いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

トレーニング箸は必要?子どもが「普通のお箸」を使える年齢とは

pixta_26753047_M

子どもの成長にしたがって、食事の際に使う道具も変わってきますね。つかみ食べから始まって、スプーンやフォークを使えるようになり、最終的に子どもも大人と同じ箸を使えるようにと、大人は子どもの成長を促しながら手助けしていくことになります。つかみ食べからスプーンやフォークへの移行はそこまで難しくないかもしれませんが、箸への移行は子どもにとっても親にとっても簡単にはいかないようです。
ママスタBBSにも子どもの箸について悩むママから質問が寄せられました。

『トレーニング用のお箸を与えてみたら嫌がります。ママの使っている箸は持ちたいけどスプーンと同じ持ち方……』

「トレーニング箸を使った」ママたちの体験談

『トレーニング箸を使わせていたけどうちは使わせて良かった!あまり教えてないのにちゃんとした箸の持ち方で食べられる。3歳になった下の子も今使っている』

『百円ショップで売っているお箸の持ち方を覚えられる奴にしたよ。指が引っ掛けられないタイプの』

『トレーニング箸を使わせていたけど変な癖ついた。でも自分から直すって言って小学生になってから直したよ。やっぱり最初から普通の箸がいいのかも』

トレーニング箸を使わせていた、というママたちからは、トレーニング箸のメリットやデメリットが寄せられました。子どもによってもトレーニング箸と相性が良いケースとそうではないケースがあるのかもしれませんね。

筆者は息子に100円ショップで購入した箸の根元がくっついていて箸が交差しないように固定されているタイプのトレーニング箸を使わせていました。

P_20180306_103648

幼稚園に通うようになった年少の4月のタイミングでトレーニング箸の使用を開始しました。もちろん使い始めの頃は、お茶碗に盛ったごはんをつまむことすらできませんでした。そこで、箸でつまみやすいように切り揃えたおかずを出したり、茎と花の隙間を箸でひっかけやすいブロッコリーで練習させたことで、次第に箸の使い方が上達し、年少の2学期が終わるころには普通の箸を正しい持ち方で使えるようになりました。

箸の持ち方について、最初からあまり口うるさく言わなかったため上達したのかもしれません。ある程度つまめるようになったところで、持ち方について教えたところ、今では正しい持ち方で使えるようになっています。

「トレーニング箸は使わなかった」ママたちの体験談

『2歳から持ちたがっていたから使わせてた』

『スプーンなんかも割と最初からきちんと持っていたからか箸も 変な持ち方せずちゃんと持てたので苦労しなかった』

『うちは3歳からで保育園で教えてもらったみたい。一度も教えてないのにいつのまにか上手に使えている』

『うちのも何でも「子ども用」を嫌い、お箸も大人の箸から。やりたがりで2歳前にはお箸使っていたよ。手先が器用なのか3歳では旦那よりしっかり箸を使えている』

トレーニング箸は使わせていなかった、というママたちからは、子どもが普通のお箸を持ちたがったから、という理由があがりました。筆者の息子のお友達にも2歳で上手に普通のお箸が使えているお友達がいました。お姉ちゃんが箸を使う様子を見よう見真似でできるようになった、とのこと。箸のトレーニングにはママやパパなど家族がいいお手本になっているのかもしれませんね。

周囲と比べない!子ども自身のペースに合わせてあげて

公益財団法人母子衛生研究会によると、スプーンやフォークを上手に使えるようになる年齢はだいたい3歳から4歳ごろ、ということです。その後、6歳くらいまでに普通のお箸を正しく使えることを目標にすればよいとのことでした。つまり保育園や幼稚園を卒業するまでにお箸を使えるようすることが目安といえそうです。社会福祉法人 日本保育協会「保育所における食育に関する調査研究報告書」に、どのタイミングで子どもに箸を与えるかについての参考例が紹介されていました。

『2歳頃から興味をもたせ、3歳頃から使用し、4歳頃にはマスターできるように指導』

『2歳児から全員でなく、家庭と連絡をとりながら個人差を考慮。遊びに箸を入れている』

『2歳児から遊びの中で「お箸つまみごっこ」絵のついた形の物をつかませる練習』

『2歳児クラス。スプーンの持ち方で、「バキューンと箸遊び」で興味をもたせる』

など、おおよそ2歳ごろから箸に興味を持たせるように指導していることがわかります。それも画一的な指導ではなく個人差も考慮して子どもがなじみやすいように遊びながら箸をトレーニングしているようです。

箸を使えるようになってほしいゴールは保育園や幼稚園を卒業するまで、とゆったり構え、2歳や3歳ごろから箸に興味を持たせてあげることで、子ども自身が箸を嫌がることなく正しい使い方を身につけることができるのかもしれません。周囲の子どもより箸を使えるのが遅いと、親はつい焦ってしまいますよね。でも子どもはきっと箸を正しく使えるようになろうと日々頑張っているとおもいます。ママやパパはあたたかい目で子どもが箸を正しく使えるように見守りつつ、手を差し伸べてあげてくださいね。

文・しのむ

関連記事

子どもの食事の汚れにイライラしてしまう 汚れ対策のポイントは?
ママやパパがしっかり者の綺麗好きだと、子どもの食事のあと、少し憂鬱になるのではないでしょうか。なぜなら、床に食べ物が落ちていたり、汚れた手で壁や家具を触るから……。 赤ちゃんや小さい子どもに「汚...
子どもの食事、栄養バランスよりも気をつけたいことは?【朝ごふんコラム】
子どもの安心・安全について気を付けたほうが良いことを「朝5分」で家族で話し合う「朝ごふん」プロジェクト。今回話し合って欲しいテーマは、食事を通した子どもの心と体の成長について。朝は時間に追われ...
もしママたちが「産後の食事」をカルタで表現してみたら #産後カルタ
産後は、ママになって初めて体験する「嬉しさ」や「大変さ」がたくさんありますよね。 眠い目をこすりながらも、慣れない子育てに奮闘する毎日。ときには辛くてくじけそうになってしまう日もあれば、赤ち...