険&火災保険の両方入っているよ』

火災保険だけでは、地震によって引き起こされた火災による損失が補償されないことがあります。地震保険と火災保険の両方に加入することが家を守ることにつながります。

『今日地震対策の本読んだんだけど、大事なのは家具の固定だって。確かに、テレビが飛んだりタンスやピアノが倒れてくるんだから、避難袋持ち出すどころじゃあないもんね』

背の高い家具や重い家具を天井や壁などに固定し、地震の揺れでも倒れないようにすることで、家具の下敷きになってけがをしたり、脱出ルートがふさがれたりする可能性を減らすことができます。

地震への備え―家族や自分の身を守るためにできること

『つねに枕元に靴をおいておく! 逃げるときガラスが刺さって歩けなくなるからね。車には避難用品をいれておこう! 生理用品も絶対忘れちゃだめだよ!』

いつ何時、地震が起こっても行動できるように枕元に靴を置いている、という方がいました。また、車に避難用品を常備しているとのこと。家の中から持ち出せなかった場合、役に立ちますね。

『すぐに外に飛び出してはいけないが、ドアか窓は開けておき余裕があれば靴を履いておく』

窓かドアを開けておくことで外の状況を確認しやすくなるだけではなく万が一、家の中で火災が起こったときでも逃げやすくなります。窓枠やドアの枠が歪んでしまうと開かなくなることも考えられますので、脱出ルートの確保はかなり重要になってきます。

『非常持ち出し品に、意外に忘れてない? 缶切り』

保管期限が長く非常食として役に立つ缶詰。ですが、缶切りがないと開けられないものもあります。あっ! と思った方は今すぐ缶切りを非常持ち出し袋に詰めてくださいね。

『いざという時のために普段から家族で避難・集合場所を話し合っておく。一緒にいる時に地震が起こるとは限らない、地震時にバラバラでも後にうろたえる事なく会えるようにするため』

ただでさえ被災すると不安になります。そんな時でも家族が一緒なら心強いでしょう。万が一の時に備えて避難場所や集合場所を決めておくと精神的な支えになりそうです。

『七輪かバーベキューセットと炭・古新聞があると便利。キャンプ用品がある家庭は、理想だよ』

避難生活を余儀なくされることになったら、野外で寝起きすることも考えられます。野外で煮炊きする、といえばキャンプですね。レジャーとしてだけでなく、防災のためにキャンプ用品を備えるのもいいかもしれません。

『中越地震経験者です。幸い家は一部損壊で済んだため、車中泊とはいえ家の中には入れましたから食べ物、衣類などは大丈夫でした。そんな中で電池、ラジオはホントにあって良かったと思いましたよ。ライフラインもなかなか復旧しない中、1日中地元FMで情報収集していました。まわりの情報が入るだけですごく心強かったのを覚えています』

実際に地震を経験した方からは、ラジオの重要性を説くコメントが寄せられました。ラジオを動かすために必要な乾電池も忘れずに準備しておきましょう。例えば単三電池を3本入れると単一電池として使用できるような電池変換アダプタも発売されていますので、用意しておいたほうがいいかもしれません。

東京防災による“地震発生直後にとるべき行動”!知識をアップデートしておこう

東京都が運営している「東京防災」というホームページでは地震をはじめ様々な天災が起こったときに生命や財産を守るためにとるべき、とされる行動や、推奨される備えが紹介されています。

今回は「東京防災」ホームーページから、地震発生直後に推奨される行動を紹介します。

揺れがおさまってから行動する

その理由は、あわてて建物の外に出ることで転倒したり落下物によるケガを負ったり、ガラスの破片などによってケガをする可能性があるから、とのこと。机の下などに避難し、揺れがおさまるのを待ちましょう。

出口を確保する

揺れがおさまったとき建物の中にいたら、開くドアや窓を見つけましょう。今開くドアでも余震やバランスの崩れなどで開かなくなる可能性があります。建物から出るためのルートを確保しましょう。

火元を確認する

火を使っているときは、揺れが収まるのを待って、それから落ち着いて火の始末をしましょう。

閉じ込められたり身動きが取れなくなってしまったら

もし部屋のドアや窓が開かなかったり、家具が倒れて下敷きになってしまったりして身動きが取れない状態になってしまったとき、大声で助けを呼び続けると、体力を消耗してしまいます。いつ助けが来るのかもわからない状態ですから、声よりも、硬いもので壁や床をたたいて自分の場所を外部の人々に知らせるようにしましょう。

自分と家族と財産を守るために何ができるのかを考えよう

いくら個人が天災への備えをしても人間の力ではどうにもならないこともあるかもしれません。でも天災への備えをすることによって、自分と家族と財産を守る基礎ができるのではないでしょうか。自分ができる範囲の備えを万全にすることを考え、ひとつずつ準備していきましょう。

文・しのむ 編集・しらたまよ

関連記事

火事や地震のときに赤ちゃんを守る!「新生児向け避難用抱っこひも」が2018年9月1日より発売
地震や火事、水害など、震災が起きた時に、赤ちゃんを連れて安全に逃げるための「新生児向け避難用抱っこひも」が防災の日である2018年9月1日から発売されることに。販売するのは、1934年創業の抱っこ...
留守番中に地震が起きたら?子どもが自分で命を守る術とは
災害は、いつどのような状況で起きるか分かりません。子どもが一人で留守番中に大地震が起きたら、どうするように言ってありますか? 筆者が住む東北地方は、2011年に東日本大震災がおこり多くの命が失わ...
もしも大地震が起きてしまったら……災害事故から子どもを守る対処法【朝ごふんコラム】
東日本大震災発生からまもなく7年目。もし、今、自宅で子どもとくつろいでいるときに地震が起きたら、慌てずに対処できますか? 今回は、いざというときに迅速に動けるように4つのポイントに絞って見直し...
参考トピ (by ママスタジアム
大地震の対処法!これだけは絶対に覚えて!