いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

夏バテになりやすい人ってどんな人?医師が教える効果的な夏バテ対策とは

main

ムシムシと暑くなる夏は、なんとなく体のだるさを感じる方もいるのではないでしょうか。「なんかだるい」「食欲がない」といった症状を放置してしまうと、いつまでも体力が回復せず、頭痛などの症状も続いてしまうそう。今回は、毎年悩む方の多い夏バテについて、お医者さんの提案する効果的な対策をお伝えします。

夏バテの原因は?

聖マリアンナ医科大学 特任教授 井上肇先生

聖マリアンナ医科大学 特任教授 井上肇先生

聖マリアンナ医科大学 特任教授の井上肇先生によると、夏バテは、夏の暑さによって自律神経系が乱れることによって起こるとのこと。症状はさまざまありますが、主に全身の倦怠感と食欲不振の2つが多く見られるそうです。
また、体の不調だけでなく、「身体が重く感じてだるい、やる気が出ない」「食べ物を見ても口に入れたくない」「頭が重くてイライラする」など、気持ちにも影響を与えてしまうことも。体調の悪さを感じるものの検査をしても明確な病変が見つからない状態で、「なんとなく元気がない」など、漠然とした身体の不調を感じる状態の方は夏バテかもしれません。

「睡眠不足」の人は夏バテになりやすい

高い気温のせいで自律神経が乱れることが原因だという夏バテ。室内では空調が効いていて快適な環境で過ごせますが、一歩外に出ると太陽の強い日差しや高気温の中にいることで身体の恒常性が保てなくなり、自律神経失調症になってしまうそうです。
また、夏は夜でも気温が高く寝苦しいですが、睡眠不足だと夏バテにもなりやすくなるため要注意です。頭痛を引き起こしたり、疲れやすくなったり、集中力が低下したりするなどさまざまな不調にもつながるため、睡眠環境を整えることが大切だそうです。

夏バテ解消のカギは「発汗」

sub4

井上先生によると、夏バテを解消するためには、適度な運動を取り入れて発汗を促すことが大切だそう。炎天下の中で無理に運動をすると、熱中症になるなどの心配もあるため、外で行う場合は長時間の運動は避け、水分補給をしっかりと行うことを意識しましょう。
あまりに熱い夏の日は、室内でストレッチなどを行うのもおすすめ。身体を適度に動かすことは良質な睡眠につながります。また、汗を流すために夏でも入浴することを心がけることもポイントだそうです。

夏バテ解消のための食事 ポイントは?

sub5

夏バテを解消するためには、日頃の食事も大切です。ミネラルやビタミンが豊富な緑黄色野菜、発汗機能を高める唐辛子、たんぱく質を含む肉類をバランスよくとることが必要です。
夏場にはのど越しがいいそうめんを食べたくなりますが、炭水化物の代謝にはビタミンB1が必須とのこと。ビタミンB1は豚肉に多く含まれていますが、必要に応じてサプリメントなどを利用して補給してもいいそうです。
また、汗をかくとミネラルが不足しがちなので、梅干しやフルーツなどを意識的に食事に取り入れることも大切。フルーツはスムージーなどにすると、食欲の失せる夏場でものどごしがよく摂取しやすいですね。

夏バテは、さまざまな不調を引き起こす油断ならない症状。長引かせてしまうと、体調も心も不安定な状態が残暑の季節まで続いてしまいます。お子さんと元気いっぱい夏を過ごすためにも、夏バテかなと思ったらぜひ参考になさってみてくださいね。

文・山内ウェンディ 編集・木村亜希

関連記事

夏になると“赤い”&“辛い”料理を食べたくなる?ママたちが夏バテ&食欲不振のときにする食事の工夫とは
夏になると気温の高い日が続き、連日に渡って“真夏日”という言葉がテレビから聞こえてきます。ママたちの中には夏バテや食欲不振を自覚したことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。 気...
味・量・栄養バランス良しの「そうめんに合うおかず」は?
「今日は疲れたから食事は簡単に済ませたい」という日に役立つのがそうめん。茹でて、ざるにあげて出すだけ。「安い、早い、うまい!」に子どもたちも大満足です。ただ栄養の面からも、食欲の面からでも「そうめんだ...
産後は風邪をひきやすくなる?ママたちの体調不良の乗り越え方とは
産後から、なんとな~くスッキリしない体調。風邪をひいたら治りにくいし、腰痛や頭痛などいろいろな「不調」に悩まされることも。 子どもを産む前までは元気いっぱい皆勤賞な日々が一転、なんでいつ...