いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

こんなの聞いてない!小学校の「怒涛の学校行事」問題 #時間と戦うママたちへ

「小1の壁」という言葉があるように、働くママにとっても、その子どもにとっても、

小学校の入学に伴う環境の変化は、おおきなものですよね。

学童を申し込んだり、職場環境を整えたり、入学用品の支度を終えて、準備万端!
……と思っても、まだまだ壁は立ちはだかります。

私が子どもの入学で面食らったのが、5月半ばまで続く怒涛の学校行事でした。

働くママを悩ませる「怒涛の学校行事」

たとえば我が子の通う公立の小学校の場合は、以下の通りです。

4月の行事

・登校班顔合わせ
・下校の見守り
・学年懇談会
・給食当番のお手伝い
・登校班会議
・家庭訪問

5月の行事

・学習参観
・研究授業
・引き取り訓練
・PTA総会

小学1年生だけで、10もの行事があります!(涙)

もちろんどれも強制ではないのですが、ワーキングマザーとしてはどこまで参加すべきか、その判断こそが難しいのです。

親心としては、我が子の学校での様子が見れるイベントには全部参加したい。

情報収集のため、懇談会や会議にもできるだけ参加したい。

でも、急に言われても仕事は休めない……。

保育園のように毎日会えるわけではないので、先生に気軽に相談もできません。


必要と思って行った行事はそれほど重要でなかったり、
逆にぜひ参加したい行事には都合がつかなかったり。

その小学校には同じ保育園あがりの子どもが少なく、情報通のママ友もいなかったので、私も情報がほとんどない状況でしたが、

多数派をしめる幼稚園ママ達の間では、情報共有し合ってうまく乗り切っていたようでした。

第2子が入学した年は、加えて上の子の学年行事が追加され、役員でもないのに毎週学校に行っているような状況です。

しかし、上の子の経験から行事の多さは事前に予測できたので、早くから調整しなんとか乗り切っています。

これからご入学を迎える方は、ぜひ今のうちにママ友さんネットワークを広げて、
事前に情報収集されることをお勧めします。

 

文、イラスト・Michika

関連記事

仕事に子どもの習い事、園や学校の予定がぎっしり!働くママのスケジュール管理術とは? 
家事や育児に奔走するママの皆さん、毎日のスケジュール管理はどのようにしてますか? 子どもの習い事や行事、家族の予定、園や学校での仕事など、すべてのスケジュールを把握するのも一苦労ですが、さらに...
小学校入学を機に仕事を辞めるべきかの判断基準 #ママの働き方を考える
子どもがもうすぐ小学生! その成長はもちろん嬉しいけれど、働くママにとっては、今後の働き方を考える”キッカケ”にもなります。 子どもは新しく始まる小学校生活に加えて、親が共働きの場合は学童保...
「PTA役員」を経験して感じたメリット・デメリット #育児の新発見
進級や進学の季節。 子どもの成長は喜ばしい半面、親には「役員決め」という不安な要素が待っています。 私は長女が小学2年生の時に、PTA役員になりました。しかも、委員長を務めました。 私が...