いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

出産直後の写真がヒドイ?いえいえママたちが大仕事をやり遂げた勲章です! #産後カルタ

IMG_1419

出産を終えたとき、ママたちは人生におけるひとつの「大仕事」を終えたことになりますね。その瞬間の顔、写真におさめましたか?

普段メイクをしているとしても、出産の際は素顔に近い状態で臨んでいることしょう。顔色の変化をみるためメイクは禁止という病院もあります。

さぞかし感動的で美しい表情が写っていると思いきや、その記念写真はママたちの記憶とは違ったものになっているようです。

『入院中出産後あんな顔してよく平気でいられたな自分よ……。すっぴんさらけ出していた』

二重あご、鼻赤い、眉毛ない……ママたちの「産後写真」事情

IMG_1421

『二重あごになっていた……』

妊娠中は体重が増えることが多いもの。ママが肉付きをコントロールできないだけに、顔がふくよかになってしまうこともありますよね。

『私なんかビデオで残っています。顔は真ん丸だし、眉毛ないし』

感動的な出産の瞬間を動画で残したい! とビデオ撮影をしたところ、思わぬ結果になってしまったというママ。眉毛がなくてもきっと素敵に映っていますよ!

『分娩台で子ども抱いている写真、すっぴんで鼻真っ赤で満面の笑み。ありえない』

こちらは「ありえない」と断じるパターン。謙遜しすぎです。

『まだ現像してないけど絶対やばい』

一方「やばい」と確信して現像していないママも。忘れないうちに現像して確認してからでないと「やばい」かどうかはわからないのでは? 封印するかどうかを決めるのはまだ早いはず。

飾らないで!撮りなおして!産後の写真にまつわる悲喜こもごも

『赤ら顔の汗だく疲れたスッピン顔で出産直後、分娩台の上で赤ちゃんを抱いて引きつり笑顔の写真を、病院の待ち合い室に飾られた……』

出産直後、ママは汗だくで疲れ切った顔になっていることでしょう。その顔は出産という大仕事をやり遂げた達成感であふれているかもしれません。だからこそ飾られたのでしょうが、ママにとってはやはり秘めておきたい一枚なのかも……。

『1人目の時の写真はよかったが、2人目の時、足元から撮られた……。あまりの汚さに撮り直しを要求するも、事態は変わらず……』

思わず撮りなおしてほしいと頼んだママも。しかし事態は好転することはなかった様子。角度を変えてもダメだったのでしょうか……?

『力んだ時、さし歯が取れた。眉毛片方消えてるし顔色悪いしクマがひどかった……。旦那は隣で健康的な笑顔だった』

出産時は自分の見た目など構っていられなくなるママもいるでしょう。一方で、旦那さんはママが出産を無事に終えた安堵感でいっぱいだったのかも。満面の笑顔を称える旦那さんが恨めしくなってしまうかもしれませんね。

妊娠中に体重が増えてしまったり、体型が気になっていたりするママにとって、出産直後に撮影した疲労困憊の写真はベストな一枚ではないかもしれません。でもその一枚は、ママが赤ちゃんを無事に出産できた瞬間の「大切な一枚」です。誰にも見せられない、とママが感じているとしても、パパや赤ちゃんにとってはそうではないかもしれません。記念にいつまでも保管しておいてくださいね。

文・しのむ 編集・しらたまよ イラスト(産後カルタ)・ななのぶ

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

分娩時の化粧はあり?なし?ママたちのメイク事情とは
芸能人の出産報告を見るたびに、「出産後すぐなのに、なんでこんなにきれいなんだろう」と思いませんか? 分娩時は顔色などをみるため、過度な化粧はNGと言われる病院が多いようですが、実際に出産...
出産直後「最初に発した言葉」は何だった?
出産は十人十色。妊娠中からどんなに育児雑誌などを読んで勉強していたとしても、なかなか参考書通りにお産が進まないことの方が多いのかもしれません。赤ちゃんとの対面の瞬間も、想像していたものとは全く違ったと...
西山茉希さん「第2子妊娠中の切迫早産」緊急入院を報告
現在、第2子を妊娠中のタレント・西山茉希さん(30)が、自身のインスタグラムで緊急入院したことを報告しました。 nishi...makiさん(@maki.nshiyama50)が...
参考トピ (by ママスタジアム
出産直後の写真がブサイクな人の数→