いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

納豆にハチミツ?自己流でたどり着いた究極のこだわりの食べ方


なかなか表立ってはできないけれど、おそらく自分だけがやっているであろうこだわりの食べ方ってありますか? 「美味しく食べたい」という己のこだわりを貫き通した末の結晶は、究極の嗜好? それとも私だけのB級グルメ?

ママスタコミュニティにも、ママたちの奇想天外ともいえる「こだわりの食べ方」が集まりました! 「私だけじゃなかった……」なんて身に覚えがある人もいるのかも……?

‟コレ”と‟コレ”、分けて食べます!

まずはひとつの食べ物を、その独特な手法でさらに美味しくアレンジしながら食べるというママたち。そのこだわりは、ときに人を巻きこみます(笑)。

『たい焼きや大福など、あんこをくり抜いて食べる。そのあんこはいらないから旦那にあげる。かといって、あんこ全部くり抜くのはダメ。
うっすらあんこが残っている状態がベスト』

その絶妙なさじ加減にオリジナリティが発揮されますね。きっと大判焼きも同じ運命に……。

あんこ好きの旦那さんであることを願います。

『自分自身じゃないけど、いちごの粒々を楊枝で全部とって食べる同僚がいる。ちなみに見たこと無いけどキウイも取るらしい……』

もはや職人の技。ひとつ食べるのに、どれだけの時間がかかるのでしょう……。

『ケンタッキーのチキンの皮だけ食べる、肉は旦那にあげる。からあげも皮だけ食べる』

肉のうま味と油を吸い込んだ衣の美味しさ、分かります~。カロリーは見て見ぬふり!

『中華まんの外側だけペロって剥いて先に食べる。そこだけもちもちでおいしいから』

中華まんの外側のツヤツヤしている皮は、舌に張り付くようなツルツルもちもちの食感がおもしろい! 中身の皮もフワフワしていて、中華まんの「皮」だけで二度も楽しめるとはお得な気分になれそうですね。

‟コレ”と‟コレ”を一緒に食べます

お次は、世紀のコラボレーションともいえる合わせ技の数々。その判定は「一本!」になるか「場外!」になるか……気になる方はお試しあれ。

『マヨネーズと苺ジャムのパン』

酸っぱい、しょっぱい、甘いの三重奏はいかに……? 見た目は美味しそうなんですけれどね(マヨネーズがクリームに見えて)。

『梅干し少し食べて口の中が酸っぱってなった時に牛乳を飲む……。ひたすら繰り返す(笑)』

牛乳が甘くまろやかに感じそう。梅干を食べたいからお口直しに牛乳を飲んでいるのか、それともまろやかな牛乳を味わいたいから梅干を食べるのか……? きっと答えはその両方のハズ。食べ合わせが悪くないことを願います。

『玉子焼きを口に入れたら、すぐに梅干しを口に入れる。玉子焼きの甘さと梅干しの味が混ざるのがいいのよ!』

甘~い玉子焼きだからそこ味わえるこだわり。間違えて、だし巻き卵でやらないように気を付けて!

『納豆にハチミツかけると美味しいよ。おやつに良く食べる』

もちろん醤油とからしは入れない前提? 果たして本当に「美味しい」くて「おやつ」になり得るのか、が知りたいですね。

『オロナミンCに牛乳入れて飲む。おいしいよ!』

これは筆者の周りでもやっている人がちらほら。まずは、そこに至った発想の源を伺いたいものです。

味は変わらないけれど……私の「こだわり」の食べ方

最後は、何かを抜いたり足したりはしないのだけれど、素材の味をさらに美味しくする独自の方法がこちら!

『とんがりコーンを片手の指全部にさして、小指から順番に食べていく』

まるで、いつぞやのCMのよう(笑)。指まで食べないように気を付けて!

『バターロールは潰して食べる』

パン生地が詰まった感じが良いのでしょうか? バターロール限定なのは、なぜ……?

『ポッキーは一袋分全部まとめて先から少しずつ食べる』

極太なポッキーをボリボリボリ……。バラバラにならにように食べるのも至難の業ですね。

『キャラメルコーンやカールは開けて一晩おいて湿気ってから食べる。くにゅくにゅの食感を楽しむ』

これはちょっとわかる気が(笑)。なんとも言えない噛み応えがたまらないんですよね!

『生の米をそのまま食べちゃう』

消化不良には気を付けて……。

『みかんを全部バラバラにして一晩放置。薄皮が乾燥してパリパリになったら最高うまい』

冷蔵庫に入れておくと、パリパリの薄皮と冷たい果肉がさらに絶品!

『餃子の中身は要らない。中身は残す。皮だけ買ってきて焼いて食べる』

餃子の中身だけ食べてくれる人、募集します。

 

いかがでしたか? 今すぐ試したくなるようなものから、思わず眉間にしわが寄ってしまうものまで、ママたちのアイディアが盛りだくさん!

是非、あなたのこだわりの食べ方があれば教えてくださいね。

 

文・渡辺多絵 編集・しのむ イラスト・Ponko

関連記事

「そりゃないよ、お母さん~(涙)」忘れられない“笑撃弁当”
キッチンに立ってお弁当を作っていると、ふと考える昔のお母さんのキモチ。「あのときは大変だっただろうな~」なんて、いま改めてお母さんに感謝することありませんか? 子どものとき、お母さんが作って...
普通じゃないの?「我が家の常識」=「世間の非常識」だったこと
「なんかあなたのそれ、変わってるよね」。旦那さんや友達といった生まれも育ちも違う人から、ある日急にこう指摘を受けて驚いた経験はありませんか? 食べ方や物の呼び方など、自分の育ってきた実家では「普通」...
【突撃、世界ごはん!】世界三大料理なのに知られていないトルコの家庭料理とは
こんにちは!日本に住んでいる外国人のお宅訪問企画、『突撃、世界ごはん!』第7目は、トルコ人のベルナさんのお宅です!大学で日本語を学び、日本へ留学に来てからは日本が大好きになったとのこと。現在は、一...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
おそらく自分だけがするであろう奇妙な食べ方ある?