いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

entertainment

NHK Eテレが仕掛けたまさかのエイプリルフール企画! 架空の番組『オトッペ学園』の本気度がすごい

Eテレで放送中の『オトッペ』は小さな子どもたちが「音」に親しめるアニメーションです。主人公シーナや、オトッペタウンに住む個性豊かなオトッペたちが毎回、音にまつわるゆかいな物語をくりひろげています。

このたび2年目に突入した『オトッペ』は、キャラクターデザインや内容をガラリと変えて『オトッペ学園』へとリニューアル。超展開の新章がスタートすることになりました!

otoppegakuen_01_key

『オトッペ』から超展開の新章『オトッペ学園』へ

『オトッペ学園』では登場人物も、2頭身キャラクターからイケメンや美少女、クールなロボットたちへとバージョンアップしました。主人公は「音平(おとっぺ)学園」にやってきた新人教師、須田島椎奈(すだじましいな)。元気はつらつの美少年・羽院(ういん)データローや、優しいアニキ的存在の米田(めった)クルト、美少女キャラの魚立(うおたつ)すずみなど、美麗なビジュアルのキャラクターが数多く登場します。
敵は時空を複製する能力を持つ「ドクター・プランク」。はたして椎奈は世界を救うことができるのでしょうか? 椎奈のDJプレイから、新技「インフィニティ・マッシュアップ」が発動したとき、壮絶なDJバトルが幕をあけます!!

……ほんわかした子ども向けアニメ『オトッペ』の世界に一体何が起こったのでしょう!?

実はエイプリルフール企画でした

この『オトッペ学園』、実は2018年4月1日(日)限定で公開されたエイプリルフール企画だったんです。全てのイラストはスタッフによる描きおろしなのだそう。キャラクター設定や物語の世界観もビックリするほど細かく作りこまれていますよね。教育的番組が多いNHK Eテレから、こんなにカオスなエイプリルフールネタが繰りだされるとは思ってもみませんでした。

この企画は、番組放送開始当初より、オトッペの”擬人化イラスト”が続々とSNSに投稿されていることを受けて制作されたもの。敵の「ドクタープランク」の設定に至っては『オトッペ』に再放送が多いことを自らネタにしています。『オトッペ』のスタッフがファンを楽しませようと全力を挙げて届けてくれたのが伝わりますね。

こんなに楽しいネタ、エイプリルフールだけではもったいない! ぜひじっくりとご覧になって、架空の作品『オトッペ学園』のカオスな世界を堪能してくださいね。

文・井伊テレ子

『オトッペ学園』”嘘”キャラクタービジュアル&設定

須田島椎奈(すだじましいな)

otoppegakuen_02

「音平(おとっぺ)学園」にやってきた元気いっぱいの新人教師。ある日、音楽室の隠し部屋にあった謎めいたDJセットを偶然発見。それは、『人間をレコードに変え、その人物の”本音”を演奏することが出来る』という摩訶不思議な楽器だった!椎奈は悩める生徒達をレコード化し、DJプレイをすることで、次々に学園の問題を解決してゆく。口癖は、「キミたちのホンネ、聞かせとくれよ!」

ホンネッペ

otoppegakuen_03

レコードになった人間から発せられる、”本音”のビジョン。人それぞれ異なる姿をしており、鳴る”音” も千差万別。『相手の心を炎のように熱くさせる』『水のようにクールダウンさせる』など、各々の深層心理が反映された独自の特殊能力を持っている。 そう、自分の本音を伝えると、相手の本音にも変化を及ぼす事が出来るのだ。椎奈は『スクラッチ』や 『エフェクト』を施し、生徒達の本音を引き出していく。オトッペ学園を笑顔溢れるウキウキな空間にすることが椎奈の目標なのだ。

羽院(ういん)データロー

otoppegakuen_04

気まぐれな性格で、やることなすこといい加減だが、憎めない存在。ホンネッペの能力は、『相手を気楽にさせる』。

米田(めった)ルクト

otoppegakuen_05

こう見えてまじめな性格で、ハチャメチャなデータロー達を優しく見守るアニキ的な存在。昔、メタルバンドを組んでいた。ホンネッペの能力は、『相手をしっかりさせる』。

有働(うどう)ウッド

otoppegakuen_06

「音平(おとっぺ)学園」学園長。DJセットの秘密を知っているようだが…。ホンネッペの能力は、『相手を広い心にさせる』。

布礼(ふれい)みおる

otoppegakuen_07+

スポーツが大好きな、暑苦しい性格。ホンネッペの能力は、『相手を熱血にさせる』

魚立(うおたつ)すずみ

otoppegakuen_08

アイドルに憧れる頑張り屋さん。ホンネッペの能力は、『相手をクールダウンさせる』。

森村 童亞(どあ)& 平辺(へいべ)らのん

otoppegakuen_09

感染すると互いにいがみ合う「Disウィルス」に感染してしまい、データロー達と激しいラップバトルを繰り広げた。ホンネッペの能力は、森村が『相手の心の扉を開ける』、平辺が『相手のモヤモヤした思いを流暢に言語化する』。

加藤みはさ

otoppegakuen_10

天才少女。ホンネッペの能力は、『次元を切断し、パラレルワールドを覗く事によって、相手に様々な可能性があることを自覚させる』という驚異的なもの。しかし彼女はこの力によって、恐ろしい事実に気付く。「数多ある並行世界の中で、私達がいる世界だけ時間が進んでいない。同じ時間を何度もループしている…。」

湧岩(わいわ)ワイジロー& ドクタープランク

otoppegakuen_11

素直な少年・湧岩ワイジローのホンネッペの能力は 『コピー&ペースト』。相手の本音に共感し、そのまま自分の本音に移植してしまう、というもの。 椎奈と同じDJセットを持つ謎の男・Dr.プランクは、そんなワイジローのホンネッペに特殊なエフェクトを施し、”『時空』をコピー&ペースト”する能力へと暴走させる。かくして世界は「複製された時」を何度も繰り返すことに。さらにDr.プランクは、コピーの精度を劣化させるエフェクトも追加。時空の複製を重ねる度に、世界の再生時間は短くなっていく。Dr.プランクの目的は、「”限りなくゼロに近い一瞬”を永遠にリピートする世界」を作ること。…つまり、時空の『完全停止』。果たして椎奈はワイジローとオトッペ学園、そして世界を救う事が出来るのか!?Dr.プランクとは一 体何者なのか!?椎奈の新技「インフィニティ・マッシュアップ」が発動し、壮絶なDJバトルの幕が上がる!

関連記事

Eテレアニメ『オトッペ』から初のDVDが3月21日(水)に2巻同時発売!
2017年4月にNHK Eテレでスタートした『オトッペ』は、音にまつわるゆかいなキャラクターが出てくるアニメーションで子どもたちに人気です。 このたび初めてのDVDが2018年3月21日(水)に発売...
Eテレ『オトッペ』のエンディングテーマ『恋するなべぶぎょう』で歌って踊って楽しもう!
『オトッペ』エンディングテーマ曲『恋するなべぶぎょう』ダウンロード配信中 ※画像をクリックでAmazon.co.jpの商品ページへ Eテレ アニメ『オトッペ』のエンディングで、一般の子どもたち...
Eテレアニメ『オトッペ』のアプリをダウンロードしてみました!
2017年4月からEテレでスタートした『オトッペ』は、音から生まれた不思議な生き物「オトッペ」をめぐるCGアニメーション。 この番組は、主人公の女の子シーナとオトッペたちが繰り広げる愉快な物語を楽しむ...