いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

静かなときほど気をつけて!ママの隙を狙う「いたずらの天才たち」 #産後カルタ

IMG_1262

赤ちゃんが産まれるとママは24時間365日、ほぼ休みなしでのお世話が始まりますね。中にはママにずっとくっついていなければ泣いてしまう赤ちゃんもいるでしょう。ただ成長するにしたがって、赤ちゃんもひとり遊びができるようになっていきます。ただこの赤ちゃんの遊びは時に、ママにとって悲劇的ともいえる「いたずら」となってしまうのです……!

ママたちから赤ちゃんのいたずらへの悲鳴が寄せられました。

『かわいいのだけど、かわいくない! 怒ってないけど、叱りたい! うちの子天才? でもやめて! 静かだと思ったらろくなことしてない! そんな子供のイタズラ、遊びありますか?』

今日もママたちの悲鳴がこだまする?「いたずらの天才たち」の作品展

『昨日キッチンペーパーでドレスを作られました……』

『高い化粧水の蓋を開けてこぼされる』

『静かだな~と思っていたら小麦粉を床にぶちまけて遊んでいた』

『袋を破ることを覚えてから煎餅、甘栗、食べられまくり。壁にかかっている時計を杖でつついて落としてバラバラに。小麦粉も撒かれちゃったし、お米もコーヒーの粉、片栗粉もやられた、煮干しは食べていた』

『ウォシュレットのボタンを押してトイレ水浸し』

『和室で大人しく遊んでいるとゆっくりしていたらふすまに落書き……。いつの間にペンを持っていた』

『財布の中身をゴミ箱に捨てられた。お札は3枚やぶかれた』

ママたちからは、「いたずらの天才」の作品に悲鳴をあげるようなコメントが寄せられました。キッチンペーパーでドレスを作られてしまったらもう使えなくなってしまいますね。とっておきだった高い化粧水をこれでもかというくらい、こぼされてしまったママさんのお気持ち、痛いほどわかります……。小麦粉やお米をぶちまけられたりウォシュレットをいたずらされたりと赤ちゃんの好奇心は無限であり、大人の想像をはるかに超えていることがわかります。

おもわずヒヤリ!あわやの事態になったママたちの経験談

『上の子は年中の時自分で髪切っちゃって。前髪がすごいオンザ眉になったけど、クラスに3人同じ女の子がいた。ハサミは隠していたのに朝早く起きて引っ張りだしていた。髪切っちゃっただけで済んでよかった』

『電気カミソリ(隠してたけど見つけて)で片方の眉毛を剃り落とした娘……』

『切られたとかハサミ系多いけどハサミは隠すより手の届かない所に置いた方が絶対いいよ。本当に危ないから。イタズラで済んで良かったね』

家庭においてある日用品の中には、赤ちゃんや子どもが触るとけがをしてしまう道具もあります。もちろんママたちはそのことを理解していますので、赤ちゃんや子どもの手の届かないところに置いたり隠したりしているようです。ただ赤ちゃんや子どもの無限の好奇心は、ときにママの考えを超える行動をとることがあります。子どもにケガがなくてなによりですね。

刃物による切傷を避ける!引き出しは「ストッパー」で対策

消費者庁「子どもを事故から守る!プロジェクト」にも刃物の扱い方についての対策が記載されています。刃物を使用したらすぐに収納場所に片付け、赤ちゃんが触れないようにすること。収納場所の扉や引き出しには、赤ちゃんが開けられないように、ストッパー(チャイルドロック)を付けるのも良いそうです。

赤ちゃんは大人が使うものに興味を持ち、まねをして自分でも使おうとします。このため、まな板の上に置いた包丁を取ろうとして、足の上に落としたり、洗面台のカミソリを握ってしまったりするので、注意が必要です。

赤ちゃんや子どもにとって危険な道具は、手の届かない場所、かつ目も届かない場所にしまうことが重要なようです。使う大人は少々不便かもしれませんが、何より大切なのは子どもの安全を確保することですよね。今日も子どもが安全な場所で十分に好奇心を満たせるように、ママたちは危険な場所や道具のチェックをお願いします!

文・しのむ イラスト(産後カルタ)・ななのぶ

産後カルタとは・・・コンセプトは「産後のママだからこそ分かる気持ち」。#産後カルタ はママの泣ける、笑える、そんな気持ちを様々な作家が代わる代わる連載していくSNS連載企画です。 #産後カルタ を連載しているママスタのインスタアカウントはこちら
#産後カルタ を見に行く

関連記事

「産後の巨乳」は期間限定?胸の「しぼみ」に抵抗したいママたち #産後カルタ
「出産すると授乳のため胸が大きくなる」ケースがあります。では授乳を終えた後はどうなるのでしょうか? ママたちの産後の胸事情は、バラ色の未来なのでしょうか? それとも……。 「あのころに...
若いって羨ましい!?まぶしく見つめるアラフォーママたちの声 #産後カルタ
35歳で息子を出産している筆者は、体力のなさに時々泣きそうになっています。公園や児童館などで若いママさんたちに会うと、元気ハツラツとしていて、輝いているように思えてしまいます。 ママスタ...
スピード一本勝負!ママと赤ちゃんの仁義なき「おむつ替え」の戦い #産後カルタ
赤ちゃんが産まれたら必ずといっていいほどママはおむつを使いますよね。布タイプか紙タイプかに関わらず、おむつが汚れたらおむつを交換しなくてはいけなくなります。しかし、赤ちゃんが成長するにしたがっ...
参考トピ (by ママスタジアム
やられた!子供のイタズラ