いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「旦那さんと死ぬまでずっと一緒にいられますか?」ママたちの人生の難問への回答とは

pixta_22013901_M
永遠の愛を誓って結婚して夫婦になりますよね。ですが、時が経ち「本当にこの人と一生一緒に暮らしていける?」と、考えたことがある人もいるかもしれません。長年ひとつ屋根の下で一緒に暮らしていると、お付き合いしていた時には見えてこなかったお互いの見たくない部分が垣間見えることもあるでしょう。人生における難問のひとつであるママからのこの質問、答えられますか?

『死ぬまで旦那さんと添い遂げる自信は、有りますか?』

酸いも甘いも嚙み分けた仲だからこそ、添い遂げる自信はある!と回答したママたち

『臭いし、会話あんまり無いし、ウザいけど、じーさんばーさんになって病気したりすると、やはり一番信頼できる仲なのかもしれない』

『離婚してやる! って思うときもあるけど、なんだかんだと私の事を一番想ってくれてるのが分かるし、私も旦那が居ないとダメなんだろうなぁと思う』

『というか、たとえ嫌でも他に選択肢は無いんじゃ無い?』

『今さっき、徘徊老人の家族賠償のニュース見ていて、どっちが先に認知症になるか話してたところ。うちの場合は、結婚してもう長いし、いい歳になっているから』

『添い遂げるなんていう素敵な表現では無い。まあ、結果的に最期まで一緒に住んでいた……ってなると思う』

毎日のように顔を合わせていると、ときに「離婚をしてやる!」と思うこともあるでしょう。しかし苦楽を共に過ごしてきたからこそ、なんだかんだで夫婦が一番信頼できる相手になるのかもしれませんね。

これぞ「夫婦」の理想形?妻が夫に望むこととは

『死ぬ時は先に逝ってほしい。旦那を残して死ぬのはいや。私がいなきゃダメな人だから。旦那が死んだらやる事やり遂げてから、後を追うように私も逝きたい』

『早く子どもに自立してもらって、旦那と二人で気兼ねなく旅行とかしたい。結婚17年だけど仲良しよ。この先もずっと一緒に居たいわ』

『この人しか無理だと思ってる。老後は二人っきりで、日本一周したいなぁと思ってる』

『近所に住むお年寄り夫婦が、朝夕二人で散歩しているの。特に話しながらしてる訳じゃないけど、段差とかあると奥さんの手を繋いであげているのね。あーいいなぁ、私もあんな夫婦になりたい』

『死ぬときは、どちらも悲しい思いをしたく無いから、穏やかに一緒に逝きたいくらい』

ママたちからは、年齢を重ねた将来について、愛する旦那さんとどんなふうにすごしたいか、というコメントがよせられました。自分がいないとダメだから、旦那さんを見送りたいと願うママ。子育てが終わったら旦那さんと旅行したいと願うママ。旦那さんと一緒に人生を終えたいと願うママ……。夫婦の数だけ、理想とする夫婦の形があるのですね。

全くの他人同士が一緒になり、親やきょうだいよりも長い時を過ごす相手になるのですから。子どもや仕事、親の事など、人生の様々な節目を共に迎え、共に乗り越え、出来れば「最高のパートナー」と言い合える夫婦になっていけるといいですね。

文・編集部 編集・しのむ

関連記事

夫婦間のバレンタインは日頃の思いを伝えるチャンス!チョコ+メッセージカードのすすめ
結婚後、夫婦間で「バレンタイン」はどのようなイベントになりましたか? 付き合っていた頃は一大イベントのように感じていたバレンタインも、結婚後は「何となくチョコレートを渡す日」といった感じになっ...
「パパとママ」から「夫と妻」に変わる瞬間。「夫婦2人の時間」の過ごし方
子どもが産まれてから、夫婦2人の時間を過ごしたことがありますか? お子さんが小さい頃は、なかなか夫婦ふたりきりの時間を持つのは難しいかもしれません。慣れない育児の中で、「夫婦としての時間を大...
11月22日「いい夫婦の日」に想うのは「幸せ」?それとも……?
11月22日は「いい夫婦の日」です。日本中の夫婦に、よりいっそう素敵な夫婦関係を築いてもらいたいという願いから発祥したこの日。日付の語呂合わせの縁起のよさにあやかって、結婚記念日にしたという夫...